« 登坂秀雄・とさかますみ 彫刻二人展 【宙】 | トップページ | ジムニー・ファーストインプレッション »

2020年11月25日 (水)

ジムニーでキャンプするなら•••

小さくて荷室のないジムニーで旅をするならこのテントしかない。
写真は一昨年の5月、北海道の名寄の蝦夷エンゴサクの咲く中でテント泊したときの夢のような光景です。
Dsc03412_20201125091601
ということでモンベルのムーンライトIIIを引っ張り出してきた。
しかし、この時からすでにショックコードが伸びきっており苦労したので、さっそくmont-bell店に持っていって修理を依頼した。
やっと戻ってきたテントポール・ショックコードの修理費がなんと1200円。モンベルにしては大変良心的な格安の値段で驚いている。

Dsc03078_20201125091601
上のポール全てにこのショックコード(ゴム紐)が繋がっており、これが経年劣化で伸び切ってしまっていた。
Iiidsc03077
このテントポールを持ち上げるとゴムの力でポールが自動的につながり、テントの屋台骨となるすぐれもの。あとはただテント本体を吊ればいいのである。
今、車中泊が流行っているがわたしの経験ではハイエースでさえも車中泊よりテント泊の方が寝心地いい。
さて、ジムニーでの旅行はまだまだ準備が必要である。楽しみは増えるばかりだ!

|

« 登坂秀雄・とさかますみ 彫刻二人展 【宙】 | トップページ | ジムニー・ファーストインプレッション »

四輪駆動車/HIACE/Jimny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登坂秀雄・とさかますみ 彫刻二人展 【宙】 | トップページ | ジムニー・ファーストインプレッション »