« どんぐりの木 | トップページ | アマゴのお造り »

2022年11月13日 (日)

今年も栗粉餅を造りながら食べる?食べながら造る?会

今年も岐阜の栗粉餅を食べる会に行ってきました。何年続いているのかだれも覚えていないので、このブログを[栗粉餅]で検索したら出てきましたよ〜 2009.11.3が1回目でした。もう13年も続いているんですね、クイシンボウですねぇ!...
なぜ造りながら食べる必要があるのかというと、栗を裏ごしした栗粉は賞味期限60秒だからなのです。餅を写真の栗粉でまぶして口に放り込むと,口の中でシュワ〜と溶ける、中の餅までがシュワ〜と溶けるのです。この限度が60秒。3人で3つずつ食べたら後はもうこの感触が味わえないので,お土産用の箱に詰める作業に入ります。今回は裏ごし栗粉を5回作ったので、1人15個食べるのが至福の時となるのです。01f64df10452408193472bfc8115765e
これが箱詰めした栗粉餅。わたしのマゴたちはこれが大好きで「賞味期限は明日まで」という必要もなく,その日のうちにペロリと食べてしまいます。でも、あの60秒以内のうまさのことは決して伝えません。
Eb0557eb640b4293bfc3d4c6083fee10

| |

« どんぐりの木 | トップページ | アマゴのお造り »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんぐりの木 | トップページ | アマゴのお造り »