“こだわり”特集

2019年4月12日 (金)

大容量バッテリー

Dsc01573 Dsc01574

近々数週間の車中泊旅行を計画中なのだが、最も頭を悩ますのが充電なのだ。
行く先々が電源が無いとこばかりであり、さらにはクルマ走行中に充電できるほど距離を移動する訳でもない。
となるとスマホ2台、カメラ3台、iPad、照明、電気歯ブラシなどの電気製品は大変不安なのだ。
いままでは小型のモバイルバッテリーを3つ使って急場を凌いでいたが、今回のこの時期は電源のあるキャンプ場はまだオープンしていないところが多いからけっこう深刻な問題なのだ!
それで以前から小型発電機や大容量バッテリーを探していたのだが、発電機は道の駅等では使えない。またバッテリーは発熱の心配はあるもから怖い。
しかし、小型軽量で400Wh以上の容量のあるポータブル電源機“Anker”に決めた。
“Anker”は小型のモバイルバッテリーでも使っているので信頼できる。
これが1台あれば当分の間の旅行が可能だし、自宅に置いておいても緊急災害時には大いに役立つはずだ。

P4110008




| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

ゴアテックス スニーカー

P4010010 Lowapb150006
40年もはき続けていたスニーカー[LOWA レネゲード GTX ワイド](写真右)はすばらしい靴で、このローカットは1年中履きっぱなし。野山に行くときも犬のお散歩もクルマの運転も車中泊旅行もこれ1足で全てをまかなえるお気に入りのスニーカーなのだ。(登山靴は別に2足ある)
1度だけ浮気して[SIRIOのローカット]を履いたことがあったが、足になじめずまた元に戻ってしまった。
しかし、LOWAを普段履きにするには年金生活者には余りにももったいなく、この度2回目の浮気として[mont-bell マリポサトレール Low]にしてみた。どちらもゴアテックスの全天候型で合成皮革と本革の違いがあるが(値段も1/2)、最も大きな違いはよく子どもの靴に使われているワイヤーをギリギリ-と回して締めるリールアジャスト システムであること。あれがうらやましかったんだよな!...

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

フォッサマグナを糸魚川-静岡 南下

Dsc09160 Dsc09154
姫川に沿って南下していくと[大断層見学地]という標識を見つけ、歩いて見に行ってきました。
フォッサマグナの断層は各地で見ているのですが、ここが特に[大]が付くほどスゴイとは思わなかったけど、見るヒトが見ればスゴイのでしょう!...
Dsc09161
この道を真っ直ぐ進むと静岡方向です。見事な景色です。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

抜歯

Img_20190314_0002

Img_20190314_0003_2

昨年の10月13日から3泊で南志賀の山田温泉キャンプ場でキャンプしていたのですが、その日から右上の奥歯が痛くなり、滞在中かむことも出来ずに困り果てていました。
静岡に帰って歯科医に行く頃にはとんでもない痛さは峠を越していましたが、奥歯はすでにグラグラで手の施しようもなく、抜けるのを待つか、無理やり抜くかの決断を迫られて今日まで来てしまいました。
このままでも特に大きな問題はないのですが、これから旅行も多くなるし、旅先で痛くなるのもイヤなので思い切って抜いて貰いました。70年使った永久歯が1本なくなりました。
麻酔は掛けたものの、予想よりも痛かったです。すでに数時間たちなんとなく痛い感じはしますが、痛み止めは飲まずにいます。
思い切ってチェロを弾いていたら、2時間くらいは全く痛みを感じることはありませんでした。さて、今夜はどうかな……

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

きょうの富士山

Dsc07182_2

きょうはこの冬いちばんの富士山ではなかったでしょうか?
有度山から見た富士山です。
カラカラ天気からやっと開放され、ほぼ一週間ぶりで姿を現した富士山です。
宝永火山まですっかり雪をかぶった姿は、この冬初めてではないでしょうか?…
やっと現れた最も美しい姿です。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

自噴水紋

Dsc06991_2

ここ2〜3ヶ月の静岡は雨がほとんど降らなく、今年に入ってからは安倍川の瀬切れが全国放送で流れるなど、深刻な事態に陥っていた。(もっとも瀬切れは年に何回かは起こり、かっては四駆遊びで川を横断していたが)
わたしの家の自噴の井戸もその影響で一月ほど前から枯れてしまい、筧の水もまったく出なくなってしまった。

しかし、ここ数日は雨降り日が続いていたので「もうそろそろ出てくるぞ」と思っていたら啓蟄の今朝、ポツンポツンを水が落ちていた。
小さな四角い水溜だがその度に水紋が現れ感慨もひとしおである。

| | コメント (0)

啓蟄

Dsc07009

今日は「冬ごもりの虫が這い出る」といわれる「啓蟄」で、わが家ではわたしがこどもの頃からの儀式がある。
松の木に巻いてあった藁コモを土中と間違えてもぐり込んで冬を越す虫たちを一網打尽に捕らえて、燃してしまう啓蟄の儀を言う。
玄関前に揃って松からコモを引き離し燃やし尽くす父の姿を思い出しながらも、それを引き継いで早10年。樹齢およそ100年以上の松の木も未だに元気に育っている。
啓蟄の今日が雨の予報だったので、昨夜のうちにコモを外しておいたのだが、やはり湿気ていて燃やすのに苦労した。
二十四節気がどの地を基準に設けられたものであるかは知らないが、静岡の場合はすでに春の気候になっているので、もう虫たちの抜け殻かも知れないな。

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

渇水

20190226_074726_2

静岡に雨が降らない!...
一月ほど前に全国放送で安倍川の瀬切れが報じられた1週間ほど後から、自宅の筧(かけい)の自噴井戸が涸れてしまった。
以前は同じ井戸からモーターで水を汲み上げて家中の水を全てまかなっていたが、いまではモーターは取り外し自噴だけで筧専用掘り抜き井戸となっている。
筧の水が止まって3週間ほど経ち、その後雨もたまに降っているのだが安倍川の瀬切れもウチの筧もまだ回復していない。

なお、毎冬この筧は2〜3回氷が張るのだが、今年は1度も見ることができなかった。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

仲村 渉 [鍛金展]

Photo

鍛金とは銅板をカナヅチでたたいてなんでこんなにも柔らかく優しく暖かく美しいものが生まれるのか大変不思議で魔法使いのようなものである。
仲村氏はチェロを弾くので、なんどかアトリエに伺ったことがあるが、不思議な工具がズラリと並んでいて、行程はなんとなく想像は付くものの、イザこうして作品群を見ると気が遠くなるような地道な作業からこのような美しさが生まれてくることに感動する。
大変すばらしいものを見せていただいた。
(作品展は今日が最終日)

なお、わたしはこの芸術家にチェロのエンドピンを作って貰ったり、五右衛門風呂のススの掻き出し棒を製作依頼しているが、考えてみれば冷や汗ものである。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

新ラガーシャツ

Llbeandsc02911

Llbeandsc02910_2

わたしは夏以外はほとんどラガーシャツで過ごすようになってしまった。(夏でも北海道ではラガーシャツと暖パンだった)
着やすいし暖かいし通気性はよいし丈夫だし肌触りがいいし、こんなスグレモノは他にないと思っている。
そんな訳で始終着ているので、袖口だけはほずれてくるので修繕をして貰うがそれも限界がある。また、汚すので洗濯回数が増え色落ちしてくる。ただ、それでもウエアとしては機能は失わないので古いものでも未だ着用している。
しかし、徐々に更新を心がけていて、気に入ったものがあれば購入することにしている。今回はL.L.Beanのグリーン系のラガーシャツを買ってみた。
アマティにはもっと明るい色が似合うのだが、これはあくまでもわたしのだ!...
そういえば先日買ったL.L.Beanのダウンジャケットも同じような色だった。どちらも48%引き。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧