“こだわり”特集

2024年4月 5日 (金)

天空の坪庭

わが家は築70も経つボロ屋だが70年前から庭に池があった。わたしが父にせがんで造って貰った。そして遂には造園業の方にお願いして庭いっぱいに広がる池ができ滝ができ石山ができ水路ができ鯉が泳ぎ蛍が舞い、アマティもこどもの頃よく池に飛び込み怒られたものだ。
植木屋さんの仕事っぷりを見ていて大概の植木の剪定は身につけたが松の木だけはできなかった。
しかし、わたしは浪人時代、このままチェロがモノにならなかったら「植木屋職人になろう」と思ったほどである。藝大の面接で「趣味はなんですか」と問われ「植木の手入れです」と答えたのを覚えている。
が、近年なぜかシラサギが異常繁殖したのか池の魚を皆食ってしまった、補充しても次々喰ってしまう。「魚が小さいから喰われるんで大きいヤツなら喰われない」と言われ大枚叩いて大きな鯉をいれたがそれも喰われてしまった。
また寄る年波に年数回やらねばならない池の掃除が大変になってきた。さらに追い打ちをかけるように近所に借りていた駐車場が次々閉鎖され、空き駐車場を探すのも大変になってきた。等々のことが重なりついに池を潰して駐車場を造ってしまったという淋し辛い思いがある。
2台あるクルマもゆくゆくは1台にあるいは0台もあるかもしれない、そうなったら一坪庭でも再現したいなぁと思っているときパルシェ屋上で[坪庭展]が開催されていることを知り見に行ってきた。屋上には一坪の空間に見事な生きた世界が広がりそれはそれは楽しく見させて頂いた。
いつかいつかわたしも造りたい・・・
Img_20240405_0001Img_20240405_0003Img_20240405_0002

Img_57153 Img_5712

| | | コメント (1)

2024年3月29日 (金)

今朝のドシャブリ散歩

昨日から大雨警報が発令され夜中中すごい雨音がしていたが今朝も全く弱まる気配はない。
昨日述べたようにアマティはできるだけ定時(7時、15時、20時半)に行くようにしている。お互いそれが体のリズムになっているように習慣になっている。
で、今回心配になったのは雨具の話。今朝来ているブルーのマウンテンパーカーは40年雨のもの、昨夜来た煉瓦色のマウンテンパーカー(2枚目の写真)は10年ほど前購入したもの。どちらもmont-bell製。なかにシンサレート入りの冬用のゴアテックスレインパーカー。10年前にブルーのパーカーのチャックが調子悪くなったので修理とクリーニングと防水を依頼したときその間の代わりとして買ったのが煉瓦色のパーカー。自分でもしっかり長持ちしているのに感心するがズボンはそうはいかない。今までに何本買い足したことか・・・しかしmont-bellの最新のズボンはウエスト幅がビックリするほどちじんだり伸びたりそれはそれは見事なデキで履く度に老人を喜ばせている。
昨夜も今朝もあの雨の中わたしは全く濡れずにお散歩を済ませた。ただどちらも顔だけは濡れてしまい冷たかった。
さて、冬用のレインウエアを2枚とも濡らしてしまった。もしまだ夕方もこんな雨が降るなら夏用の雨合羽を着るしかないな・・・
どちらの写真もわたしの頭部分を拡大し顔に垂れる雨水を見るとこの雨の激しさがわかる。

今朝のお散歩(ブルーのカッパ)
Img_0287
昨夜のお散歩(赤いカッパ)
Img_0282_20240329084901

出てきました、40数年前のジャケット姿の写真
4020200327095305
40数年前にすでに防寒具として使っていた写真が出てきました。山岳サイクリングを始めた頃の写真です。ズボンは当時登山では一般的なウールのニッカポッカです。髪は黒々フサフサしていますね。姿勢も若々しい。場所は清沢の大山山頂(986)のヘリポートです。ここまで自転車を担ぎ上げ(このときは林道を登ってきたかも)ここから稜線を降って旧東海自然道から水見色におります。このときは多分家から自走です。
雨散歩からジャケットの話になりさらに山岳サイクリングの話になってしまいました。

| | | コメント (0)

2024年3月16日 (土)

愛用の帽子

このcap、わたしのお気に入りの帽子です。毎日使っているのでうっかりしましたが、これ、輪島の朝市で買ったものでした。草木染めで僅かにグリーン掛かったしっかりした生地でできています。ヒサシの先に傷がありますがこれはアマティがカジって遊んだからです。Capimg_5542

朝市は何度か行ったことがありますが、この帽子はアマティが生後3ヶ月の時買ったものでした。朝市のすぐ側の港で車中泊し、朝早く市が込まないうちに繰り出した写真です。
あいにくの雨でわたしは雨具を持っていましたがアマティのは用意していなかったので仕方なくゴミ袋に穴を開けて首を通して応急カッパで出かけ皆の笑いを誘ったものでした。
この帽子は最後の写真のずっと奥の突き当たりを左に曲がったところにあったお店です。お正月の地震でどうなったかなぁ?復活して欲しいなぁ!...
_6547_2024031619100120120403_6543_20240316191302

実はこの後クルマに戻ったときに予期せぬことが起きました。能登の人たち、なんて優しいんでしょう・・・

| | | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

すばらしいお天気

暖かく雲もなくすばらしいお天気に南アルプスも富士山もきれいな冠雪を見せてくれた。Img_5487 Img_5486
アマティも大喜びで登山道を走り回っていました。
Dsc07203_20240310190901

| | | コメント (0)

2024年3月 2日 (土)

贅沢なDogおやつ

早朝一緒に遊んだお友だちから「洞慶院の梅まつりで吉田町のウナギ屋さんがウナギの頭をワンコのおやつとして出品している」旨の話を聞き、わたしはウナギが大好きでよく食べるのだがまだアマティにはあげたことはなかったことに気付いた。ウナギの頭は骨が硬くて喰いにくいが身も詰まり大変おいしい肉汁が出てくる逸品である。
さっそく出かけてみるとすでに梅の花はすっかり終わっていたがもの凄い人出で、アマティのリードを引きながら出品店を探すのは至難の業。アマティはストレスのあまり身体からフケが湧き出す始末。それでもなんとかお店に辿り着きサンプルを貰ったり買うことが出来た。しっかり乾燥してあるから肉汁はないが味はいいはず。
アマティは持っている全ての芸を披露しありつくことができた。
Img_5391

この串焼きは人間用。晩ご飯で頂いた。
Img_5394

| | | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

雪山の必需品

雪が積もっている山道ではストックは必需品です。朝、大急ぎでバスケットを雪用に交換しました。
左のストックはもともと新雪用の山スキーに使ったストックですが、右のストックはmont-bellのトレッキング用のストックなので雪道には通用しません。で、大きいスノーバスケットに付け替える必要があるのです。
Img_5303

雪道で便利な靴はなんと言っても長靴です。真冬にも対応するようにスパイク付きの長靴は最強。
ぬかるんだ山道や雨の日の登山は季節を問わずこの長靴です。
食いつきが全然違います。

Img_5336

この靴のスパイク、かかとがもう摩耗していますね。そろそろ替え時です。

以前、雪山を歩いているとき凍っていたのでアイゼンを付けて歩いていました。その時も犬連れ(先代"Hana")でした。あの子は躾がしっかり入った子で細い山道でも人の左側に付いて歩こうとするフとしたとき、妻は"Hana"の右前足をアイゼンで抜いてしまったのです。それいらいわたしたちは雪山にはアイゼンを使わずこのスパイク付き長靴を使い、その快適さに驚いています。
わたしの車にはこの靴が一年中いつでも取り出せるようになっています。

| | | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

今日の富士山

精進湖は今年も凍らなかった。もう凍ることは無いかもしれないな!...
1週間前に降り積もった雪がまだ沢山残っている。そんなに寒いのに氷は凍らない。Dsc06280_20240213173101

| | | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

天然山いも

8月で休止するというタケノコ王のお店に寄ったら見事な天然山いもがあった。しかし、とんでもない値段なのでこのゴツゴツしているが可愛らしい山いもを購入。2人なら2回分は充分あるし、第一皮を剥きやすい。
Img_5002
もちろん大好きな山かけととろろ汁。
Img_5005
帰りにスーパーに寄ったらとてもいいマグロがあった。
ワサビはもちろん天然ワサビ。
Img_5008
麦飯ではないがとろろ汁も最高。
Img_5019
天然のフキノトウやセリもあったので天ぷらにした。大満足!!
Img_5011

| | | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

静岡の子

Facebookに[過去のこの日:11年前]という記事が現れた。
驚きもあったので再度掲載することにした。

わたしの3番目のマゴは川崎生まれの川崎育ちだったが、その後静岡に引っ越してきた。そして11年前の今日(5歳で)書いたのがこの段ボールに書かれた富士山の絵だ。
それを見て驚いたのは川崎から見た富士山(見えるかどうかは知らないが)ではなくあきらかに静岡から見える富士山の姿だった。山頂の中央に剣が峰、左に白山岳、そして右に三島岳(駒ヶ岳)と、三山がそびえている。さらに右肩には宝永山が肩を張っている。「この子の観察眼はすごいな」と舌を巻いたものだ・・・すでにこの子は静岡の子になっていた。
Scan39

次の絵は小学校5年生か6年生の時に制作した版画「かわせみ」
くちばしの製版がうまくいかず消えてしまっているが構図といい迫力といい見事なできで、わたしの家の額に掲げられている。背中の翡翠色が見事に表現されている。なによりカワセミが輝きながら飛ぶ姿を知っているだけでもすごいではないか・・・
この子は「美術方面に進むといいなぁ」と思ったが、ジイの望みなど聞く耳を持たない今は全く違う方面に向かっている高校生である。727605358134947

| | | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

キーボードとマウスの清掃

ブラインドタッチのできないわたしにとってキーボードに刻印されている文字が読めないと大変困る。
このキーボードも4年経つとかなり汚れが目立ち打ち間違いが多発する様になる。もしかしたらプロの方はキーボードを使う前に手を洗うんだろうが、わたしなどはご飯やお菓子を食べたまま、トイレからでたそのままキーボードをたたくから汚れも激しいのだと思う。
マウスもそうだ、反応が悪くなったら裏面の2本のゴム状のものに汚れがこびりついている。
これらをこすり取るのに最適なのが薬屋で売っている無水アルコール。ちょっと値が張るし4・5年に一度しか使わないものだが1本あると便利である。この無水アルコールは買ってから10年ほど経過しているが効果は落ちていない気がする。Img_4854

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧