« キバナアツモリ | トップページ | 水浴びは付きもの »

2020年6月16日 (火)

脱走兵を探せ!!

絶滅危惧種の花は是非とも保護し、マゴ・ヒマゴの代まで見せてやりたい物です。
わたしも貴重な群生地が絶滅してしまった場所を何カ所と無く見てきました。
その大きな原因は野草愛好家による盗掘、気候変化、野生動物による食害、撮影マニアによる踏み固め、等々沢山上げられます。
従って、保護は大切なことだと思います。しかし、やはり保護された動植物は自然のママのものでは無い。
わたしたちは隈無く歩くことによって保護から脱走した野生植物との出会いに感動することがあります。今回も以前見つけた辺りを探してみました。そうしたらなんととんでもない物を見つけてしまった。
食害としては最もたちの悪い鹿です。しかも鹿の子、そうバンビちゃんを見つけてしまった。ちょうど洞穴のようなくぼんだ場所でバンビが動けずジーッと息を殺しているのです。その目つきは「お願い、助けて」と言っています。
アマティはというと、地面をクンクンしながらも目の前のバンビを無視しているではありませんか!...(以前山の中で猪の子ウリ坊に出あったときもウリ坊は気配を消しながらうずくまっていて、アマティは全く無視して前を通り過ぎたことがある)
わたしは以前、ウリ坊を山の中で見つけて掴まそうと追いかけたら、母猪に追いかけられたことがある経験から、何処かでこの様子を見張っているはず!! そんなわけで、ここで鹿退治する訳にもいかずアマティと共にこの場を後にしました とさ。

Dsc01102

| |

« キバナアツモリ | トップページ | 水浴びは付きもの »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナアツモリ | トップページ | 水浴びは付きもの »