« ヤマビル増殖中 | トップページ | 横浜のシュウマイ弁当 »

2021年9月 6日 (月)

吊り橋犬

なんということでしょう、この吊り橋を振り返りもせずサッサとわたりきったワンコがいます。こんなイヌいないですよ!大概は途中でしゃがみ込んで動けなくなるか、せいぜいリードにつながれてコワゴワ渡り切れればいい方です。かなり吊り橋になれたイヌでもネコの様に体勢を低くして恐る恐る渡るでしょう。
この吊り橋はヒト1人限定の人数制限があるので、順番と先に渡って写真を撮る班を検討中にさっさと先にわたってしまった子がいたのです。だから慌ててカメラを出してもスタコラ歩く後ろ姿しか写っていません。この子がわがアマティなのです。
さて、この後の驚くべきアマティの行動がすばらしい。
この日は若いチョコ丸(1才ラブ)と一緒でした。チョコにとっては初めての吊り橋。わたしもどうなることやら心配していましたがこの吊り橋を渡らないと目的地に行けないので28kg担ぐ覚悟が必要になると恐れていました。
案の定ママのリードにつながれたチョコは吊り橋が揺れ出したとたんに座り込んで動かなくなってしまいました。

それを見ていたアマティは吊り橋を渡りきると左側からダム内に入りぐるりと回り込んでチョコの側に駆け寄り「こっちから行こう」と誘いに来たのです。これにはビックリしました。なぜビックリしたのかというと、①アマティは毎回この吊り橋を渡っているのでこんなエスケープルートは知るよしもなかった。 ②先代犬"Hana"や"P多"が使ったエスケープルートは吊り橋の先を左ではなく右手側のルートを取っていたからである。ちなみに"Hana"や"P多"が取ったルートはヒトには不可能な岩場セクションだがアマティたちが取ったルートはわたしでも歩けた。
おかげでわたし達はちょうど見頃のシラヒゲソウに会えることが出来た。

20210906-102113

| |

« ヤマビル増殖中 | トップページ | 横浜のシュウマイ弁当 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

そうだったんですか!いつものルート、といった体で迎えに来てくれましたからびっくりしてます^^
さすがアマティ兄ちゃんです。

投稿: 渡辺です。 | 2021年9月 7日 (火) 14:39

そうなんです。ボクもビックリしているんです。
イヌの能力ってすごいですね・・・

投稿: yopi | 2021年9月 8日 (水) 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマビル増殖中 | トップページ | 横浜のシュウマイ弁当 »