« イチジクすだちうどん | トップページ | 台風天気 »

2022年8月11日 (木)

靴の中敷きは消耗品

町から山まで全てをまかなっている靴はここ数年これしか無い。ほぼ1年に一足履きつぶす勘定で、今回も真新しいこのスニーカーを用意した。1年経つとヴィブラムソールがすり切れてしまうから替え時である。
さて、全く同じ靴なのに新しい靴を履くととてもクッションがよく歩きやすいことに今さらながら驚いた。そういえば古い靴も「最初は快適な履き心地だったがじきにその快感が失せてしまったなぁ」と気付いた。そうだったんだ、中敷きは[消耗品]であると言うことに78年間気付かなかったのだ。履き心地が悪くなったら即座に中敷きを買い換えないといけない。
Img_1269
さて、わたしの足はバンビロで偏平足。この靴はwide幅で古い日本人対応をしているが、付属の中敷きは偏平足対応は不十分である。そこでアーチの大きい中敷きを探したらこれが見つかった。
Img_1500
これだけのアーチを持つ中敷きはわたしは初めて見た。
Img_1498
最初に履いたときにはさすがに違和感を覚えたが慣れてくるとこれがかなり快感。アーチをプラスチックで形成しているようなので、劣化も少なかろう。すでに、町でも山でも舗装路でもダートでもチェックしているが極めて案配がいい。問題は耐久性だがこれなら1年間は優に持ってくれそうである。

| |

« イチジクすだちうどん | トップページ | 台風天気 »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチジクすだちうどん | トップページ | 台風天気 »