« キネティックイエローのJimny | トップページ | 目の衰え »

2021年7月 7日 (水)

父の命日にはみたらし団子と茶通

父の命日とあって研屋町の医王山 顕光院に墓参りに行ってきた。このあたりはかっての城下町の雰囲気をかすかに残した不思議な雰囲気があり、父の子どもの頃まではこの辺り(両替町)の大きな屋敷に住んでいたらしい。昔ながらの商店も多くおいしい店がある。
仁志乃の焼団子にはいろいろな種類があり、その場で餅を焼いてから各種味付けをする。なかでもこのみたらし団子は絶品。
P7070002
寺の門前にある増田屋の菓子。お寺に墓参りに行く度に父がここでお菓子を買ってくれたから、お寺が大好きだった。
増田屋の名物は柚最中なのだが、今日は「よろづ代」と「茶通」を買ってきた。よろづ代は不思議な歯ごたえのフワフワ菓子。茶通は大人好みの濃いお茶の味がする。わたしが子どもの頃はこのゴマの辺りに手もみの様なお茶っ葉が一本乗っていて、これがまた苦くもおいしくて未だ忘れられない銘菓。いつの日かお茶っ葉は無くなってしまったが、菓子自体はお茶葉をふんだんに使った香りがするいい菓子である。
P7070008
もちろん家に帰って仏壇に供え手を合わせてからおいしくいただいた。
そういえばあと1週間もしないうちに盆である。また寺に行かねばならないな!...そのときはまた増田屋と仁志乃に寄らねばな!
仏壇はもうすっかり盆の準備ができている。

| |

« キネティックイエローのJimny | トップページ | 目の衰え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キネティックイエローのJimny | トップページ | 目の衰え »