« マルチリンガル | トップページ | ♪牧場の朝♫ »

2022年7月30日 (土)

無責任避暑旅行記

自分のことを「お前はいい加減なヤツだなぁ」と思うことはよくあるが、今回は特にそれが顕著に出た避暑旅行だった。
余りの暑さに「山葵田の別荘に行こう」と前夜に決め7/30の朝からチェロや荷物を積み込み出発。新東名の掛川を過ぎた頃ふと「今頃は毎年南志賀の別荘に行っていたなぁ」と思い出したら、あの寒いような涼しさと一面にヤナギランが咲く光景を思い出し(コロナ禍で遠征自粛を忠実に実現していてすっかり忘れていた)、「まてよ、避暑なら志賀高原だなぁ」と言うことになり、急遽新東名下り線を降りて上り線に乗り換える。暑い中とにかく自宅に戻ってチェロをおろし、キャンプ道具を積み込み、お稽古をキャンセルして水曜日までの日程を確保し、再び新東名・中部横断路・中央高速・長野道を乗り継ぎ、17時少し過ぎに南志賀のいつものキャンプ地に到着。すでに管理人は帰った後だが勝手知ったるキャンプ場の一番高いところに陣取って大急ぎでスクリーンテントを設置。これがこの別荘地のわたし達の生活区で(写真)寝るのは横に駐車しているクルマの中(車中泊)。
さてさて、慌てて再出発したおかげでキャンプ道具1箱を積み忘れ、ヤカンもナベも包丁もまな板も皿も箸も持ってきてないことに途中で気付く。これでは全く飯が食えないので、途中でナベとヤカンなど最低限なものを購入し、食いつなぐことができた。
着いたのが土曜日とあって珍しくアチコチにテントが張ってあったが、日曜日以降はわたし達を含めて2張りのみ。実に静かな美しいキャンプ場である(アマティも離しっぱなし)。気温は敷地内ではずっと22度代。日なたに出ると28度位でさすがに暑い。日が暮れると寝てしまうので夜や明け方が何度かは解らないが、真冬の羽毛布団がちょうどいい。
Img_1506_20220803151601
翌日、管理人が来たので「昨夜入りました」と自己申告し3泊の契約を済ます(なぜ4泊にしなかったのかは未だに不明)。
近場のヤナギランとカリガネソウとエゾアジサイを見に軽登山したり、麓の売店に降りキノコを買ったり、河原に湧き出ている温泉に入ったりゆったり過ごす。
次の日は熊ノ湯方面ドライブ(毎年恒例だが)、ヤナギランの大群生地を散策したり、万座温泉日進舘でお昼を食べたり温泉に入ったり。この温泉宿は50年前に初めてスキーを習った場所で当時は毎週のように通った大変懐かしい宿。土砂崩れで当時の温泉は埋まってしまったがあの頃と全く同じ泉質のとてもよい温泉がうれしい。
さて、4日目の朝、寒い程涼しい思いもしたし、見たい花も見れたし、すばらしい温泉にも入れたし、「もう帰ろうか?」と言うことになったがその時入っていた気象情報を見て驚いた。
Img_1574
「エッ、ヤバいじゃん」[危険]と通り越して[極めて危険]とはどういうこと? これはまずい。「さらに連泊しよう」と延長を申し入れに行こうとしたら由比の井筒屋さんから友達経由で「とてもいいアジが入荷」という情報が流れ込んできた。「ヒェ〜どうしよう」とは思ったものの「鰺鮨喰うためにこの快適な生活を放棄するのもバカだよな〜」と断った。しかし、こういう山の中の生活をしていると、おいしい魚が喰いたくなるものである。特に由比の倉沢鰺の寿司は絶品なのだ。お店が薦めるほどのいい鰺の入荷なんてそうざらにあることではない。そこで大決心をしてテントをたたむ作業を開始。用意でき次第出発し、アチコチに躓きながら井筒屋開店時間(17時)ピッタリに到着して鰺鮨を堪能。これを喰ったら「帰ってよかったよ」とうめき声が出るほどおいしい寿司だった。
まぁ、この旅行もそんなわけで大満足な結果に終わったものの、思い出してみるとなんとまぁ「計画性の無いいい加減な性格になってしまったなぁ〜」と自分を嘆くのであるが、これも余命何年かの特権やもしれぬとニヤニヤするのである。
2日から3日と静岡で過ごしているがウワサ通りのすごい熱さ。一番迷惑しているのは毛皮を着たアマティである。

| |

« マルチリンガル | トップページ | ♪牧場の朝♫ »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルチリンガル | トップページ | ♪牧場の朝♫ »