« 朝のお散歩 | トップページ | 竜爪山のオオキツネノカミソリ »

2021年8月 2日 (月)

毎日渓流遊び

今回の避暑は当然アマティにとっても楽しかったはずだが、宇連川をはじめとして全ての支流も別峰の渓流も増水や放流の影響で、気楽に「水遊び」などと言える状態ではなかった。アマティも川を見れば増水や激流の怖さを理解しているので、流れの強いところは極力避けている様子がうかがえる。(以前ならこんな激流ならなんともなかったことが9歳を過ぎると昔の体力はない。このレポートの最後はついに頑張り切れずに激流に流される場面もあった。
まずは小屋の近くの増水した宇連川本流。
Dsc04944
激流からやっと島に辿り着いてホッとしているアマティ。
Dsc04975
ここからは偶然見つけた茶臼山の北側の渓流。かなり増水しているようだが流れはまぁ穏やかなのでみていて気持ちいい。
Dsc05271_20210803091201 Dsc05293 Dsc05319
なんともいえない表情をするので、これだから川遊びはやめられない。
Dsc05534 Dsc05434
味があるねぇ!…
Dsc05617 Dsc05650_20210803091201
ここからは作手に行った帰りの偶然見つけた水場。
かなりの激流となっているが、このくらいならアマティは”屁”とも思わない。
Dsc05764 Dsc05752 Dsc05822 Dsc06150
ここはお馴染みの名号の沢なのだが、増水のため全く景色を異としている。いつもなら左の大岩が全て地上に出ているのだから。
実はこの画面はすでに激流に晒され必死に押し流されまいともがきながら全力で泳いでいるところである。岸に向かえば全身が流れに洗われるのでがむしゃらに流れに向かって泳ぎ、あわよくば岸辺に舵を切ろうとするのだが、今のアマティには流れが急すぎる。
このあとアマティは力尽きて(そんな姿は大変珍しいのだが)流されてしまうのだが、この大岩に邪魔されて撮影できていないが下流でなんとか岸にたどり着いている。その後は疲れ切ったのか勝手にさっさとクルマに戻ってしまった。アマティのこんな姿は初めて見て寂しい感じがした。よくやったぞ、アマティ!
Dsc06833

| |

« 朝のお散歩 | トップページ | 竜爪山のオオキツネノカミソリ »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のお散歩 | トップページ | 竜爪山のオオキツネノカミソリ »