先代:登山犬 “Hana”

2019年1月 9日 (水)

登山犬“Hana” の命日

Hana_2

Hana__5994_2

_2008113_2

今から7年前(2012)の1月6日にアマティが生まれ、その3日後の9日に“Hana” が15才と15日で逝ってしまい、その3日後にアマティを飼うことを決心したという慌ただしい日々があった。
それは「アマティは“Hana” の生まれ変わり」だという天の声を信じてのことだった。
“Hana” は器量よしの優しい子だったが体力的にはとてつもない能力を持った女の子だった。まさに登山犬と呼ぶにふさわしく、15年の生涯で218座・638山(同じ山に何度も重複している)を踏破するという記録を持っている。
例えば竜爪山22回、太刀山21回、櫛形山14回、千葉山14回、黒岳12回、山伏岳12回、長者ヶ竹10回、高草山10回、縦池の清水(佐渡)11回、ドンデン山(佐渡)10回等々
遠方では樽前山・夕張岳・平山イワオヌプリ(北海道)、駒ヶ岳・神山(箱根)、硫黄岳・天狗岳・網笠山(八ヶ岳)、八甲田山(青森)、三ッ峠、富士山、御池岳(三重)、国見岳(滋賀)、山毛欅尾山(石川)、大川入山(長野)、国上山・樋曽山(新潟)等々

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

夏の北海道は楽しかった

Hana__2003724

写真は2003.7.24(14年前)の富良野での写真です。モデルはもちろんアマティではなく初代登山犬“Hana” です。
“Hana” はこの当時6才で、今のアマティと同い年と言うことになります。
夏になると毎年涼しい所(山を含め)にクルマで移動して、暑さを凌いでいたのでした。
そんなわけで、北海道もよく旅行したものです。
今年も当然7月一杯は北海道で過ごすつもりでいたのですが、諸般の事情ありて中止しました。
諸般の事情とは実に多岐にわたりまして、例えば3年間父母の命日に墓参りしていないとか、3年間お盆に留守をしているとか(静岡の盆は7月)、あるいは毎年7月にしか会えない野生ランに3年間会えていないとか、そうだ、退職金を使い果たしてしまい貧乏生活を強いられているとか、その他もろもろのことを指します。
また、7月の北海道はもういいから5月の北海道に行きたいとか、そんな夢も広がっています。
まぁ、そんなことで今年は久しぶりに静岡を拠点とした7月です。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

ある日の池のある風景

G_3371

430_3296_2

_3323

_3350_2

おそらく1958年には出来上がっていた池(60年間)もすでに昨日、この池は撤去された。
この4枚の写真は、2012.4.30、アマティが生まれて4ヶ月、初めての水遊び用に池をお掃除した時の写真。なんにでも興味を示す赤ちゃんアマティが不思議そうに池を覗いている。

525_4880

525_4881_2

726_8643_2_2

_3294_2

上の4枚の写真は同じく0才5ヶ月の5/25のオイタ。こんな時があったんですね!

_9981_2

_9939_2

2013年(アマティ1才) 毎日池に飛び込むのが日課となりました。

_8363_2

_7993_2

これらの写真は2014年です(アマティ2才)。マゴたちも池の掃除を手伝ってくれます。

_8346_2

_8367

_7994_2

2016年(アマティ4才)

_5081_4

_3201_2

アマティのお姉ちゃんのサラちゃんは毎週寄ってくれたので、その都度お池に誘って水浸しでクルマに乗って帰っていきました。

池と犬の歴史を整理していたらもっと古い写真が出てきました。

Hana_1148_2

Hana__3316_2

Hana_1155_2

Hana_1135_2

2010年だからアマティはもちろん生まれてなく、先代登山犬“Hana” 13才、まだ現役の登山犬でした。

_8503_2

_8509_2

_8494_2

これもその頃の写真です。この一番下のマゴも今は大きくなり顔つきもすっかり変わってしまいました。 やはり、ヒトもイヌも小さい時は可愛いよね!...   

| | コメント (0)

2018年4月21日 (土)

シラネアオイが咲く“Hana” の思い出

Hana_dsc02894

Dsc02873_4

先代登山犬“Hana” がいなくなって6年経ちます。わたしたちは“Hana” が登った全国の山に少しずつ散骨してきました。
今年はその場所にシラネアオイが何本も咲いていました。“Hana” はわたしの言いつけどおり、しっかりお花畑を守っていてくれましたね。誰もいないところですから「お〜ぃ、はなちゃ〜ん、今年もやってきたよ〜」と大声で叫びます。帰るときは「また来年来るからな〜」と叫びます。

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

在りし日の“Hana”

Hanaimg_20171231_0001

この写真は今から10年ほど前の写真です。おそらく“Hana” は10才くらいだったと思います。フィルム時代の写真なのでスキャナで読み取りました。
“Hana” は15才のお誕生日を迎え、6年前の1月9日になくなりました。15年間の生涯で218座638山を踏破という偉業を成し遂げ、登山犬として見事な生涯を終えました。

_5746_3_2

右の写真は同じく6年前の1月6日に生まれたアマティの兄弟とお母さんのクララです。(お父さんは和歌山のファントムです)
すごく微妙ですよね、6日に“Amati”が生まれて9日に“Hana” が逝ってしまった。そしてその3日後には“Amati”を飼うことを決心した!...  う〜む、あの時の心の葛藤を思い出すなぁ……

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

登山犬“Hana” のお墓参り

Dsc08945_2

Dsc08991_2

智者山と天狗石山は‘Hana’ちゃんが何度も登った山なのです。
だから山頂に“Hana” の散骨をしてあります。その際(5年前)「アマティと一緒に毎年逢いに来るからね」と約束したんですが残念ながら2回目です。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

「Hanaちゃん 会いにきたよ〜!」

Dsc03369_2

ここには先代/黒ラブの“Hana” が眠っている。
わたしは5年前、ここに一握りの散骨をしてきた。ここは15年間毎年“Hana” と訪れたところでもあるからだ。
“Amati”と共に5回目のお参りが果たせた。
果たして来年来られるかどうかはともかくとして、この美しい自然を守りながら眠って欲しい。  「またくるからな〜」と言い残してこの場を後にした。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

登山犬“Hana” が逝って5年になる

2_2

2012年1月6日に“Amati”が生まれた。その3日後の9日に“Hana” は安心するように逝ってしまった。(逢ってはいないが、生まれたという話しは聞こえていたと思う)
この写真は何時何処で撮ったのか思い出せないが、おそらく八ヶ岳ではないかと思う。
この子のすごかったのは15年の生涯で登った山は218座。山行回数は638山。1番多く登った山は竜爪山の22回。

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

三ッ峠 犬連れ山行

20160603_134819

_2128_2

今年も三ッ峠に登ることができましたが、いままで何十回も登っているのに、今回が1番疲れました。
富士山が見えればまだ元気も出るのですが、アマちゃんの顔に比べてトウサンの顔は引きつっています。
ここには(ここにも)先代犬黒ラブの‘Hana’ちゃんが眠っているので、ほんとうは元気な姿を見せたかったんだけどな!

_2020_2

_2023_2

_2134_2

_2137_2

_2211_2

_2231_2

_2192_2

_2310_2

_2460_2

アマティは一日中跳ね回っていたのです。
この元気さがうらやましい!
途中に水場がないので、登り始める前と下山した後は沢に入ってクールダウンをします。
飲料水は風が涼しかったので、アマティは自分でかついだ1リットル、わたしたちは500ccで足りました。

| | コメント (2)

2015年7月15日 (水)

富良野のラベンダー

20150716_120655

_5093

富良野に来てこんな写真を撮りたかったんです!
お天気良すぎてアマティはまぶしそう!

_5102

G_5124

_5120_2

P7160070_2

P7160071_2

_5551

_5557

_5559

_5561_2

一面ラベンダーの景色にはおどろきます。
背景の高い山のピークが14年前に先代犬“Hana” と登った富良野岳です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧