« 盆入り | トップページ | マグロのオリーブ漬け »

2023年7月14日 (金)

国1橋桁落下事故現場

橋桁落下事故から1週間ほど経つ。由比に買い物に行きたかったが渋滞を嫌って延び延びになっていたがそろそろ落ち着いてきたのではないかと判断し14時に自宅を出発した。それでもエスケープルートを北側と南側に考えていたが、BPを通る限りそれほどの渋滞も起きる気配は無かったので、落ちた橋桁を見たさもあって敢えて国1BPをそのまま進んだ。事故現場は想像していたよりもずっと東側で、東側のエスケープルートを取らなくてよかった。上り線を庵原分岐を過ぎた頃から国1はなんと一車線対面通行となる(写真1枚目)。その奥を覗くと傾いた鉄枠様のものが見える。ここが現場の端のようだ。
1img_2844
もう少し進むとその四角い建造物とそれに寄りかかるハシゴが見える。たぶん事故現場の一番西側だろう。 Img_97782

その後は重機などが落ちた橋桁を隠す様にならび目視できなかった。
Img_9781
この向こう側に落下した橋桁が横たわっているのだろう。
Img_9782
現場検証だけでもまだ1ヶ月はかかるという。プロの仕事とは思えない情けない事故で亡くなった方には大変お気の毒だ。原因究明は当然のことだが早く復旧してほしいものだ。

自宅を出たのが14時で16時には家に着いていたので普通に渋滞を回避した時間だったことがあるが、もともとこの道は何年間も渋滞に悩まされていた場所である。それから考えると今日の往復は特に渋滞が酷かったとは言えない程度だった。

| |

« 盆入り | トップページ | マグロのオリーブ漬け »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盆入り | トップページ | マグロのオリーブ漬け »