« セリ蕎麦を食べるチャンス | トップページ | 和歌山のモモ »

2020年7月 6日 (月)

お気に入りの懐中電灯3台

Dsc05716 20200706-105236
この3つの懐中電灯はわたしのお気に入り。(今どき懐中電灯なる言葉を使っているが、若い人にはフラッシュライト、LEDライトと言わないと通じないかも知れない)
偶然3つともPanasonic(わたしは松下電器とかNationalの方がなじみ深いのは昭和人間だからだろう)
自然災害やキャンプや別荘(?)生活が多いわたしたちには必需品。
Dsc05702
右側はLEDを4個供えているから明るい。左の特徴は使用電池にある。
Dsc05711 Dsc05709

白い懐中電灯はこの4つのLEDで明るく光軸が広いのが特徴(単一4本)。
一方赤い懐中電灯はなんと4種類の乾電池(単一、単二、単三、単四)が1本ずつ装着できる。すなわち、乾電池は2本単位(偶数)で売っているが、懐中電灯側は奇数も偶数もあるからどうしてもハンパが出てしまう。その不合理を改善すべく生まれた画期的な製品(もっとも、懐中電灯も乾電池もPanasonicの製品だが……)。
 さて、3つ目の懐中電灯だが、これはLEDとボタン電池の首かけ用。
これはイヌのお散歩には大変便利。防水で首に掛けるから夜のウ〇チ拾いには必需品。特にアマティの場合はウ〇チをもようすことを察知すると、わたしはビニール袋を広げて後ろに回ってプレゼントを受け取る。
懐中電灯が無ければ無理だし両手が空いていなければ不可能な話である。

Dsc05745_20200706123001
夜、特に雨の日は首掛け用をアマティの首に掛けてお散歩することもある。
イヌは目がいいので彼には全く必要ないかもしくはLEDが眩しくてイヤかも知れないが、真っ暗な道を歩く場合、自分の存在をあきらかにするメリットがある。 欠点はボタン電池の消耗が早いこと。(CR2032×2)

|

« セリ蕎麦を食べるチャンス | トップページ | 和歌山のモモ »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セリ蕎麦を食べるチャンス | トップページ | 和歌山のモモ »