« 鬼鯖寿し | トップページ | 高齢者自動車免許書更新 »

2020年12月 2日 (水)

山田家の饅頭

愛媛県松山市の山田家というお菓子屋さんの「まんじゅう」を頂いた。
なんとも見事なおまんじゅうで、おどろいている。
さらしあんをただ小さく丸めたような感じだがさにあらず。
わたしはさらしあんが大好きなのだが、なかなか上質なさらしあんには巡り会えない。かなり手間のかかる仕事だろうし、これを機械でやったらあずきを台無しにしてしまうことだろう。
いや〜、それにしても見事な味だ。
Gpc030008
これが餡を丸めたものでない証は次の写真を見ればわかる。
どうです、ごく薄い饅頭の皮に覆われている。こんな饅頭は見たことがない。
Gpc030005
山田家は創業1867年(慶応3年)という。どういうこと?
江戸時代の人々はこんなにうまいものを食べていたんだ!
文明が発達するにつれて調味料や着色料や、あるいは手間を抜き大量生産するための機械の導入等でわざわざ不味くして食べているとは!

|

« 鬼鯖寿し | トップページ | 高齢者自動車免許書更新 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
長男が、愛媛大の大学院で講師をやっています。
美味しそうなものを、紹介して頂きました。
早速、催促のメールをしようと思います。

投稿: やまぶどう | 2020年12月 3日 (木) 17:25

やまぶどうさま

おぉ、それは素晴らしい!
ぜひ一度召し上がってみてください。
うなりますよ!

投稿: yopi | 2020年12月 3日 (木) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼鯖寿し | トップページ | 高齢者自動車免許書更新 »