家庭菜園

2020年10月 3日 (土)

ウチの菜園

ダイコンが元気に育っています。このままいけば80本分あります。
昨年は台風の塩害でほぼ絶滅だったけど、これ全部育ったら大変ですね。食べ切れないから抜きに来てください。
6c001326235b412b96938a675444529e
真ん中の黒い畝は玉ねぎ用なのでまだ植えていません。両側のネットの中にはキャベツとブロッコリーなどです。
今日も蝶々が飛んでいたのでクワバラクワバラ。厳重にネット管理しないと、イモムシにみんな食べられてしまいます。

846f0a2fb77443ddab9206dc1ebcc802

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

エンジン修理

ボクが農作業を嫌がらずにやるのは、もちろん収穫の喜びとかおいしい野菜を食べたいとか、安全な野菜を食べたいと思うだけではなく、エンジンが好きなんですよね。
ミニ耕耘機とか草刈り機とかチェンソーとか(これは畑には余り関係ないけど)のエンジン音を聞いていると心が安まるのです。
だから、なるたけエンジン音の大きなクルマが好きだし、エンジンの振動を身体で感じるようなクルマが好きなんです。

さて、このエンジンは地下水を吸い上げるモーターの代わりをするエンジンです。やっと大根の芽が出だしたところで、水を一杯あげたいときに急に故障しました。さて、困った!... 
①エンジンを外して農機具屋さんに持っていって修理してもらう
②修理屋さんを探して出張修理してもらう
と考えていたが、どこが悪いかを確認しなければと思いチェックをしていくと、どうやらガソリンタンクからキャブレターにいくパイプに亀裂が入っていることがわかった(写真1枚目)。
この写真を持って以前のエンジンで世話になったモーター屋さんに行くと、即座に「これに交換してください」といわれ2本パイプの出たアセンブリーを渡され簡単に付け替え要領を説明してもらった。その通り自分でやってみたらなんとか完成し、エンジンもかかったのだった。

やれやれ、これでダイコンのために家から水を運ばなくても済む。たくさん水を吸って大きくなれよ!...
20200923-132339 20200924-121446

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

ダイコンの種まき

静岡では昔からダイコンの種まきは9/19までにと言われています。
それがなぜかはわからないけど、確かにこれを守らないと育ちが悪いのです。昨年は9/18日に種を蒔いてうまく育ったのですが、10/12の台風19号で塩害の被害に遭い全滅。あわてて種を再度蒔きましたが、うまく育たなかったのです。今年は昔の教えを2日過ぎましたが。なんとか育ってほしいものです。
4畝、80本分の種を蒔いたけど、全部育ったら大変なことになるし、少しだけだったらサミシイし、でも、みんなに食べてもらえるからたくさんなって欲しいな!...
20200921-120604

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

4日連続百姓日

草刈り初日から数えると5日目・4日連続早朝からの百姓。
きょうは最終日、6:30から14:30までぶっ通しでがんばった。(今日は5日間でもっとも涼しい日だった)

20200915-103621 20200915-072500
あのものすごい雑草を刈ってやっとここまで来た。これならもういつ雨が降ろうが大丈夫。
来週ダイコンとキャベツとブロッコリを植え、玉ねぎは11月になったら植える。

今年はものすごい暑さと長雨で、この畝8本を作るまでがすごく大変だった。
昨年は台風の塩害で大変な被害に遭ったモノだが、今年はの台風はおとなしく収まってほしい。

20200915-133719 20200915-133810
写真の追加がありました。
わたしは決して草刈り機とミニ耕耘機だけでこれだけの仕事をした訳では無く、刈った草を集めるのも雑草の根を集めるのも手作業です。
ミニ耕耘機で耕しますが、畝を作るのは人力で鍬で行われます。これが1番しんどいのです。(数万円出せば畝を作れるアセンブリーを取り付け事ができるが)
S__23396358 S__23396355
クワで畝を作っている証拠写真です。
最後の写真は、玉ねぎ用のたくさん穴の開いたマルチを使っているが、タマネギを植えるのは11月なのでそのマルチの上に穴の開いていない普通のマルチを被せ、雑草等の侵入を防いでいる!...

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

努力の結晶

このクソ暑い毎日、朝6時から今朝で4日目、とうとうこの草の山が出来上がりました。いや〜、こんなにかかったことは初めてのことです。
1つにはわたしたちの体力が落ちたことがあげられます。
しかしそれ以上に、これ以上頑張ると命に関わる暑さであったこと。

朝の草刈りは今年初めての挑戦ですが、確かに涼しいのはいいですが2時間もするとすごい日差しになること。
また、草が夜露に濡れ、草刈り機がうまく作動しないのです。

ま、いろいろな経験を積んでともかく草を刈ることが出来ました。
残念ながら土がまだ濡れていて(昨夜も雨があったようです)耕耘機がかけられないことですが、焦らずにゆっくりやるしかないようです。
04e406d9374c422da94f022ff28e1a3a
子どもやマゴがいるウチは枯れ草を燃やして焼きいもを作ったのですが、今年はどうしようかな?… 
この暑さの中で焚き火はちょっとキケンだよね(きょうの予想気温も32°)。

Ca42329e73a6404ba1320927268a22c39d7dc1d16d694e0685907552ffc0c0ff

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

今日も暑かった!...

今年は作物がほぼ全滅状態で、何もいいとこがなかったにも関わらず、雨が多かっただけに雑草の伸びだけはすごい!...
盆が過ぎたらすぐに始めるのがわが家の習慣だが、なんせ今年は暑いのと天候不順で日のばししていた。
やっと元気を振り絞って8月24日、
草刈り機を持ち出したが、イヤ暑くて暑くてマルチを取り去るまで行かずに退散。
9月11日はかなりの覚悟を持って始めたモノの畑の半分で断念。
そして3度目の正直、もう「これ以上伸ばすことは出来ない」との覚悟で臨むが、やはりやはり自然はそうは甘くはなかった!...

20200913-073904 20200913-074100
ここまでやったところで断念。
耕耘機をかける前にもう一度草刈りと片付けをしなければならない。

20200913-081604 20200913-081631

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

草刈りのタイミング

8月の盆過ぎから冬野菜の準備を進めなければならないのだが、
まずはその第一歩である草刈りがまだ出来ていない。
9月のはじめに1度取りかかったのだが、余りの熱さにすぐに放棄。
その後は草刈りチャンスを待ちながらとうとう今日になってしまったのです。

チャンスとはお天気待ちという意味です。雨が降ってしまうと草が刈れないので、雨降りのあと畑全体が乾かなければなりません。
このため雨の多い9月はその日がなかなか来ないのです。

今日やっとその日がやってきました。戸隠にオオシラヒゲソウを見に行く予定だったけど、草刈りが優先です。

雨の日に買ってあった草刈り機の刃を交換しました。とても嬉しい瞬間です。
20200911-090127
大きな抱負を持っていたものの、やはり敵は熱さでした。
もし倒れたら頭から水をかけてもらうように、ペットボトルに水を用意しておきました。(倒れる前に自分で頭にかけました)
20200911-111539
20200911-111836
実際にはこの倍の畑があります。今日はもうダメ!... 限界です。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

栄枯盛衰とは

20200824-081647
天候不順で不作とは言えひとときの夏を楽しませてくれた我が菜園はかくのごとし。
冬野菜の準備の時期なのにどこから手を付けていいやら皆目見当も付かない。この雑草の中に園芸用支柱竹やキュウリ棚の杭等があり、その下にはマルチ(黒いビニール)が敷いてあるから、支柱棒の撤去をして、草刈り機で大まかに草を刈ってマルチを撤去できる状態にしてからビニールを剥ぎ取り、再び草を刈ってから耕耘機をかけるのが最も簡単な作業であろう。
仕方ないから「もしかしたら熱中症で倒れるかも知れない」との不安を持ちながらも作業に取りかかった。

20200824-081758
これが大まかに草を刈った跡である。所々土が見えるが、マルチはまだ敷かれたままなので、まだまだ気が遠くなる作業が待つというのに、急にカアサンの体調が悪くなった。
先に帰るように言ったものの、帰る途中で悪化したらどうなるのか、わたし1人でこの雑草の中で倒れたらいったいダレが見つけてくれるのか、あれこれ考えたあげく、今日の作業は中止して一緒に家に帰ることにした。
さて、この続きはいつやる?…

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

これが最後のスイカかな!?

今年のわが家の菜園は最低で、おいしい野菜にあり付けたのは短い期間だった。
しかし、土用過ぎたら冬野菜の準備に入らなければならないのだが、さすがにこの暑さではしばらく後にずらすしかない。

いま、ウチの畑は雑草だらけで早く草刈りをしなければ土を踏めないとんでもない状態になっている。(落花生だけはまだ植わっている)
ウチは家庭生ゴミを処理して畑に埋めているので、余計雑草も勢いよく育つのだろう。
面白いことに、例年だとカボチャの生ゴミも畑に埋めるから、その種が生えて毎年沢山のカボチャが獲れるのだが、今年は何本もツルが伸びたものの1つも実を付けなかった。
それでも「ひょっとしたら」と思って雑草の中を探すと、なんとスイカが1つ残っていた。なぜかスイカだけは豊作だったのだ。
20200809-2036371
少し熟れすぎているが、最後のスイカをおいしく頂いた。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

自給自足までは行かないけれど…

20200630-171128
今年はジャガイモと玉ねぎはじょうずに育てられなかったけれど、この子たちも決してうまくできた訳ではないけれど、こうして毎日の食卓を彩っております。まぁ、2人家族にしてみれば丁度いい量と行ったところかな?…
量はこれでいいけど、味は抜群です。
ところで、写真のシシトー。苗床は充分あったのでいろんな種類のシシトーを植えてみたんです。中には激辛と言う苗も植えました。確かに激辛です。口に入れると息が止まるくらい激辛です。ところが、その激辛苗がどこに植えたのか憶えていないので、実際には甘口とか小とかの苗を植えたのにドレが激辛シシトーなのかわからなくなってしまいました。今となってはロシアンルーレットをやる心境で神に祈りながら焼シシトーを食べています。(他に甘口のピーマンとか辛口のピーマンを植えたんだけど、実際食べてみてもわからない程度)
シシトーだけは強烈です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧