旅行(犬連れ旅行)

2020年6月14日 (日)

神対応のmont-bell

今のわたしは、履き物はスニーカーが一足あればいい(長靴も必需品だが)。犬の散歩も山登りも旅行もほぼ全部1足のスニーカーで済ませている。
わたしの足にぴったりあう30年以上使っている最善のスニーカーがあるのだが(LOWA レネゲード GTX ロー ワイド)、3万円を超す値段となってしまい、1年で買い換えねばならないので少しツライのである。

で、昨年は思い切ってmont-bell にしてみたのだが、どうも足が当たるので店に相談に行った。そしたら女性の定員が「お客様の足に合うmont-bell の靴はこれだけです」と言ってグレーの靴を持ってきた。ボクはすかさず「そんな色はイヤだ」と言ったら「お客様の足はこの部分が広がっていることと、アーチが少なく指先が上を向いているので、mont-bell の靴は合いません」さらに「お客様に合う靴は好日山荘に売っているシリオかキャラバンを履いてみてください」と説得されてしまった。確かにわたしの足はバンビロで扁平足で今どきの若者の足とは全く違うのは知っている。わたしを傷つけまいと一生懸命、他店の靴を進めるこの女性の神対応に感動した。
そんなわけで、今回はシリオのスニーカーにしてみた。予算の半額である。

20200613-170935

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

ハイエースの持ち腐れ

Dsc01670
この4ナンバーの商用車、わたしの人生に於いて最も役に立つ最も気に入った、そして最も扱いやすいクルマだった。ディーゼル四駆と言うこともあり、高速から荒れた林道まで不安なく走れ、1ヶ月の車中泊旅行にも相棒としてわたしに仕えてきた。(これはⅣ型だがⅡ型は排ガス装置に欠点があったが)
それがどうだ!? いまや日本中が1年で一番美しく快適な季節で、我がハイエースも出番を待っているのに、日本中どころか世界中が緊急事態に直面していて、「地方に出るな、地方から来るな」で騒動となっている。
こんな状態がまだ当分続きそうである。そろそろ動かしてやらないとバッテリーが上がってしまうかも知れない。
新コロナウイルス騒動、早く収束してほしいものだ!...

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

日本一汚い別荘

Dsc06647
わたしは全国にたくさんの別荘を持っているがそのほとんどはテントと車中泊の別荘で、この古民家だけが唯一固い壁と屋根を持つ家屋型別荘。とは言ってもわたしの持ち物では無く、小屋番を引き受けているだけなので「日本一汚い」などと言うと叱られてしまうが、本当に汚い。
昨年は月に2回は訪れ年間90日はここに滞在したのだが、ことしは諸条件によりその何分のいくつしか滞在できていない。
今回も1ヶ月半ぶりの訪問だが、案の定廊下も畳も壁もカビだらけ!...
写真に見える緑地はワサビ田跡地で雑草が生い茂っている。駐車場もまず草刈りしなければクルマを置くことも出来ない。
裏口の外には4月頃何らかの原因で死亡したニホンカモシカの遺体が転がり、今は白骨化して散っている。
そんなところでも、テントや車中泊で泊まることを考えれば天国で、回りにはわたしたちが(アマティも含めて)遊べるフィールドが無限に広がる最高の場所である。
夏は気温が低く(目の前がワサビ田だから)過ごしやすいが、冬も業務用の石油ストーブを焚くことで年中快適(エアコンは無い)。
さらにいいことは、2階の部屋がとてもチェロの響きに合ったいてとても気持ちよく練習できる。もっといいところはお風呂が薪炊きの五右衛門風呂で、近隣の温泉よりも遙かにいい風呂である。
更にもっといいことは、新東名や三遠南信を使えば自宅から70分程で来ることが出来る別天地。
欠点は先ほど述べたように湿気が多く日当たりが悪いこと(乾燥してて日当たりが良かったらワサビは育たない)。
そんなことで、この長期盆休みも喧噪を逃れてここに滞在する予定で来たのだが、台風20号が上陸するとのことでちょっと怖くなって2泊だけで逃げ帰ってきた。ワサビ田に水を引く沢の土石流や裏の山崩れが怖いからだ。来週また来なおせばいい!...

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

車中泊旅行の必需品(ポータブル電源)レポート

Anker-powerhouse
ハイエースで1ヶ月ほどの車中泊旅行は何度も行っているが、そのほとんどはキャンプ場だったり移動しながらの旅だった。
今回のようなまだキャンプ場が営業していない時期、しかもフェリーを使ってのあまり移動しない旅で最も不安なのはスマホやカメラ等の充電だった。
雪解けに合わせて開花を待つ春の景色を求めての旅なだけに、雪解けのスローペースに合わせてクルマの移動も遅くなる。山間の車中泊では携帯ラジオは聞こえない。頼りになるのはスマホだけなので日に2度の充電が必要になる。
そんな不安をかかえていたので今回は思い切って400WHの大容量電源を用意して行った。
佐渡で2泊した後フェリーで北海道に渡り、最初の宿泊地が気に入り7泊もの連泊となると、100%充電していたバッテリーも50%を切るほどに消費していた。その間ハイエースからの走行充電を試みるが、1時間ほどの移動では2%も充電できればいい方である。(ハイエースには100vのコンセントが前後に2つ付いている)
その後幸いなことに1日中雨の予報が出たので、観光に切り替え宗谷岬まで5時間ほどのドライブするとこのバッテリーも100%までに復活した。これには本当に心を強くしたものだ。
この大きなバッテリーを持ち歩くのは不可能なので、USB接続で充電するほか(同時に4つ接続できる)、このバッテリーから小さいモバイルバッテリーに充電したものを携帯する方法が多い。カメラの電池もUSB接続で充電できるが、古いカメラは100Vコンセントからの充電となる。
1つだけうまくいかなかったのは電動歯ブラシ。電動歯ブラシの充電は8時間ほどかかるのであまり旅行向きとは言えない。
もちろん有事には非常用電源として利用できるのもありがたい。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

こんなところで寝てみたかった!...

Dsc03412
なよろ健康の森はすっかり気に入ってしまい、再びこの中で泊まることにした。その際、せっかくわたしたちはテントを持ってきているのだから、このエゾエンゴサクの中で寝たい。朝起きてテントを開けたら一面エゾエンゴサクだ!...という体験をしたい。ということでクルマのルーフボックスからテントを降ろし、エンゴサクの近くにテントを張った。

Dsc03427 Dsc03406
テントの入り口を開けると一面にエンゴサクが咲いている光景。
しかし、夜の天気予報で「大雨を伴う雨雲が近づいています」のメッセージを見て、急遽荷物とテントを撤収。今晩もその近くのクルマの中で寝ることになった。まもなくスゴイ雨が降ってきた。(雨の中でのテントの撤収はいかに惨めかを体験しているからやむを得ない)

Dsc03443

Dsc03438
前日、テントを張りながら開きかけていたオオバナエンレイソウを雨の中で見に行ったら、開いて迎えてくれました。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

雨が降ったら観光旅行

20190502-183238 20190502-1833022
花旅は雨に降られてしまったらどうしようもない。雨合羽と長靴を用意しているので全く不可能という訳ではないが、日が出ていないと花が開かなかったり10時〜14時の間しか開かなかったり、けっこうわがままな花が多いのだ!(もちろん日照時間に影響されない花に雨の水滴や雪が積もった景色もすばらしい被写体になることもあるが)
そんな時わたしたちは半日くらいならクルマの中で寝ていることもあるが、低気圧が居座る場合は観光地巡りに切り替える。
5/2が一日雨の予報だった。わたしたちは毛ガニを食べたくて日本最南端の地である宗谷岬を訪れ(2回目だが)オホーツク海に出て毛ガニ旅に出かけた。
しかし、2日間探しても冷凍ケガニはあるものの、生ケガニは見つけられなかった。冷凍毛ガニなら静岡でも喰うことが出来るので、見向きもせずにくびすを返した。

20190502-191258
オホーツク海に出たとたんに大勢のエゾ鹿君たちに出くわしました。
以前、温泉帰りに夜の道を走っていたらエゾ鹿が飛び出してきて危うく交通事故を起こすところでした。当時は先代“Hana” を連れていたのですが、後ろの座席にいた“Hana” が急ブレーキで前席まで荷物といっしょにすっ飛んできて怖い思いをしたことがあります。
今回は他にも、エゾリス、アカゲラ、キタキツネ、ウサギなどと会えました。名寄では広大なゴルフ場でアマティが野ウサギを見つけて追いかけはじめ、危うく追い着きそうになったので大声で呼び止めたことがあります。その時、久々にアマティの全速力走を見ましたが、往年の美しさをまだまだ保っていてうれしくなりました。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

犬連れフェリー

20190421-045629 20190421-102039

左上は4月21日、両津(5:30)出港ー新潟(8:00)/のフェリーときわ丸5.38トン(佐渡汽船)、右は同日新潟(12:00)ー小樽(4:30)/らべんだあ14.173トン。すなわち、この日は19時間もフェリーで過ごさなければならなかった。
クルマでの北海道旅行は6回目だが、すべて7月で暑かったから、犬連れには大変キツイ。従って大間まで自走してフェリーで函館(所要時間90分)が1番犬に優しいルート。わたしは弘前にお気に入りのキャンプ場があるので青森〜函館(所要時間3時間40分)をよく利用していたが、近年は八戸〜苫小牧(所要時間7時間30分)を利用してきた。問題は暑さとシッコとウンチのことである。
もっとも以前は羽田〜釧路とか苫小牧〜直江津も利用したことがあるが、当時は出航中でも船倉に降りられてペットの食事や用便をさせることが出来る時代だったが、今はクルマに行くことはできない。そのかわり、冷暖房完備のペットルームが設備されるようになった。
(八戸〜苫小牧はペットルームはないからクルマに残留させるが、7時間半とはいっても夜中に出港して朝着くので普段の生活と変わらない)
というわけで、これまではすべてのフェリーはイヌをクルマに残留させてきたのだが、寄る年波はそれをも難しくさせてきた。八戸までクルマで行くのも大変になってきたのだ。
そんな時に気付いたのが新潟〜小樽線。この船には冷暖房完備のペットルーム(ケージ)があるほか、ドックスペースというドックランが付いていて、いつでも愛犬と会うことができ、お友だちと遊ぶことも出来るスペースがある(深夜は出来ない)というのだ。新潟だったら5時間あれば行くことができるから、年老いたわたしたちにはとてもいい方法だった。
この船にもウイズ ペットルームがあって、愛犬にも愛犬家にも天国のような客室があるのだが、なんと犬重20kg以下が条件となっているから論外。

Dsc01935 20190421-131429
左がペットルームに列んだケージ。これが2室列んでいる。愛犬がこんなところで寝るのにわたしたちがスイートルームに寝る訳にはいかないので、かといって雑魚寝はキビシイので、ある程度プライバシーが確保されているカプセルホテルのような、右上の部屋を取った。
2人向かい会っている部屋だから気も楽だ。これならアマティも許してくれるだろう!...
なお、行きも帰りも同じフェリーだったが、往復ともケージ使用はアマティだけで他のお客はいなかった。

Dsc01997 Dsc02015
ドックランはヘリポートを利用したもので、けっこうな広さがある。
往路にはラブラドゥードルのお友だちと遊べたが、帰りはお友達はいなかった。
なお、この子は20kg以下でウイズペット船室に入っているそうだ。そういえばもう1匹柴犬がウイズペット室にいたが、お互い吠え会って遊ぶことは出来なかった。

Dsc03578 Dsc03582
これは帰りのフェリーだが、巨大な煙突が後に見える。
北海道の雪山を後にするのは独特の寂しさがある。

20190421-181054
大きな船には食堂が3つあり、好きなものが選べるシステム。
食後も窓から海を眺めてゆったりするのはいいものだ。

20190421-164201
海を眺めながらの大浴場もすばらしい。(写真が撮れるほどガラガラだった)

20190421-164211
 
  
 
20190421-164315
大浴場の横に露天風呂がある。これは最高。夕焼けがすごかった!
残念ながら往復とも星空にならなかったが、もし、星が見えたらすごいだろうな!...

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

北海道旅行車中泊記録2019

20190420-075336
今年の北海道旅行は4月中旬に出発ということで、キャンプ場は6月にならないと空かないから車中泊することになる。
念のためスクリーンテントとモンベルIII型のテントは持っていったが、結局すべて車中泊となった。
食事は基本自炊。しかし、クルマが狭いために炊事は苦労を強いられるため、3食に1食は外食となることが多い。

2019.4.18/直江津フェリー駐車場泊−19/佐渡栗ヶ沢登山口泊—20佐渡両津海岸泊—21/フェリー泊−22/浦臼神社−23/浦臼神社—24/浦臼神社−25/浦臼神社—26/浦臼神社−27/浦臼神社—28/浦臼神社−29/幌加内道の駅—30/美深道の駅−1/美深道の駅−2/敏音知道の駅—3/敏音知道の駅—4/名寄健康の森−5/幌加内道の駅−6/名寄健康の森テントー7/日高樹海ロード道の駅—8/むかわ道の駅−9/定山渓駐車場−10/フェリー泊

フェリー乗り場駐車場  1泊
登山口           1泊
スキー場駐車場       1泊
海水浴場駐車場     1泊 
フェリー泊       2日
なよろ健康の森     2泊
浦臼神社          7泊
道の駅           8泊
(幌加内道の駅、美深道の駅、敏音知道の駅、幌加内道の駅、日高樹海ロード道の駅、むかわ道の駅)
結局24日間の旅行でフェリーに2泊、車中泊21。
浦臼神社に7泊しているが、これはわたしも想定外だったが、それだけここがすばらしく気に入った場所だということだ。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

ハイエースで犬連れ北海道車中泊旅(2019編)

Img_20190113_0001
すべてはここから始まった!
いがりまさし氏の作品は数年前からカレンダーや写真展で知っていてファンだった。
そのなかでも東京で催された[北海道大地の花束]は衝撃だった。
また、それを前にしていがりまさし著[野の花写真]で「全国野の花撮影地ガイド」北海道編に撮影地と撮影期日が明確に記されているのに意を強くし、「これは行くしかないな」と決意。寒がりのわたしには一大決心であった。
当初はGW終了後を考えていたのだが、「今年の北海道は雪解けが半月早い」の情報を得て出発を4/25としたのだが、ちょうどその頃は佐渡のオオミスミソウのシーズンでもあるので、いっそのこと佐渡によって新潟からそのままフェリーで小樽にわたることにした。
昨夕(5/11)無事自宅に戻ったので写真を整理しながらアップしていきます)

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

大容量バッテリー

Dsc01573 Dsc01574

近々数週間の車中泊旅行を計画中なのだが、最も頭を悩ますのが充電なのだ。
行く先々が電源が無いとこばかりであり、さらにはクルマ走行中に充電できるほど距離を移動する訳でもない。
となるとスマホ2台、カメラ3台、iPad、照明、電気歯ブラシなどの電気製品は大変不安なのだ。
いままでは小型のモバイルバッテリーを3つ使って急場を凌いでいたが、今回のこの時期は電源のあるキャンプ場はまだオープンしていないところが多いからけっこう深刻な問題なのだ!
それで以前から小型発電機や大容量バッテリーを探していたのだが、発電機は道の駅等では使えない。またバッテリーは発熱の心配はあるもから怖い。
しかし、小型軽量で400Wh以上の容量のあるポータブル電源機“Anker”に決めた。
“Anker”は小型のモバイルバッテリーでも使っているので信頼できる。
これが1台あれば当分の間の旅行が可能だし、自宅に置いておいても緊急災害時には大いに役立つはずだ。

P4110008




| | コメント (0)

より以前の記事一覧