« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

ヤマボシ水産のお惣菜

富士からの帰り、由比駅の裏側にあるお惣菜屋さん「ヤマボシ水産」に寄って晩の馳走を買ってきた。
牡蠣ご飯がおいしそうに見えたので即購入。
P2280004
この店のおなじみの刺身の盛り合わせ。
P2280006_20220228185501
これはアワビの酒蒸し。柔らかくておいしい。
P2280009
ひっきりなしに客が寄ってくる有名店。

| | | コメント (0)

セリ蕎麦⑤

セリ蕎麦が大好きなので、食べさせてくれるおそば屋さんを探しています。セリ蕎麦自体はわたしは富士宮の喜八(すでに店じまい)で食べるまで存在を知りませんでした。富士山の湧き水を使った富士・富士宮のソウルフードのイメージを持っていましたが静岡市内にも3軒確認しています。
今日は富士市の[玄庵]に行ってきました。このお店のセリは今まで食べた中で一番食べやすく量も一番多かった。
20220228-113845
天ぷらも量が多く、食べきれないほどでした。
20220228-113926

| | | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

 極上刺身コンニャク

刺身コンニャクが大好きなので、田舎道を移動中[生コンニャク]があると飛びつく。芦川の「みやがわ」は黒岳に行く度に買って帰るお気に入りのこんにゃく屋。
昨日、近所を通りかかったので寄り道して買って帰った。そしたらものすごくオイシイ。いつもは黒岳に登る初夏なのだが、今回は真冬なので季節的なことなのか?こんなにおいしいこんにゃくはビックリ!どうやら今が旬なのではないか?
店ののぼり旗に「日本一おいしい」と書いてあったが確かに日本一おいしい。
20220227-080511

| | | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

ワカサギ定食

きょうはお弁当を持ってきていたので、精進湖湖畔で富士山を見ながら食べようとしていた。そんな時に目に入ってしまったのが[わかさぎ]と書かれたのれん。「わぁ、喰いてえ〜」
お弁当は夕飯に回してワカサギのフライ定食を食べることになった。小さいワカサギだがこんなにあったら満足。ワカサギの佃煮もなかなかおいしかった。
20220226-133626 20220226-133704

| | | コメント (0)

今年最後の雪遊びかな?

精進湖湖畔の日陰にはまだ雪が残っていました。アマティは大喜びで走ったり寝転んだり・・・
Dsc03485 Dsc03361 Dsc03221

| | | コメント (0)

今日の富士山

精進湖湖畔からの富士山。日陰には雪が残っているが氷は溶けてしまった。富士山の手前の山が大室山(伊東にも大室山がある)。まだかなり雪が残っているように見える。
Dsc03190

| | | コメント (0)

古宿のセツブンソウ

周りにはまだ雪が残っていたがセツブンソウはたくさん咲いていました。
Dsc03162
P2260018P2260030

| | | コメント (0)

里山で遊ぶ

落ち葉の吹きだまりはアマティの格好の遊び場です。
Dsc03003_20220226190001 Dsc03011 Dsc03117 Dsc02990

| | | コメント (0)

まだ寝ていた里山のミスミソウ

宮原の里山まで中部横断道が完成したので、1時間ほどで着いてしまった。今年のミスミソウは寒くて遅れているとはいえ(静岡のミスミソウは1/31には驚くほど咲いていた)、もう咲いているだろうと思って出かけたのだが「春の女神たちはネボスケ」なのを忘れていた。
たくさん花芽が上がっているのだがまだほとんどが開いていない。このようなとき、わたしたちは一旦山頂に登ってお昼を食べて時間を潰し、女神が目を覚ますのを待つのだが「家から1時間で来れるならまた来ればいいや!」と言うことで次の目的地に向かう。
P2260003

| | | コメント (0)

2022年2月25日 (金)

元気が出る[なべやきうどん]

蔓延防止法期間中は週休3日となり、なかなか喰うことが出来なかった牡蠣の鍋焼きうどん。大変オイシイのだが、季節料理で2月末で終わりだという。今日は最近世話になっている娘を連れて電話で確認してから行ってきた。4匹入っている(内2匹は天ぷら)牡蠣が最高においしい。
なお、このうどんにはライスが付いている。わたしたちは断ったが娘はライスも注文。うどん汁にライスを入れたら最高のご馳走だったが、さすがに食い過ぎ!...
20220225-123300
この店のゴボウの天ぷらは驚くほどオイシイ。
20220225-122856
そろそろ終わりだというレンコンの天ぷらも最高。
20220225-123541

| | | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

爪の悩み

左手人差し指の爪が長すぎて弾けない。たぶん人によって指の太さや長さが違うから一概には言えないが、ボクの場合は人差し指の爪が長すぎて困ることがよくある。だから普段から人差し指(写真の右側)は深爪するように気をつけているのだが、これだけ切っても爪が直接弦に触ってしまうことがある。しかし、これ以上短くすると出血し、過去には (ひょうそう)になったこともある。その になるかならないかの境でやめなければならないのは結構難しいがここを上手にやらないとBACHの6番のプレリュードが弾けない。
20220101-174435 P1040012

| | | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

チェロが好きなイヌ

わたしがチェロを弾いているといつの間にかチェロの下に来てゆったりしている姿を何度もアップしてきた。
しかし、チェロの音が好きなわけではなく、どうやら上から吹き出しているエアコンの風を求めて来ているんではないかとの結論に達している。
たしかにエアコンを使わないシーズンに入るとめっきり側に来なくなったからこの説は頷けるものである。
が、冬になると再びチェロの下に潜る機会が多くなってきた。
わたしはエアコンの暖房は好きではないのでガスストーブを使っているのだが、ガスストーブの吹き出し口が下に着いているので、この場所がアマティにとっては大変居心地がいいのである。
ただそれだけかと思うとちょっとガッカリだが、側にいてくれるだけでウレシイ!...
Dsc03599Dsc03602

| | | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

河津桜に異変が?…

河津桜の開花が遅れていますねぇ! 本場河津の河津桜も下田青野川の南の桜も2週間以上遅れているようですが、静岡の河津桜も軒並み遅れています。
写真は静岡市美和に咲く河津桜(美和桜)並木で最も開花が早い木です。全体には1〜2分咲き。ちなみに新間川の河津桜はほころびた程度で1分咲きともいえません。
Dsc02940 Gdsc02929
Dsc02922_20220220163201Dsc02935_20220220163301

21日読売新聞朝刊の伊豆版からこのような記事をいただきました。
Photo_20220221144002
毎年今頃河津桜を見に行ってたのですが今年はやはり異常ですね。

| | | コメント (0)

2022年2月19日 (土)

スマホの格安SIM

スマホの通信料金は年金生活者にはかなりの負担となる。わたしはその当時から格安スマホを利用していたが、最近さらに格安のスマホ契約が現れ、うれしい価格競争が起こっている。
そんな時に目にしたのがこのプランである。docomoのキャリアを用いて6G+70分通話が含まれて1390円。さっそくこちらへの乗り換え作業に踏み出した。
手続きは超難解。pcのディスプレイで取説を見ながら1つ1つ処理し、娘に助けてもらいながらの難作業。
Sim


あらかじめ申し込んでおいたシムをiphoneにセットするも老眼のわたしたちには大変厳しい。
P2190002P2190004
なんとか無事にクリアできたが、これだけは安いからと言って安易に友人に進めるわけにはいかない。格安スマホは老人向けにはできていないからだ!

| | | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

玉ねぎとキャベツ

玉ねぎの水やりをしてきました。手前の成長がいいのは極早稲種(約100本)。まだ玉は小さくて上がってこないけど、3月末には新玉ねぎが食べられると思います。ゴクワセ100本ワセ種300本。4月中に全部抜いてその跡地は夏野菜の準備に入ります。
2枚目の写真は、今回初めて春キャベツに挑戦してみます。いままでの秋キャベツはそろそろ食い尽くしてしまいます。だからうまく春キャベツが育つといいな!
20220218-112404 20220218-112432

| | | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

調弦がタイヘン!

左手の親指の第3関節を痛めていて親指を用いた奏法に苦労しているが、それだけではなく調弦にも手を焼いている。
ペグ(糸巻き)を回したくても力が入らないから、五度音程で調弦するのは不可能となってしまった。仕方ないから弓を置いて右手で回すしかない。
今、ナイロン弦に凝っているのだが、弦が伸びるので大変な思いをしている。
写真1枚目は見えていないが親指を反対側に回しペグを食い込ませながら回している。2枚目は小指を反対側に回しているのが見えるが、親指に力が入らないのでペグを食い込ませながら回すことができないからピッチが合ったところでピタリと止めることができないで緩んでしまう。
Dsc02903 Dsc02916
ここからは60年も前に遡るが、カザルスが来日した際(確か85歳だったか)、公開レッスンでカザルスがバッハを弾く場面を目にした。
カザルスが五度を弾くと平井丈一朗が後ろに回ってペグを回し調弦する姿を見て驚いたものだった。
わたしの場合はまだ85歳には達していないがそれでもだれも調弦してくれる人はいないので自分でやるしかない。

そんなことを思い出していたら、50年前にいまのチェロをベルリンで買った時にマイスターが勧めてくれたウイットナーのペグを思い出した。
Photo_20220217191701
ギアを内蔵したギアペグである。これを用いると簡単に調弦ができアジャスターがいらないらしい。そんな優れものだったが、当時は不便な思いがなかったので黒檀のペグにしてもらった記憶がある。いま、それを探していたらなんと現在も健在であることがわかった。あれから50年も経っているのだからおそらく市民権を得ているのだろう。
ただ、わたしは年に1〜2回は弦を交換するのだが、その度に大変な思いをしなければならない(アダプターがあるらしいが)のと取り付けに調整が必要である。

| | | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

セリ蕎麦④

静岡市/籠上の[手打ち蕎麦 こなや に行ったらなんと「セリ蕎麦」がメニューに登っていた。夏のメニュー「ミョウガ蕎麦」が大のお気に入りだが、このお店は季節によってメニューが変わる。それを知らずに行って、今一番凝っているセリそばに巡り合えたのは大変ラッキーだった。
軽く湯掻いたセリはしっとりして香りも良く大変美味しい。しかも根がついていてこれが歯ごたえがあってまたうまい!
20220213-115218 
きょうは冷たい日だったので1人分は暖かいセリ蕎麦にした。これも大変美味しかったらしい。ここにもセリの根が入っていた。20220213-115301
天ぷらは小盛りだが海老が2匹入っているので、分けやすい。ちょっと衣が多いのが気になるが•••20220213-115313

| | | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

セリ蕎麦③

昨日は富士宮までセリ蕎麦を食べに行ったのに食べることができなかった。あきらめて家に帰る途中ちょっと寄り道して「富士山やさいセンター」によったらなんとセリを売っていたので即買い。
今日のお昼はおうちセリ蕎麦。写真の右側は茹でたセリ、左側は生のセリ(根は付いていなかった)。同時に2種類の競りが食える豪華版だ!
味はどちらも大変美味しい。生はパリパリして歯ごたえがあり茹ではしっとりして馴染む。どちらもアクもエグ味もなく本物の味だ。子どもの頃セリを食べさせられた時は苦いし臭いしで嫌いだったが、いまセリを食べるとかすかな苦さも香りも美味しく感ずる。なかなかセリを売っている店がないが、次回は是非根付きのセリを探したい。
P2120003

| | | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

セリ蕎麦を求めて•••

Google検索でやっと見つけたセリ蕎麦を食べさせるお店。3軒ヒットしたその3軒目は富士宮の[古庵]でした。
勇んで出かけたのですが残念!「セリ農家が高齢のためやめてしまった」とのこと! 最近、美味しいものが次々生産者の高齢化が原因で食べられなくなる。
セリ蕎麦の替わりのメニューが写真の「ナスおろし」。大きなナス1本使ったとてもおいしい蕎麦だったが、年寄りには味が濃すぎる。
あぁ、セリ蕎麦が食べたかったなぁ!
Dsc02898_20220211180701
近年珍しく川海老があった。これ大好き!
Dsc02900

| | | コメント (0)

素敵な富士山

関東地方に大雪が降ったようなので、富士宮の蕎麦屋さんを第一目的にしながらも富士山の勇姿を楽しみに出かけた。
今日は休日で子ども連れがたくさん出ているので、R139を山梨県に入り途中でクルマをデポして深雪の逢坂林道に踏み入る。
Dsc02712
先週の雪遊びはお友達がいたが、今回はアマティ1人なのでやはりサミシそうだ!
Dsc02877 Gdsc02672 Dsc02663
Dsc02749_20220211173801 Dsc02636
でも、全身で楽しんだみたいだよ!

| | | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

セリ蕎麦②

閉店してしまった富士宮/喜八のセリ蕎麦が忘れられなくて「セリ蕎麦」で検索してみたら静岡県で3軒(静岡市で2軒)ヒットした。
1つは静岡市丸子の「庵 ひをり」 。
今日は静岡市鷹匠の「手打ちそば 吉野」
生きのいいセリざるが出てきたので早速頬張るとセリの香りと蕎麦の香りが口の中に広がる。なんと思いもしなかったがこのセリは茹でていない生のセリだった。歯ごたえがパリッパリですごい!さらにさらに驚いたのはセリの上に乗っているのは目の悪い私は蕎麦の天ぷらかと思っていたのだが、なんとセリの根っこだった。これがさらにパリパリ感を増す見事な調理。
セリの生は通常エグミとアクで生で食べても美味しくないのだが、これには驚いた!
20220209-120522_20220209184801
天ぷらもカラッと揚がっていて美味しかった。
20220209-120016

| | | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

馬鈴薯

じゃがいもを植えてきました。じゃがバターが楽しみ!
2枚目は11月6日に植えた玉ねぎ(早稲と極早稲)。来月には新玉ねぎが食べられるかな!
20220207-132649_20220207191501 20220207-130915_20220207191302

| | | コメント (0)

2022年2月 6日 (日)

新雪・深雪

いつもは一人で遊ぶアマティですが、きょうはお友達のハク(1歳)が駆けつけてくれました。やはりお友達と一緒なのは嬉しいですねぇ!楽しいですねぇ!少年に戻ってはしゃぎ回っていました。

Dsc00569 Dsc00623_20220206195501 Dsc01461 Dsc01986 Dsc01543 Dsc00996 Dsc00684

| | | コメント (0)

セツブンソウ

朝、岐阜にかなりの降雪があった旨のニュースがあった。
しめた、[茶臼山は雪だ]と察し、今日は日帰りで出かけることになった。
途中節分草群落地に寄ったら見事に開いていた。残念ながら雪はほとんどなかったが1枚だけ撮れた。
Dsc00495
Dsc00499

Dsc00480 Dsc00470_20220206194301

| | | コメント (0)

2022年2月 5日 (土)

コストコ 買い物

コストコはかなり昔からの会員だが、浜松は滅多に行くことがない。しかし、食品が切れてしまったので、距離的には一番近い浜松店に行ってみた。ここのメリットはガソリン・軽油が安い。静岡市の一般のスタンドよりも30円/リットルくらい安い。

切れてもっとも困っているのは大好きなフェレロ ロシェ のチョコレート。わたしは大好きなのだがアマティはこれが大嫌いで、コーヒータイムにこれを出すと慌てて部屋から出ていく。以前、これをわたしの目の位置に持っていきアマティを驚かしてからは決して近寄らなくなってしまった。
Dsc00461
この韓国海苔は一度食べたら忘れられない逸品。
Dsc00459
チーズが大好きなわたしはコストコが欠かせない。
Dsc00464
キムチとカクテキは今回初めて買ってみたのだが、ちょっとつまみ食いをしたらなかなか美味しかった。
Dsc00466
他にもいっぱい買い物をしたが書き切れない。
レジのお姉さんに「毎月これだけのお買い物をするならコストコのカードを作った方がいいですよ」と言われてしまった。あそこにはいつ、いくら買い物をしたかのデータがすぐに出てくるようだ。 帰りにはもちろん軽油を満タンにして帰ってきた。

| | | コメント (0)

2022年2月 4日 (金)

関節の不安

左膝と左股関節を痛めて3週間ほど経つだろうか、雪のシーズンを棒に振って久しい。
わたしは骨密度は異常に高いものの、頚椎も腰椎も狭窄症が進み棘もできている。
それだけならまだしも左親指第三関節にも同じ症状が現れ、チェロを弾くのに大変な支障を起こしている。
更に膝と股関節の故障ときたから泣き面に蜂状態だ。
そんなわけでしばらく安静を保ち散歩も控えていたのだが痛みは一向に減衰しない。もしかしたら膝に水でも溜まっているのではと思い整形外科を訪れた。
Img_20220204_0001
しかし、案の定水ではなく、ヒアルロン酸欠損と棘の痛みであることがわかった。
持病だからこいつと仲良く付き合っていくしかないのだが、山を歩けなくなるのが辛いな!
これから生活が大きく変わるのだろうか•••

| | | コメント (0)

琵琶湖のワカサギ

わかさぎをたくさんいただいた。丸々太っていてとても美味しい。
何十年か前、寒い想いをして釣りに行ったことを思い出しながら頂いた。季節の食べ物はいいなぁ!
P2040004

| | | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

セリ蕎麦①

富士宮「喜八」のセリ蕎麦が食べられなくなって寂しい想いをしていたが、静岡市丸子の「庵 ひをり」で食べられることを知って早速出かけてきた。以前来たことのあるお店だったがその時はセリそばを食べていなかったのだ。
裏山がそのままお庭になった素晴らしい環境(まだ春の気配はなかったが)の元、美しい緑のセリを乗せた十割蕎麦が運ばれてきた。セリはエグミもアクもなく香りが良く十割蕎麦ととてもよく合っている。
ただ、今までお気に入りの喜八のセリ蕎麦の印象があまりにも強く茎の舌触りが気になった。もしかしたら季節的なものかもしれないし、キザミが荒いのかもしれない。
しかし、貴重なセリ蕎麦を食べさせるお店とあって嬉しい限りである。
20220203-123748_2022020315080120220203-123712

| | | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »