« 護国神社の御霊祭 | トップページ | 久しぶりの谷津山 »

2022年8月16日 (火)

冷感ベストの実力

この時期のイヌ連れ山行は暑さ対策に大変気を使います。登山道に沢がない場合は飲み水は2リットル用意します。(アマティが若い頃は自分のザックに1リットル持たせたのですが、いまではかわいそうなのでわたし達が担ぎます)
そして、写真のベストを着せます。このベストはRUFFWEARのスワンプクーラーと言って水を含ませてから絞ったものを着せ、気化熱で体温を下げるというものです。ところがその性能を未だ確認していなかったので昨日測定してきました。
日時は昨日の11時半。場所は竜爪山の穂積神社(750m)。
昨日の自宅(20m)の温度が35度。標高差730m程ありますからここでは30度位でしょう。
Ruffweardsc04387
山から帰ってきてクルマに乗る前に測定してみました。
342img_1640_20220816161801242img_1653_20220816161801212img_1655_20220816161801
まず1枚目はフードも無い裸(毛皮)の頭皮の部分。34.2度とあります。
2枚目は濡れているベストの上。24.2度と驚きの結果。
3枚目はベストをめくった背中の部分。なんと21.2度。
これなら確かに効果がありますね。元気に歩くことができました。
しかし、これまでの経験だと炎天下で2時間歩くとこのベストはすっかり乾いてしまい、かえって暖房着のようになってしまいます。したがって本格的な登山では少しずつ水分をベストに補給し蒸発させながら歩かねばなりません。

| |

« 護国神社の御霊祭 | トップページ | 久しぶりの谷津山 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 護国神社の御霊祭 | トップページ | 久しぶりの谷津山 »