“こだわり”特集

2020年11月24日 (火)

登坂秀雄・とさかますみ 彫刻二人展 【宙】

Img_20201124_0003
登坂氏とは元職の同僚であり、奥様とともに芸大の後輩でもあるお二人の個展が静岡松坂屋で模様されていた。コロナ騒ぎの真っ最中でもあり、訪れるのを控えていたが「きょうはさすがに誰もが控えるであろう」と思って伺ってみた。
個展会場では予想以上の人で、ご夫妻に挨拶もできぬままじっくり作品を味わわせていただいた。以前に比べとてもあたたかなほのぼのする作品に変わってきたように思う。(作品が小さくなったのが要因かもしれないが)
展示室の最終コーナーでおったまげてしまった!彼らの愛犬が何頭も並んでいるではないか!その表情がまぁご主人様に話しかけているわんこの姿であり(愛猫もいる)、愛らしさとそれに堪える人との物語が溢れている。
ここに案内の葉書をアップしたが、確かに左上に小さな犬と猫が鎮座していたがそれに気づかず会場でこの子達に会ったのでおどろいてしまった。
あのぷくぷくした子はアマティの小さな頃にそっくりだった。いいな〜!

大理石の彫刻なのでポケットマネーでは手に入らないが、こんなワンちゃんが買える人が羨ましい。

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

テンキー付きキーボードがいい•••

Pb190010
1ヶ月前、12年使い込んだiMacを新調した(Intel Macの最後なら使い慣れていていいかな?)と思いながらAppleのweb shopからポチッとしてしまい、届いて仰天してしまった。
その際メモリだけは8GBから16GBに増やしてもらったが、そのほかについては全く気にならず到着を待っていたのだが、あれ、キーボードがちっさいと思ったが後の祭り。
仕方なく「これで慣れるしかないな」と思って1ヶ月過ぎたが、やはりテンキーがないと大変不便この上ない。
それからローマ字変換だからと思って英字版を使っていたが、日本語版の方が使いやすそうだということがわかりポチッとやったら翌日の今日届いた。

たしかにコンパクトはキーボードはデスクに馴染みやすく、テンキー付きは邪魔なほど大きいが使いやすさは何倍にもなる。

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

留守中にMac OS が変わっていた!

4日ほど家を空けている間にMac0SがCatalinaからBig Surに代わっていた。0S10から0S11への大変換であるから驚いた。
なぜなら先月Catalinaに換えたばかりで、使えないアプリが続出し、大変な出費をしいられたから「またか?」ということである。

Macos-catalina-20201117-94042 Macos20201117-110854 
しかし、幸いなことに全てのアプリは稼働したので「やれやれ』一安心。
噂では消えてなくなってしまった起動音が復活したというが、未だ聞こえないのは何故?

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

眼鏡必需品

わたしは若い頃から視力だけはよく、視力検査でもほとんど1.5で、近年は左目が弱くなり1.2と1.5という状態だった。さらにお月さまが2重3重に見え出し乱視が進む。
そんな目だから老視はは40台からで楽譜用のメガネと読書用のメガネが手放せなくなる。特に楽譜は見づらくちょっと斜めにすると盲目状態。
それ以来楽譜用のメガネをいくつ作ったことか?
その後👓市場とか🕶スーパーなどで作ったメガネがなんと無駄だったことかと思うようになってきたのは、ちゃんとした眼鏡店で作るとすごい機能を発揮することがわかった。
それからは某デパートのメガネ店で楽譜用、pc用、運転用、度付きサングラスを愛用している。ただ、楽譜用老眼鏡が若干見えにくくなり、いま取り掛かっているバッハの無伴奏チェロ組曲のカザルス版(これがとてつもなく大量の情報を書き込んであり、解読が不可能状態)を読むための専用メガネが欲しくなってきた。たとえば指番号の1と3の区別がつかなかったり、〉(アクセント)とー(テヌート)の区別が読み取れなかったりする。

なんとかこれらを克服するメガネはできないものかと相談に行ったら店長さんが親切に相談に応じてくれ、頼みもしないのにバッハの2番のプレリュードの楽譜をダウンロードして提示し(横山版)、その後いろいろな検査をした結果、最終的には楽譜と譜面台とチェロを持ってきてください。
ということになり、後日言われたように一式持って再び眼鏡店をおとづれた。今度は実際に弾く体制をとり、距離を正確に測定しついに新メガネのモデルが出来上がった。それの製品が出来上がったので取りに行ってきたのだが、これが素晴らしい。本当に全ての情報が読み取れるようになりました。その際、老眼鏡というのは「距離の深さの調整」らしいということがわかった。
Dsc00238
実は本を読むときはpc用を代用していたがどうも読みづらい。
ただ、読みたい本が見つかるたびにポチポチやっているので、本が溜まっているがメガネが合わないので読めていない。
せっかくだから読書用のメガネも作ってもらうことになり、大変な散財となってしまった。とりあえずはフレームは格安でお願いするがこれとてバカにならないが仕方あるまい。

Dsc00221

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

6〜7世紀の石積塚古墳群

わたしは6〜7世紀に葬られた豪族の石積みが壊れた墓の中に入って、当時を忍び瞑想に耽っているところです。
するとどうでしょう、普段目にしたことのないトーサンの異様な様子を見たアマティがわたしに一生懸命話しかけるのですが、無視されて困り果てています。
20201101-111228 20201101-111256
上の墳墓は穴を掘った後、普通の石で石室を作った跡でちょうどわたしサイズでしたが、下の石積塚は重機でないと動かせない代物を積み上げたモノです。もしかしたらとんでもない力持ちがいたのかもしれないですね。
Dsc08983_20201104130901 Dsc08988

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

山芋

S__23584804
いい山芋が手に入ったので今晩はマグロの山かけととろろ汁。
いいマグロも手に入ったし麦ご飯も炊けた。
うまい〜、ついつい食べ過ぎてしまう。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

懐かしい写真(三菱ミニカ360)

Photo_20201027142401
大変珍しい写真が出てきました。多分1968年、わたしが24歳で大学3年生、弟は21歳で大学4年生。2人そろって夏休みの帰省中の写真です。
クルマは三菱ミニカ360空冷2サイクルエンジンです。
当時の軽自動車は8ナンバーで白で白いナンバープレートでした。
2ドアでなんと前開き。
このクルマは弟のクルマでわたしも何度か運転させてもらったことがあります。

| | コメント (0)

クルマの色見本

20201025-074147_20201027140901
アマティのお散歩で毎朝見る光景なのですが、6台揃っているのは大変珍しいので撮ってみました。1番右に見えるクルマは朝日の影になり黒く見えますが、緑の濃い色です。
マンションの前に住人の色とりどりのクルマが並んでいる光景を見てほのぼのしく感じてしまいます。
それが6色揃っていることは滅多にないのです。
6台揃っているのを見るとなんかいいことが起こりそうな気がする。  白・赤・青・灰色・黄・深緑

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

桜と富士山

Dsc07522
今日の桜。確かに秋咲く桜はよくあるが、この桜は見事というか春咲く桜にひけをとらない。
花はやや小さいが微かなピンクがとても可愛い。下田から松崎に入ったところで満開の桜を見て驚いてしまった。

Dsc07745
今日の富士山。仁科峠付近で撮ったダイナミック富士山。
やっと雪の積もった富士山になったのに、もう溶けてしまって寂しい限りだ!

| | コメント (0)

大沢温泉

[鮎の茶屋]のすぐそばに「大沢温泉」というひなびた素敵な露天風呂がある。
次の2枚の写真をつなぎ合わせた程度の素敵な岩風呂。(囲い向こう側は女風呂)やや熱目の露天風呂なのでしっかり温まるとてもいい風呂。
20201024-143605 20201024-143601
20201024-143727_20201025103801あぁ、いい湯だな〜

| | コメント (0)

より以前の記事一覧