« クマか? | トップページ | 北海道のお土産編 »

2021年5月16日 (日)

北海道のお土産編

①メノコマキリ
わたしは北海道に行く度に必ず寄るところがある。わたしはアイヌ文化が好きでアイヌ部落の二風谷に寄っている。その際いつも[工房 つとむ]の木彫師貝澤さんを訪ねている。
わたしはナイフをコレクションする趣味があるのだが、この工房のナイフの木彫に見せられてしまっているのだ。来る度に「これほし〜な〜これほし〜な〜」と思っているのだが、「値段も高いが注文して1年待ってくれ」と言われるのでいつも二の足を踏んでいる。1年先と言えばもうわたしは生きているかわからない年齢であり、さらに最初にそう言われてからすでに数年経つ。
ところがこの日、伺ったら「いいところにきたねぇ、選べるよ!」といって3本のマキリを見せてくれた。
20210505-145639
今年はコロナの影響で家にいることが多くなり、精を出して制作したのだという。上の2本(大きい方)はオノコマキリといって男性用。下の小さいのはメノコマキリと言って女性用。すでに刃は付いて仕上げを待つばかりである。
20210505-145627
わたしはまよわずメノコマキリを取り上げた。わたしは手が小さいこともあるが、ナイフの堅さと木彫の優しさの調和が美しい小さい方、買うんだったらこれだと数年前から決めていたからだ。
イタヤカエデの彫り物は手触りとグリップ感が素晴らしい。
わたしはガンマニアでおもちゃのピストルのコレクションをしているが、グリップは本物を取り寄せて付けている。しかし、どんな武器のグリップよりもイタヤカエデの彫り物はやさしく手に吸い付いてくる。
もうこうなったら買うしかないな!... 最後の仕上げと郵送をお願いしたものが届いた。
Dsc08572 Dsc08575
鞘に桜の樹皮を巻き、鹿角と組紐でベルトに付けるアクセサリーを付けて仕上がっている。う〜む、見事だ!...

| |

« クマか? | トップページ | 北海道のお土産編 »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

初めまして、映画制作会社、シネボイスの桑原と申します。
そのメノコマキリを撮影でお借りするようなご相談はできますでしょうか?

投稿: 桑原昌英 | 2022年6月 4日 (土) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマか? | トップページ | 北海道のお土産編 »