山野に咲く“花”

2021年1月 5日 (火)

コセリバオーレン

春一番に咲き出す花です。小さくて探すのにも撮すのにも苦労する花ですが、間違いなく春の息吹を感じる素晴らしい花です。
P1050005 P1050015

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

ハギクソウ

新年早々の花便りは花では無く葉です。この時期こんなに美しい色の花は咲いていませんが、ハギクソウは見事に紅葉します。
今回は紅葉の過程でしょうか、こんなきれいな黄色い葉をみました。
20210104-124744
Dsc09062
次もまだ紅葉の途中です。潮風を浴びながら咲いていました。ほとんどがまだこんな感じでしたが、中にはまだ緑色をした葉もありました。
Dsc09092Dsc09085

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

梅薫月

Dsc08309
朝飯前に初詣を済まそうと、まだ日の出ぬ時間に谷津山に登り始めたら梅の花が開いていた。やや、月がまだ残っている。
カメラを向けたが梅の枝がジャマをしてなかなかファインダーに月が入らなかったが、なんとか収めた。

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

正月飾り

Dsc08532
我が家の玄関先には大きな松の木と竹が植わっている。残念ながら梅はないが、ほぼほぼ正月飾りの門松が1年中飾ってあるようなものである。
しかしながら鳳来の家の裏山にはいま、南天の実が森を賑やかせている。この赤い実がきれいなので(黄色い実も)毎年のことだが摘んできて玄関先を賑やかせている。(壺は宗像睦雄作)

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

シモバシラの花が咲く

待ちに待った大寒波が来るという。もう行くしか無いな!朝起きたら確かに寒いから飛び起きる。
則沢口から竜爪山頂を目指す。秘密の場所は登山口から30分以内。しかし、いくらあたりを探しても見当たらない。当初はここで写真を撮って帰るつもりでいたがその計画は断念。
もう一つのポイントは大群生が見込めるが山頂直下だからまだまだ先は長い。ここのルートは山頂には最短だがとても険しいのでつらいのだ!
おもしろいもので、アマティとは最近谷津山によく登っているが、この山に取り憑いたとたん、彼の目はオオカミの目になり光り輝いているのに驚いた。
険しい道なのでかなりゆっくり歩くと、アマティはわたしをいたわるような優しい目つきになり、数歩歩くたびに振り返りわたしの様子を確認してまた数歩進む。
さて、シモバシラだが、お地蔵様を過ぎたあたりからあちこちに出だす。
ん?何度も登っているが、こんなところで咲いているのは初めてだぞ?今年はいつも見られるところで見られず、いつも見られないところで見られる。
でも、あるある、さっそくカメラを取り出す。
Dsc08083 Dsc08038_20201231162001 Dsc08074
たくさん咲いていたが、今年はなぜか奇抜なヤツが無いなぁ!どうしてかなぁ?雨が少なかったからか、まだ温度が高すぎるのか?
次の写真は賑やかしいですねぇ。あでやか3兄弟。
その次の写真は珍しいです。シモバシラの草の伸びたのがそのまま花殻まで付けて残っています。
Dsc08042 Dsc08105
さて、次の写真、アマティは困ったものです。わたしの写真の邪魔をしてカメラの前に飛び出します。ここまでは普段でもよくあることなんですが、いきなりレンズの前に飛び出してきてせっかく咲いているシモバシラの花をパクッと喰ってしまうのです。それを何度も何度も。
しかたなくリードでつないでおくとワンワン吠えて怒るし!
なんて悪いやつなんでしょう。
Dsc08059 Dsc08086_20201231162001
今年は奇抜でミステリアスでシャープなシモバシラには会えませんでしたが来年に期待します。といっても明日から来年かぁ!
そういえば山頂直下の秘密の場所には1本も生えていませんでした。一体どうしたことなんでしょう?

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

小国神社の名残紅葉

毎年見に行っている小国神社の紅葉は今年は出遅れてしまったので「もう無理かな」と思いながら寄ってみたのだが、なかなか美しい紅葉を楽しむことができた。
まるで川が燃えているような景色は壮観だ!
20201204-125344 Dsc03521
Dsc03515

| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

山燃ゆる秋

Dsc01009
Dsc00974
Dsc00987
Dsc01149
Dsc01167 Dsc01226 Dsc01023
Dsc01027
Dsc01091 Dsc01131
愛知県北部を走り回り紅葉狩り。1週間遅かった感じはしなくもないが、大満足の紅葉・黃葉。満たされました。

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

大文字草の大群落

Dsc00259
いつも見に行く大文字草、見事に満開でした。なかなかこんな姿はお目にかかれません。

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

イワシャジン

クルマに乗っていたら決して気づかないことがよくあります。
今回も通行止めのおかげで思わぬお花に会うことができました。
その筆頭がイワシャジン。色が濃く草丈が短いとても可愛らしい株がいっぱい。そういえば真っ白なイワシャジンが咲いていたけど、生き生きした姿ではなかったのが残念!
Dsc00122 Dsc00126
Dsc00140
ほかにも大文字草の群落やかわいいリンドウやミヤコワスレが咲いていました。

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

千振 Day

センブリの花が咲くと今年の花探索は終わりかな? 
と思うこの時期です。

【イヌセンブリ】
センブリの中でもわたしはこのイヌセンブリが最も好きです。
それはわたしと同じお髭がモジャモジャだからに他ならない。
薄い紫のラインとモジャモジャ。なんと繊細なワイルドさを備えたお花でしょう!
Pb010054
Pb010046
【紫センブリ】
大きめの花びらで背の高い美しい紫色のセンブリは見るからに派手で目を引きます。ヤマラッキョウと一緒に咲いていました。
Pb010097 Pb010084
Gpb010080
センブリ】
今回は普通のセンブリを探すのに苦労しましたが、3種に会えてほっとしました。
さすがに普通のこのセンブリは葉をちょっと噛んだだけでものすごく苦いです。
センブリのお髭はモジャモジャではなくツンツンしています。

Pb010118
Pb010123
おまけ【磯馴千振】せっかくだから4種集合。24日に下田に見に行ったソナレセンブリです。4種共通しているのは青紫のラインですね。とってもおしゃれです。
Pa240022

| | コメント (2)

より以前の記事一覧