« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月

2022年9月29日 (木)

ミニカトレア

ウチは何十年も前から高山植物や野に咲く花を見に行くのが忙しく、庭や屋内では花は育たなかったのです。
それがですね、寄る年波に勝てず体調も不良となり出かけることが少なくなってきたからか、頂いたミニカトレアがこんなにも多くの花を付けました。10輪も咲いているんです。
家で花を育てる生活などまだしたくは無いけど、これだけ咲いてくれると嬉しいですね!...
Img_19872

| | | コメント (0)

2022年9月28日 (水)

東名大渋滞

日吉に用事があってクルマで行ったのですが「きょうは渋滞も無くスムーズに走るなぁ」と思っていたのです。およそ1時間半ほど滞在しどこにも寄らずに静岡に向かって走り出しました。
東名川崎からインターに入っても順調に走ります。そのうちカーナビが2カ所で事故渋滞があることを告げていました。今この時期は東名の補修工事で交互通行など工事の連続なので多少の渋滞は覚悟していたのですが、2つめの御殿場渋滞は参りました。しばらく休憩すれば渋滞は解放するだろうと、足柄SAで休憩を取ったのが間違いでした。御殿場から道路閉鎖となったおかげでICで降ろされるクルマで渋滞距離が伸びてしまいSAからも出られなくなりとんでもないことになってしまったのです。御殿場ICで出てからも246号線も大渋滞。やっと駒門ETC乗り口から東名に入って戻ってくることが出来ました。途中休憩や食事時間を含みますが8時間もかかってしまったのです。
Img_2038
写真はやっと足利SAから本線に合流する直前です。これらのクルマは全て御殿場ICで降ろされました。
道路閉鎖は道が不慣れなだけに困りますね・・・

| | | コメント (0)

2022年9月26日 (月)

マイナポイント2万円

今話題のマイナポイント2万円くれるって話し、「そりゃ欲しいよな」と思いつつも面倒くさくてほっておいたら、娘が来てくれて手続きをしてくれると・・・(すでに5千円は貰ってるので1万5千円を2人分)
娘といってもそんなに若くは無く電子脳世代では無いので悪戦苦闘しながら、さらに電話問い合わせなど活用しながらなんとか手続きを完了した。なんでもiPhoneのサファリ使用の場合、トラブルが発生するようである。その場合は電話問い合わせするといい。また、PCで出来るといいのだが、写真2のようにスマホで読み取らなければならないのでiPhoneを活用するしか無い。
Photo_20220926152801 Img_2026
ところが、カーサンの段になって問題発生。ナンバーカード作成時に登録した暗証番号がわからなくなり、当てずっぽうに入力した番号がロックされてしまった。そうなると市役所に出向いて申請し直さなければならない。さっそく市役所に出かけると、ナンバーカードがいま話題になっているだけあってものすごい込みよう。しかも皆、ジジババ1人1人の時間のかかること。2時間以上かかってやっと新しい暗証マークを取得。
横にはマイナポイント支援スタンドがあって「なんだ、ここでやってくれるんだ」と思って覗いたらなんと何十人もが予約済みで並んでて心が折れる。また,娘に頭を下げてやって貰うしか無いな!...
でも、これだけの苦労するんだったら2万円請求する気が失せるのも無理は無い。

| | | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

山栗で作った栗きんとん

9/14、伊東に行く折、大仁まごころ市場で山栗を見つけた。
ここでは毎年早い時期に入荷できるようだ。やっと今日時間の余裕が出来たので、恒例の栗きんとんを作った。山栗は普通の栗の1/3〜1/4程の小ささなので作業は大変だが、味は大変おいしい。自分で獲ってくればベストなのだが,自然界では野生動物や虫との奪い合いとなり、なかなかいい状態で獲ることが出来ないから管理された山栗は大変助かる。
出来立ての新鮮を食べるもよし、一日寝かして更においしくなるのを待つもよし。P9250003
ワイルド感を出すためつぶつぶや渋皮を少し残して仕上げている。これがまたうまし・・・

| | | コメント (0)

2022年9月24日 (土)

水没野菜?

台風一過、停電中なので畑の様子でも見に行ってくれば停電は回復されるだろうと家を出たのだが、信号はみんな消え昔の信号機が無い時代に戻っていた。これはこれで緊張感があっていいものだ!
ほとんどの店は閉まっていたが国1を横切る交差点からは信号が点灯していた。どうやら停電は国1より北側だけで南側は無かったようだ(娘が住む柚木は停電が無かったとのこと)。
写真は玉ネギの畝。水没は免れたが水が深くて近寄れない。
1穴を除いて芽が出ているようだ。やれやれ。
Img_2018
次の写真は9/19にアップしたダイコンの芽そのもの。3本になり大きく育っているがよく見ると1本は茎が折れている。多分昨夜のすごい雨で折れたのだろう。
最後の写真は風にも耐えたブロッコリーやキャベツの苗だが、キャベツの1本が折れていたのがちょっと残念。
Img_2021 Img_2016
この後家に帰ったが、お昼だというのにまだ停電は解消していなかった。復旧予測が目や耳に入らないのは大変不安。
中部電力はおおよそでもいいから復旧時刻を知らせて欲しい。

| | | コメント (0)

雷鳴轟く夜

台風15号の爪痕は予想外に静岡市には大きかったようだ。
安倍川や巴川がかなり水が出たようだが午前2時から14時までの12時間停電していたから、そのような情報は入って来なかった。停電ではPCもWi-Fiも使えず、スマホも10時位から繋がりにくくなり、そのうちに全く動かなくなってしまった。ラジオは聞こえるが地方ニュースの番組は少ないようでほとんど役に立たず。
ガスや水道はOKなので朝飯も昼飯も食べることが出来たが、今日はマートもコンビニも食事処も床屋も何もかもお休み。伊勢丹や松坂屋もお休みだったらしい。
一時はモバイルバッテリーをPCやWi-Fiに繋げニュースを集めたが、バッテリーを使い切ってしまうのも心配となり、ただじっと通電を待つことにした。6〜70年前は停電は頻繁に起こったものだが、わたしは今までに12時間の停電は初体験である。

話は午前2時半頃に遡る。夜中中雷鳴が響き渡っていたのは知っている。そのうちドスンとわたしの布団が揺れ何かがわたしの背中を打った。何事かと飛び起きたらなんとわたしの布団の上にアマティがまあるくなって寝ているではないか。
数日前(6/21)のブログに書いたように、アマティがお布団に潜るのは決まってカーサンの所であって、わたしの所に来ることはまず無い(皆無では無いが)。
きょうはなぜわたしの所に来たのかと思うと眠れなくなりいろいろ考えを巡らせた。その結果は「雷鳴にあるのではないか」の結論を導き出す。アマティは夕方から夜中までずっと続く雷に(初めのうちはゴロゴロ鳴るごとに吠えて怒っていた)耐えきれなくなり、それをトーサンかカーサンにぶつけようとしたが、こんなに大きな不安心は「トーサンの方が頼りがいがある」と考え、仕方なくトーサンの布団に潜ったのではないかと思うのである。そんなことを考えながら足でアマティの毛皮の感触を楽しんでいたら停電していることに気付いた。
枕元の懐中電灯でアマティを照らすと丸くなってぐっすり寝ている。カワイイのでパチリ。Img_1993
何枚かパチパチやってたら頭をもたげて「まぶしいよぅ」という顔をしてまた眠ってしまった。
Img_2009

| | | コメント (0)

2022年9月22日 (木)

お昼はおうちで盛りそば

わたしの父は蕎麦が大好きで「三度三度そばでいい」とよく言っていた。そんな父を見て「なんでこんなものがいいのかな?」と思ったものだ。
そしてわたしがその歳になるといつしか蕎麦大好き人間になっていた。不思議なもんだな!...
蕎麦と言っても盛りそばが一番いい。生蕎麦でも乾麺でもかまわない。ネギはいらない。あれはせっかくの蕎麦の香りや汁の香りを消してしまう。ただし、山葵だけは必要だ。これさえあればほかに大根おろしも天ぷらもいらない。ただし、山葵は生山葵(本山葵・根山葵)でなくてはいけない。本山葵だけは蕎麦の香りを消すどころか相乗作用を起こす魔法の薬味だ。万一山葵を切らしたときは七味唐辛子がこれに次ぐ。

Img_1974

| | | コメント (0)

2022年9月21日 (水)

今朝は寒かったね!...

アマティは夏の間、ほとんど玄関のコンクリート土間で寝ています。ところが今朝5時頃、トコトコと2階に上がってきてカアサンの肩をノックして「ボク、寒いの」と合図を送ります。そこでカアサンは自分の布団をめくるとアマティはサッと入ってくる。
わたしが5時過ぎ目を覚ますとすぐ横にヌクヌクのアマティの顔がありました。スマホで撮ったら真っ暗だったのでストロボをオンして撮りました。まぶしくって半目ですごく迷惑そうな顔が印象的です。
Img_8725
これはアマティの話で、先代の"Hana"はカアサンのところに行ったことは無く、いつもトーサンの布団に入っていました。ちなみに"Hana"は女子でアマティは男子。
なんか、わたし達を使い分けているようで不思議な感じです。
こんなことを2代25年も繰り返しています。

| | | コメント (0)

2022年9月19日 (月)

ダイコンの芽吹き

台風が来る前にと思って土曜日の午前中にダイコンの種を蒔いた。その後丸2日間台風天気で風雨にさらされていたが、まだ芽も出ていないから心配はしていなかったが、キャベツやブロッコリーの苗が心配だったのですごい雨の中、偵察に行ってきた。キャベツやブロッコリーはクルマの中から無事が確認できたが、ダイコンは長靴履いて近づいてみるとあれあれ、芽が出てるじゃん!...
マルチ(黒いビニール布)に直径10cmほどの穴を空け(53個出来た)、種を3粒づつ蒔いて埋めたのだが、この写真では2つが発芽している。ひどい雨で正確には確認できなかったがほとんどの穴で芽吹いていた。
Img_1980_20220919173101
なんてかわいい子だ!... まだ明日いっぱい暴風雨になるらしいけど,頑張るんだぞ!

| | | コメント (0)

敬老の日

[敬老の日]とはわたしが小学校に入る2年前に制定され(当時は9/15だったが)、以降76年回お年寄りを敬い身内の親戚を祝ってきた。ま、ある種神聖な日として記憶に新しい。
ところが10日ほど前だろうか愛知県に住むマゴ兄弟からこれなるものが送られてきた。「敬老」とも書いてないし「おめでたう」とも書いてないが、ただ一言連名で「長生きしてね」と書いてある。
おいおい、敬老の日のプレゼントかよ!... あぁ、初めてのマゴからのプレゼントがこれかよ、「長生きしてね」がメッセージかよ!... 初めてづくしのため困惑することしきり・・・
Img_1949
考えてみれば「長生きしてね」のフレーズはわたしも祖父祖母に対して何度も使った記憶がある(父母に言った記憶は無いが)。あの頃のわたしは「長生きすること」がどういうことかもわからずこの言葉を使っていた。今のわたしだったら年配者に対して決して「長生きしなよ」なんて酷なことは言わないだろう。
わたし自身はかなり以前から[太く短く生きたい]と願っていたが、正反対の方も当然いるだろう。しかし、いつまで生きられたら「おめでとう」と祝われるものでもあるまい。
マゴのプレゼントを機会に久しぶりに自分の「生き方」について思ったが、今自分に出来ることは長生きする努力では無く、楽しいことを長く続ける努力なのだろう。
マゴたちよ、プレゼントありがとう!ジィはね、長生きすることなんて望んでいない。ジィはね、人生の楽しみ方をいっぱい知っているんだ。それを1つ1つこなしているウチに寿命を短くしたとしても、それはそれで幸せなんだよ!...
「ジィはいい人生だったね」と言いながら石で釘を打って蓋をして欲しい。

| | | コメント (0)

結婚記念日は炭焼きウナギ “瞬” で

結婚記念日は毎年“瞬” で過ごしている。金婚式を過ぎて2年目だが、今回はある意味大変な年の始まりで今後はますます困難が増すと思われる。
それはさておき、料理は相変わらず繊細でおいしいものが次々に運ばれてくる。ここではお気に入りのものだけをアップすることにする。
まずは鰻肝の煮こごり。実においしい。銀杏も大きくてきれいだ。
P9180004
でました。焼松茸。松茸が出ることは予想していたが、今回の松茸はすごい(産地を聞いたが忘れてしまった)。香りと歯ごたえが抜群にいいのだ。まさに松茸の醍醐味。
「最近の松茸は香りが薄いな」と話していた所だったが、この松茸を焼いたときの香りはなんとウナギを焼くより香りが強かった。さきチーズのように薄く剥がれる食感も大変いい。また、岩塩がおいしい!...
P9180008
玄米ご飯にウナギの白焼きが乗り、さらにキャピアが覆い被さっている。わたしなど海のキャピアしか食べたことのないものは、キャピアをご飯に混ぜて頂くなどオドロキの連続・・・
P9180011_20220919090001
鯛の刺身をにコノワタを付けて頂く喜びは他に例えようが無い。
P9180015
そしてまた松茸。白いのは高野豆腐かと思いきや松茸だった。
このお吸い物を作っている最中も厨房からウナギよりも強い松茸の匂いがプンプンする。ちなみにわたしの五感のうち視覚、聴覚、触覚は遠に廃れたが味覚と嗅覚だけは研ぎ澄まされてきているようだ。さらに人間の五欲望のうち名誉欲、財欲、色欲は全く失せ、残る食欲、睡眠欲はかろうじて残されている。
P9180024
松茸料理第3段はpizza。これでもかと言うほど松茸が載っていて、1枚ずつ剥がして食べたほどである。
P9180027
毎度のことだが,ここまで来るともうお腹がいっぱいでメインのうな丼は食べきれない。いつものように1人前を半ドンずつにして貰い、1人前をおりに包んで貰う(もちろん若い人たちは全て平らげている)。
さて、このウナギ、もちろん川ウナギである。遠く青森県八戸市よりさらに北の〇〇川で釣ったまさに天然ウナギ。養殖ウナギには無いおいしさがある。というか、毎年冬以外は天然ウナギしか食べてないので養殖ウナギの味は忘れた・・・ あ、冬はウナギが釣れないので当然食べられないわけだが、今年の冬、海水で養殖したというウナギを食べたが、これは天然ウナギの味に大変近い。
P9180037
丸々2時間食べっぱなしでおなか一杯で動けないほどだが、中3で受験勉強をしていると思われるマゴのところに、折に入れて頂いたうな丼を届けに行く。すると「また行ったの?」と心ない言葉を浴びせられる(前回はカアサンの誕生日の8/7)。マゴの(おとうさんの)実家の近くの川で釣ったウナギを食べて勉強を頑張って貰いたい一心で持って行ったのだがもうやめた・・・

| | | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

ソーメンを好きな犬

アマティは意外と好き嫌いがあって,好きなものと嫌いなものがはっきりしている。麺類は好きな部類に入り、最初はお座りして上品に食べるが,だんだん伸び上がってほとんど立ち上がって食べるようになる。それにしても汁の付いていないソーメンを好んで食べる様は奇妙だ!...

Img_1967Img_1965Img_1966

| | | コメント (0)

手焼き:津軽路せんべい

弘前城のお堀端のせんべい屋で焼いていたこのせんべいのおいしさに取り憑かれ、北海道旅行の際はわざわざ弘前で一泊してこのおせんべいを仕入れてから北海道に向かったものである。小麦粉とマーガリンを使っているので、伝統のせんべいとは言えない。どちらかというとクッキーをせんべいのように焼いたものである。さらなる特徴はこの上質な落花生。中皮を剥がしていないのだがそれもまた渋みのあるいい味を醸す。
先日、娘のダンナが弘前に出張しこのせんべいを買ってきてくれた。やはりおいしいな!...Img_1959
ところで最近[ステルス値上げ]という言葉が躍っている。個数を少なくして値段を据え置きする手法を言う。
おいしいせんべいを食いながら「あれ?ピーナッツが少ないよな!」と感じる。そこで本ブログを「津軽路せんべい」で検索したらアレアレ本当だ!...ピーナッツがかなり少ないぞ!
ちなみに次は2011年購入の津軽路せんべい
2011_2360
たしかにピーナッツの数は少なくなっている。
でも、おいしいからいいや‼

| | | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

やっと漕ぎつけた!...

廿日までにダイコンの種を蒔かねばならないプレッシャー及び今日の昼から台風の影響が出ると言うことで,取りあえずは全て終了した。
玉ネギ用の畝は完成したし、ダイコンの種まきも終えて、キャベツとブロッコリーと大好きなスティックセニョールを植えた。
台風を考慮して支え棒も付けた。
なんとか無事に台風は通り抜けて欲しい。
Img_19612
ダイコンは53本分用意できた。午後から風雨があると言うが、一応水は蒔いてみた。いつか,台風の塩害でダイコンが全滅したことがあったが、今回はまだ芽も出てないので大丈夫だとは思うが・・・  おいしいダイコンに育ってくれ!...
Img_1963

| | | コメント (0)

2022年9月15日 (木)

秋の北海道展

相変わらず各地の物産展がデパートで催されているが、いささか飽きてきた感じがする。というより、昔ながらのお店が来なくなりお弁当屋さんだけが増えてきた感がしなくもない。まぁ、やや魅力が無くなったと言うことだ。でも、北海道展だけは今年は行くことが出来なかったからか何となく心引かれついつい覗いてしまった。ここもいつも必ず購入している大好きなチーズ屋さんが来ていなかったし、シシャモやさんもなかった。しかし、大好きな松前漬屋さんは相変わらず来ていた。年に3回会えるおじさんも元気だった。ここでは数の子の入っていないダイコン入りの松前漬けが大好き(写真左)。このコリコリ感は数の子ではとても味わえない逸品。カアサンは数の子入り(写真右)が好きなので仕方ないから両方を買う。まぁ、数の子入りも確かにうまいのだが、ダイコンには及ばないと思うな!
Img_1952
このお店のキムチ漬けも大フアンで欠かせない。
Img_1947
その他チョコレートなどを少々仕入れる。

| | | コメント (0)

2022年9月14日 (水)

松茸・栗・秋刀魚

あの暑さの中で農作業したというのに、急に秋の訪れが冷たく身に染みる。
それに合わせてスーパーにも秋の食物が並んできた。
松茸+栗ご飯はもうこれでもかと言うほどの秋そのもの。
Img_1942
秋刀魚は残念ながらお頭付ではなかったが秋の代名詞。
Img_19442
いよいよおいしい季節ですね〜

| | | コメント (0)

2022年9月13日 (火)

本当にチェロが好きなのか?

今月に入って、アマティはチェロの下に入って寝入る時が多くなってきた。
当初わたしはこの現象を見て「アマティは音楽が好きなんだ」とか毎日BACHを弾いているので「アマティはBACHが好きなんだ」と喜んでいたが、この場所は部屋のエアコンの冷風が吹き降りる場所なので、音楽が好きと言うより「一番涼しい所を知っている」という結論に達してきた。
ところが、どうやらその仮説も崩れてしまったようだ。
アマティがこの部屋でエアコンの風が一番冷やしている場所を告知しているはずなのに、9月に入るとその場所から1m程ズレたチェロの下に潜り込む様になったからだ。
そこで、本ブログの過去を振り返ってみると、例年9月になるとチェロの下に潜り込む写真が出てくる。まさか「音楽の秋」を楽しんでいるとも思えない。
1枚目の写真(2枚目も)はチェロのエンドピンがアマティの頭蓋骨に当たっている。これは音叉の軸を頭に当てていると同じ行為である。またレコードの針の部分に例えることも出来る音響的に大変重要なことである。
もしかしたらアマティはチェロの響きが好きなのかもしれない。だとするなら9月になって潜り込む理由にはならない。なお、12月に入りガスストーブを使うようになると、アマティの寝場所は1m程ズレてストーブ前に移動する。
今後まだまだ観察を続けなくてはならない。
Img_1798 Img_17922
チェロの下でリラックスするとこのようになる。
所で次の2枚の写真は大変珍しいのだ。アマティはチェロに近づくとき必ずと言っていいほど顔を右に向ける(先の2枚の写真のように)のだが、今晩はなぜか逆の左に首を向けている。これも謎の1つだ。
Img_1933 Img_1935

| | | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

農作業のランチ

昨日のランチはトンカツ。きょうは蕎麦を食いたいと思ったが月曜日はお休みの店が多い。仕方なく先週行ったばかりだが[そば半]に行って、やはり同じランチ「鴨テツランチセット」を頂いた。鴨肉は4切れ入っているのだが1切れをお留守番しているアマティのお土産に取られた。野菜もとてもおいしい。特にネギがおいしい。やはり鴨と葱って相性いいんだな!
Img_1920 Img_1922
さぁ、食べ終わったらもう一仕事ガンバロウ!...

| | | コメント (0)

今日も農作業 II

草刈りに2日、畝作りに2日かけ、本日終了した(以前はこれだけの行程を1日でやったものだが、年々長くなってきた)。
今年は特にきつかったなぁ、暑い日が多すぎた。
きょうは全てクワ仕事。腰痛のわたしにはかなりの負担。しかし、それ以上にクワを振り下ろす度に痛めている左手の親指に響く(地面に当たる直前に親指を離して衝撃を和らげた)。
昨日・今日はもう体力の限界を超えていた。かわいそうに昨日は一日中お留守番をしていたアマティの夜のお散歩は中止となった。9f13160075d8487b9c893841dbcf7e93
畑の真ん中に変な植物が植わっているがあれはレモングラス。ジャマだから撤去したいのだがいつも怒られる。1週間前に草刈り機できれいに刈り取ってしまって怒られたばかりだがもう20〜30cmも伸びている。すごい生命力。確かに水出しするとすごく香りがよくておいしいのだが。
6d4eb0accdae4d489b36000b98cbf9f1 4img_1928
今日の成果は畝4本。玉ネギ200個分+キャベツ+ブロッコリーは植えられる。楽しみだ!...
4img_1924
この後家に帰りシャワーをあびて一休みした後チェロを弾いたら、あぁ、左親指が痛い!手首も痛いぞ!... 

| | | コメント (0)

2022年9月11日 (日)

今日も農作業

月、火と2日かけてグリーンモンスターと戦いながらやっと退治し、日曜日の今日は畝作りに乗り出した。朝9時からミニ耕運機を運び出し作業に入るが、まだまだ畝は作れない。
自走式耕運機とは言えデフロックが故障しているのでなかなか大変(修理してもすぐに壊れる)。まさに力仕事なので大変な作業。Img_1911
ここまで耕したら石灰を巻いて耕運機をかけ、たい肥を混ぜてさらに耕運機をかけ、そして最後は手作業でクワを使って畝を作る。
その後はマルチを掛けて仕上がり。
このマルチのかかった畝に30本ずつ、合計90本のダイコンが育つ予定。ただただ新鮮なダイコンをおいしくいただく為にこれまでの作業がある。
Img_1916
途中でお昼になってしまい、近くの「うんののトンカツ」で腹ごしらえをして(日曜日で激混みだったが)、再び畑仕事。Img_1910
おいしいトンカツを食べ午後も頑張ったもののなかなかはかどらず、16時になってもう体力に余裕がなくなり断念。明日に回すことにする。

| | | コメント (0)

2022年9月 9日 (金)

滝壺遊び

今回はヒト4人ワンコ3人で滝壺遊びに行ってきました。特にウォータードッグと言われるラブラドール2人は今日一番の主役。面白くて楽しくて目が離せません。陸上でボールの取りっこして駆け回るこの2人、水中では木の枝を取りっこして泳ぎ回っています。
Dsc09497
大概の場合、黒ラブのハクはアマティ兄ちゃんに遠慮して獲物を差し出します。ハクのさみしそうな目、アマの自慢げな顔を見てやって下さい。でも、この上下関係もそう長くないうちに逆転するでしょう・・・
Dsc09612
別々に獲物を持っているときでも、やはり大きく長い獲物の方がいいらしい。
Dsc08839
仲良しに見えますがこれ、奪い合い。でも、2人は本当は仲良しなんですよ・・・
Dsc09197 
さて、ここから岸に登るのは無理でしょう・・・ 特にそんなもの引っ張り合っていたらね!...
Dsc08882

| | | コメント (0)

スルガジョウロウホトトギス

昨年は10日に見に行って満開で喜んだものですが、今年は少しズレたなぁ!... 大好きな花なんだけどなぁ!Dsc08409
Dsc08396 Dsc08402
S__40550426 S__40550422
最後の写真、下にいるのはカアサンですが、実はわたしも上の方に写っています。けっこう怖かった!...

| | | コメント (0)

2022年9月 6日 (火)

Before and After, and After That

たったこれだけの草を刈るのに2日かかりました。昨年までは2日かからず1日であげていたのですが、体力ってどうしようもなく落ちていくんですね...
でも、新兵器:金属製の熊手で刈草を集めるには楽が出来ました。わたしの横に高く横たわっているのが、昨日と本日の成果です。なかなかの強者共でした。左手には大きなクマデ、右手には草刈り機用のメッシュプロテクター。
わたしはこの後撃沈、もうダメダ・・・
タイトルはちょっとオシャレにしてみました。[一昨日、昨日、今日]の成果です。

Img_18612

3日前のグリーンモンスター
Img_1830_20220906160901
それがこうなって(2日前)
Img_1851_20220906160801
やっと土が見えてきました。(今日)
Img_1865
Img_1866
これでやっと耕運機がかけられます。
2日間、酷暑の中やっとここまで来ました。9/20までにダイコンの種を蒔くので、まだまだ暑さとの戦いです。

| | | コメント (0)

2022年9月 5日 (月)

before → after

畑の草刈りに張り切って出かけたのですが、余りにもいいお天気で体力・気力が伴いませんでした。
Img_1826 Img_1851
欲張って2面も借りているので、収穫時期は楽しくてしょうがないけど今の時期はツラくてしょうがない。
最後の写真、ナスだけまだ秋なすが出来るので残しています。
Img_1823 Img_1853
午前中の暑い中、2時間半で中途放棄。まだしっかり枯れてないし、片付けもしていないので明日も続投止む無し!...
この後、家に帰ってそのままお昼寝2時間半(ちょうど農作業と同じ時間熟睡してしまった)。

| | | コメント (0)

2022年9月 4日 (日)

にっき餅

肉桂餅という境の和菓子を頂いた。箱の外にも強烈なニッキの匂いを醸す見事な和菓子。餡を求肥で包んであるが全体からニッキの香りを発する。
子どもの頃、お祭りの屋台で買って貰ったニッキの根。机の引き出しに隠してあったアレを大事に大事になめ回していたのを思い出してしまった(香りって思い出にもなるんだね)。
Img_1844_20220905185501

| | | コメント (0)

そば半の[鴨テツハーフ]

お昼はそば半のメカブ蕎麦を食べにいったら鴨肉の鉄板焼きハーフがあったので注文した。鴨も野菜もとてもおいしい。

Img_1840
メカブもたっぷりあっておいしいのだが、お腹が苦しい。
若い頃がうらやましいな!
Img_1836

| | | コメント (0)

自然農法 その2

やっと雨があがって数日経つので、畑の様子を見に行ってきた。「あぁ、どうすればいいんだ!?」足の踏み場も無いジャングルと化していた。
地面が乾いてきたので、明日こそは草刈り機を入れねばならない。それにしても大変なことだ。一日でできるだろうか?... 
いや、やらねばなるまい!...
Img_1830 Img_1827 Img_1835
[その2]にたいした意味は無い。「その後」とした方がわかりやすいかもしれない。とにかく植え付けた後は肥料や追肥や草刈りや、何もせずにそのままほったらかしておいただけの農法となってしまったからだ。その大きな理由の1つは長雨続きで畑に入ることが出来なかったこと。もう一つは命に危険な暑い日が続き、気象庁からは「外出を控えるように」との要請を忠実に守ったからである・・・
そういう意味では[その2]、[その後]より[その顛末]の方がいいかもしれない。

| | | コメント (0)

ウルメイワシ

先日、大好物のウルメイワシを頂いた。冷凍なのでチビリチビリと頂いている。わたしの母が高知出身で、毎年ウルメイワシが入ると送られてきたから、わたしは子どもの頃から馴染みのある干物である。父もこれが大好きで酒を飲みながら七輪で焼いて食べていたのを思い出す...
冷凍のウルメイワシは昔のカリカリに干されたものと違ってワタがしっとりして味も香りも最高。懐かしながら少しずつ頂いている。Img_1817

| | | コメント (0)

2022年9月 3日 (土)

ちょっと自信を持った安部城址探花

この一年、変形性関節炎、座骨神経痛、原因不明の目眩などに悩まされ、まともな山歩きが出来ていない。
なんとかせねばとサプリメントや温灸や針治療や整体など藁をも掴む気持ちで過ごしてきたが、ここのところちょっと希望が持ててきた。
そんな時の今日は朝から秋晴れのすばらしいお天気。ついつい浮かれて安部城址にチャボホトトギスを見に行くことになった。
久住谷川から山頂直登ルートで登り70分(下り40分)。急登続きのハードなコースを無事登り詰め山頂。アマティと妻は20分位先に着いていた模様(アマティは何度かわたしの様子を見にきてくれた)。富士山は見えなかったものの静岡市が見事に見えていた(写真には写っていないが清水区、葵区の北部も見事)。伊豆半島が先っぽまで(波勝山?)はっきり分かるいいお天気でした。おそらくこの中に自宅も写っているはずなんだけどな・・・
Dsc08387
さてチャボホトトギスだが、こちらはまだツボミはこんなモノ。
まだ10日は先だろうな・・・
Dsc08388 Dsc08391

| | | コメント (2)

手作りピレーネ

倉敷に住む卒業生が「わたしがつくりました」と言ってピレーネを送ってくれた。それがものすごく甘くおいしい。素人の作った果実ではない。
もう還暦を過ぎたのではないかと思われるが、未だにチェロを弾きコンサートのチラシも送ってくれた。チェロを頑張ってくれてるのはうれしいが、このような農作業に励んでくれているのはもっとうれしい。
Img_1808
ブドウでは余り見たことが無い双子ブドウを見付けた。口に入れたら口いっぱいになりほっぺまで膨れた。
Img_1814

| | | コメント (0)

2022年9月 2日 (金)

ヤマボシ水産のお惣菜

きょうは台風天気で漁は無いかな?と思いながら寄ってみたらおいしそうなものがいっぱいあった。鰺のさしみ、鯛のさしみ、アワビの酒蒸し、富士宮産の卵焼き。 ふ〜、腹いっぱいだ・・・
Img_1805

| | | コメント (0)

イチジクうどん

うどんや元気に行ったら「イチジクすだちうどん」がまだあったので、いただいてきた。酢橘もおいしいが無花果がとても甘くておいしい。Img_1783 
今朝入荷したという昆布森の生牡蠣[千寿牡蠣]。小さいなぁと思ったけど一口では喰えないほどボリュームがあった。
Img_1780n御生牡蠣

| | | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

やせてもサンマ

近所のスーパーで買ってきたサンマ。かなり痩せているけど味はサンマだ!... 秋だなぁ!Img_1778

| | | コメント (0)

« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »