« 落ち葉斜面の腹スキー | トップページ | 今日の富士山 »

2023年2月17日 (金)

古宿のセツブンソウ

宮原のミスミソウに行ったあとは古宿のセツブンソウに行くのがお決まりとなっている。
こちらはまだ早すぎたようで花数は少なかった。2日前の雪がまだ少し残っていた。わたしの知る限り古宿のセツブンソウの青と黄のシベは最も色が濃いから大好きだ!
Dsc05995 Dsc05987

| |

« 落ち葉斜面の腹スキー | トップページ | 今日の富士山 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

東宝自衛隊です。
セツブンソウ、美しく可愛いですね!
僕も今月の連休帰り、新潟県から東京への帰路、セツブンソウを見に行く予定だったのです。
ところが、その日は新潟は当然、雪、東京も大雪警報です。
その自生地は関東では珍しく、新暦節分に満開となります。秩父や栃木では、まだ芽吹いてもいないでしょう。
冬タイヤ装着とはいえ、自生地までの道を想像するに、仕方なく諦めました。
また、一年待たなければ…。
今春は思うことあり、5年振りに植物栽培を再開します。
そのきっかけは、去年末に世話になっている親友が難関の国家試験に合格、仕事も新たにしました。
お祝いしたいものの、親友なのに何を送っていいのか?分かりません。
考えました…。長く迷い、長く…。
昔、その親友がスズムシを飼育しておりエサ交換の時に、優しい表情になったのを思い出しました。
結果、親友へはミヤマクワガタの越冬ペアを送りました。
予想は的中、大喜びでした。
以来、その親友とは虫談義ばかり。
採集の予定まで立案している始末です。
フィールドに詳しい先生ですから、静岡県の〇〇ならばミヤマクワガタの採集が可能かもしれない、そんな情報をご存じでしたら僕のメアドへご教示くださいませ。
植物栽培は、他の友人に以来していましたが、今春から僕が管理栽培します。
焼津T山のアルビノタネの報告もできるかもしれないです。
T山へは、2回行きましたが天候が悪く、自生地までは行けませんでした。
麓のH地区で、炭焼きをされている方から実においしいコーヒーを頂きました。
炭焼き塩も買いました。
これも絶品でした。

投稿: 東宝自衛隊 | 2023年2月20日 (月) 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち葉斜面の腹スキー | トップページ | 今日の富士山 »