« 毎日何度も水あび | トップページ | 五右衛門風呂の薪調達(愛知の薪屋さん) [薪エース] »

2020年8月13日 (木)

宇連川で泳ぐ

酷暑日の5日間鳳来に滞在し、アマティは毎日数回ずつ泳ぎ回っていました。宇連川は泳ぐにも遊ぶにもとてもいい川なのですが、近年川に降りるルートがほとんどなくなってしまい残念な思いをしていたのですが、今回久しぶりに20年ぶり位に川岸に降りてみました。それが写真の吊り橋の下なのです。
Dsc03426  
この吊り橋は20数年前から使われず、通行止めになって今は朽ちています。吊り橋を拡大して見ましたが、とてもわたることは出来ません。
Dsc03426_20200817201401
この橋の下は先代の“Hana” のお気に入りの水場でした。
水量が多く流れが速いので、“Hana” は流れのまん中まで泳いでいき、流れにまかせて下流まで流されていき、しばらくすると陸に登って走って戻ってきて、またまた川のまん中に出て流れに身をまかせる遊びを自分で開拓し、いつまでも繰り返すのでした。

Dsc03127
ここは吊り橋の少し下流の、わたしが「鳳来のナイヤガラ」と呼んでいるところです。ここも自然の光景がとても美しいところです。
写真のまん中に島があっていまそこにアマティがいるのですが、今日は水量が多くわたしはそこまで行けません。
Dsc02796
ここはアマティ専属の水あび場です。
Dsc03309 Dsc02722_20200817202101
Dsc03067_20200817201301

| |

« 毎日何度も水あび | トップページ | 五右衛門風呂の薪調達(愛知の薪屋さん) [薪エース] »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日何度も水あび | トップページ | 五右衛門風呂の薪調達(愛知の薪屋さん) [薪エース] »