« 今日は温かいソバだな!... | トップページ | 北海道展 »

2022年12月22日 (木)

こころの医療センター

[こころの医療センター]とは元の養心荘のことで、精神科の専門病院である。わたしはついにこの病院の門をたたいた。
ただ、とくに精神に支障を来したわけではなく(もっとも精神病の人はみんなそう思うだろうが)、認知症とか脳に異常を来してるのではないかという不安を抱え込んでいたからである。なお、認知症がなぜ精神科に含まれるのかは大いに疑問だが、今のわたしは確かにおかしい。
そもそもは2年前の運転免許証書き換え時点で行われた認知症検査ですれすれで合格したことから始まる。あの試験結果はかなり心に傷を負った(合格はしたのだが成績がよくなかった)。
しかし、考えてみればもう何年も前から物事の名称が出てこなかったり思い出せないことが頻繁にあった。まぁ、年相応だろうと思うことにしていた。
決定的な出来事は2ヶ月前である。毎日使っているPCをフィッシングにあってしまったのである。わたしはこのメールを「あ、これはフィッシングだ」と跳ねておいた。翌日の朝も「あぁ、これは開けてはいけない」と跳ねた。が、その夕方、なにを血迷うたか空けてしまいIDを打ち込んでしまった。2時間ほど後にメールを書いた際IDを求められフィッシングにあったことに気付き、慌ててIDとpwの削除をしたので金銭的な被害は起きていない。が、IDを変更することがこんなにも大変なことかと思い知らされる毎日が続いた。約1ヶ月半経ってやっとその処理の収束にめどが付いた段階である。PCもiPadもiPhoneも初期化してしまったんだから、住所録もなにもかも吹っ飛んでしまった。もちろん30年以上使っていたメールアドレスが変わってしまった。幸い多くの友人はFBやLINEで繋がるのでホッとしている。
ま、そんなことやいっぱいいっぱいの復旧作業をやる中で、わたしの精神構造は壊れてしまい「これはヤバいな、脳が壊れてしまったか」と思って自発的に病院の門をたたいたというわけだ。
憂鬱な検査の結果「あなたはまったく問題ありません」といわれ、脳の写真も見せてくれ「萎縮や傾きはありません」と言ってくれた。
ただ,それを見る限りわたしの脳のシワが極端に少なく感じたが、先生は「そんなことはありませんよ」というものの「あぁ、オレの脳の限界はかなり低いのに背伸びしていたかなと思わずにはいられない。
ということで、年の瀬になって「わたしの今年の十大ニュース」に書き加えなければならないことが増えてしまった。
Img_0539

| |

« 今日は温かいソバだな!... | トップページ | 北海道展 »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は温かいソバだな!... | トップページ | 北海道展 »