« 夏野菜の準備 | トップページ | ハイエースの持ち腐れ »

2020年4月14日 (火)

覚悟の大実験(タマゴの割れないクッション)

「タマゴの割れないクッション?」そんなモノある訳ない。と思ったモノの、
チェロを弾いててお尻が痛くなり困っていたので取り寄せてみた。
この問題は[チェロ用には無反発クッション]を使うべきだとの結論で解決している。
しかし「ほんとうにタマゴは割れないのだろうか」という疑問は解決していない。
ダレもがこれはコマーシャル用語(誇大広告)でどこかのメガネの宣伝と同じだろうと思っていると思う。
わたしの所にも「ぜひ実験を」とケシ立てるメッセージが届いている。
その際、ジップロックに入れて、割れたタマゴがグチャグチャにならないようにとのご親切なアドヴァイスもあった。しかし、クッションメーカーの実態を暴いてやろうと思い、割れたタマゴから黄身が流れ出て、ズボンを汚している絵を欲しいと思って、敢えてそのままタマゴを使った。
ただし、今やこのクッションは類似品が多く出回り、わたしが買ったこのクッションは純正品なのか類似品なのかわたしには判らないことを断っておかねばならない。
P4140007
それでもまず最初はPCデスクのフワフワのイスの上で実験(このイスは現在もPCを使っているとき使用しているイスで座り心地はよい)。
P4140013
恐る恐る体重をかける。ちなみにわたしの体重は63kg。 んん?… 割れてない。
2重にクッションが重なっているから体重が分散されているのだろう。
P4140021_20200414122701
そこで、次ぎに用意したのはチェロを弾くときに使っているピアノイス。クッションは薄いモノが付いていたが20年も使っているのでペチャンコで、ベニヤ板の上に座っているのと変わらない状態。
P4140023
あれま、割れない!... たしかにタマゴはお尻のホッペの間にはまっているからタマゴは割れない。では、タマゴを横にしてみようと試みたが、それでも割れる気配はない。 
「やったぜ!...」ズボンは汚れなかった。誇大広告ではなかったんだ!...
しかし、1つだけ書き加えておくコトがある。このタマゴの素性だが[放牧卵](富士山の山塊で緑草や穀物を啄み蒼々たる光の中を自由に遊ぶ鶏が産んだ卵)とある。
う〜ん、卵の殻が固いとは書いてないが、もしかしたら全く影響がないとは言えないかも知れない。
この実験のためにわざわざこの卵を買ってきた訳ではなく、冷蔵庫から出してきた1つなので、別の卵を買ってきてさらにこの実験を続ける気は無い。

|

« 夏野菜の準備 | トップページ | ハイエースの持ち腐れ »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜の準備 | トップページ | ハイエースの持ち腐れ »