« 6つのチェロ組曲 | トップページ | アマティーの弟分  »

2020年5月10日 (日)

炭焼き鰻[瞬]のサプライズ

引きこもり生活も楽なものでは無い。幸いわたしはout door in door の両刀遣いなのでストレスも軽い方かも知れない。が、しかし「味覚」だけは満たされない。おいしいもの屋さんが軒並み店を閉めているからだ。
そんな折りやっと店を開いたのが[瞬]で、予約もすぐに取れた。今晩は味覚を堪能しようと夜のフルコースを所望した。
あとで数えたら10品目(季節の天ぷらを含んで)もあったので、ここではサプライズのみとする。
P5100007
タラの芽やコシアブラの天ぷらの後、稚アユの天ぷら3匹。これがたまらない。
ほんのりした苦みが、わたしの大好物である。
P5100013
トリ貝は最高だね!... 貝の中ではトリガイとホッキガイは秀逸。
コゴミの料理もすごくいい。
P5100024_20200511115301
これはうなぎの胆焼と「倶利伽羅焼花山椒添え」 である。
小さなうなぎを巻きながら焼き、山椒の花を添えてある。この花山椒は親方や奥様が山に登って積んできた貴重品。粉山椒とは違った味と香りがすばらしい。
今でなければ食べられない逸品。
P5100033_20200511115301
これもおいしかった。うなぎとトマトとジュンサイ。
P5100038
すでにお腹いっぱいになってしまったので、ご飯を小盛りにして貰った丼(メンパ)。
向きを180°逆にして身の厚みを撮ったが「これが川うなぎだ!」と大声で叫びたい。
さらっとした脂が詰め込まれた天然うなぎである。
これを喰ったからには、今しばらくは立て籠りもガマン出来る。

|

« 6つのチェロ組曲 | トップページ | アマティーの弟分  »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6つのチェロ組曲 | トップページ | アマティーの弟分  »