« ハイエース車中泊北海道旅行 その② 「花旅:エゾエンゴサクとカタクリ」 | トップページ | ハイエース車中泊北海道旅行 その④ 喰い歩き 「トリトン回転寿し」 »

2021年4月29日 (木)

ハイエース車中泊北海道旅行 その③ 「天国へのいざない」

ここは浦臼町のとある丘のような山である。とあるとは、どこを探してもこの山の名前が見つからないからなのだが、わたしはここを「お遍路山」と名付けた。なぜなら2年前に来たときにこの山の上の入口に[お遍路→]と標識が立っていたからだ(今年はなくなっていた)。
ここは(浦臼町は)かって(ほんの百年少し前)、流人や終身刑、西南戦争の思想犯たちがここに入植し開墾したのだということを知った。なるほど、この山には明治・大正・昭和時代に建てられた石仏・観音像がかっての開墾の苦労をねぎらうように美しい花とともに無数にまつられているのだ。
わたしはこの地を[天国]と思い、この登山道を見る度に天国に近づけるとの錯覚を持ち「天国がこんなに美しいところならいつでもいいな」と思いながら歩いていた。
Dsc05271_20210512100901
その道はブルーにピンクに彩られている。
Dsc05226 Dsc05237 Dsc05291 Dsc05280 Dsc05259 Dsc05279
途中に石仏や観音像が花の中で見守っていてくれる。
わたしは宗教人ではないが、この光景の先には神がいる。

Dsc05254 Dsc05261 Dsc05243_20210512093701 Dsc05299
人っ子一人出会わないところなので、アマティはリードを放たれる。
Dsc05263 Dsc05285
この山にはカタクリのアルビノではないが[半分ピンク]といえるような変種が多い。
Dsc05345
わたしの北海道花旅はこれを見れば充分満足。もういつ帰ってもいい。
もともと予定のない旅である。長引くこともあるが途中で切り上げることもあり得る。満足ってこういうことなんだ!

| |

« ハイエース車中泊北海道旅行 その② 「花旅:エゾエンゴサクとカタクリ」 | トップページ | ハイエース車中泊北海道旅行 その④ 喰い歩き 「トリトン回転寿し」 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイエース車中泊北海道旅行 その② 「花旅:エゾエンゴサクとカタクリ」 | トップページ | ハイエース車中泊北海道旅行 その④ 喰い歩き 「トリトン回転寿し」 »