« アマティポット | トップページ | 津渡野の"つどの" »

2020年12月11日 (金)

皮膚の骨化

Pc110008
すみません、この汚い指、ボクの右手の親指なんです。
チェロを弾く時ちょうど弓が当たる部分で、爪に接する皮膚が骨化してしまい固くなっているから、骨化した部分が内側の生身(肉)に触れてなんかの拍子にズキンと痛むのだ!そいいうわけで、年に2〜3回は(私の場合)その骨化した硬い部分をナイフや剃刀や爪切りで削ぎ取るのだが、ただでさえ不器なわたしが左手で刃物を持つので、なかなかうまく取れない。それはそうだろうな、おそらく爪よりも固くなった皮膚だから力もかなりいる。失敗すれば切りすぎるから厄介。
この写真は仕上げは汚いが硬いところを全部切り取れている。これでしばらくは苦もなくチェロを弾くことができる。
ところで、先日いつも行く整体師さんにこの話をしたら「私たちもそうです。ヤスリで削っています」とのことだった。なるほど、指圧なんかでもこういうことになるのだ!全然自慢にならなかった!

|

« アマティポット | トップページ | 津渡野の"つどの" »

音楽/チェロ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
電動爪切り試して見ましたか(・・?
やすりで削る感じですょ
意外といいと思います。子供からのプレゼントで届きました。

投稿: なな | 2020年12月11日 (金) 21:47

ななさん

電動の爪切りがあるんですか?
ありがとうございます。
さっそく検討してみます。

投稿: yopi | 2020年12月12日 (土) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマティポット | トップページ | 津渡野の"つどの" »