« 朝のお散歩 | トップページ | ボクとボクちゃんのラガーシャツ »

2020年7月 3日 (金)

え? トマト?…

P7020010
ミニトマトを頂きました。ちょうど山小屋に滞在中に届いていたのですでに数日経過し、ヘタの部分が変形しているように見えましたが、口にして驚きました。「いや、これはトマトでは無い。いったいなんだぁ?」が最初に口をついで出た言葉です。
わたしの家庭菜園でも、今はミニトマトの収穫時です。新鮮なヤツを喰いたいなら鈴なりになっている赤いヤツに口を持っていって、もぎ取る時間を惜しんで喰らうことが出来る環境にいます。
そのわたしが、このトマトを食べて最初に思ったのは「これは野菜では無い、フルーツだ」でした。食べ出したら止まらないんです。
まるでイチゴやサクランボや巨峰のようなフルーツのおいしさです。
いや、パリッとしたこの食感はフルーツでは味わえません。樹上で熟成された完熟トマト。ブランド名は[こくパリッ]というらしい。(栃木市産)

写真には大きさの違うミニトマトが写っています。奥の大きいのが「こくパリッ」です。
手前の小さいトマト。極少トマトのサンプルかと思い、口に入れたらあらたいへん!...「なに?これ!」サンプルでは無く同じこくパリッの規格外品がオマケに付いていたのです。規格外品でも味は同じだからと思って食べたら大違い。この方が遙かに甘いではないか!?
とっさに「この規格外品を発注しよう」と思ったら、説明に[天候等により規格外品を収穫出来る日と出来ない日があるので非売品となります]と書かれていて、ボクのようなヤツにクギを刺している。う〜む!...
世の中、広いものです。こんなにおいしいものを新発掘。うれしいね…

|

« 朝のお散歩 | トップページ | ボクとボクちゃんのラガーシャツ »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のお散歩 | トップページ | ボクとボクちゃんのラガーシャツ »