« 目に入れても痛くない子 | トップページ | ムラサキセンブリ »

2019年11月 3日 (日)

イヌセンブリのモジャモジャが好き

Pb030147
むかしおばあちゃんに無理やり飲まされたセンブリの煎じ薬。苦々しくも懐かしい思い出。
そんな分けかは知らないが、センブリの花、大好きです。
今回も1日にセンブリ、イヌセンブリ、ムラサキセンブリの3種を見てきましたが、やはりわたしはイヌセンブリが好きだな!...
なんといっても、このモジャモジャがかわいっくて仕方ない。
Pb030077
Pb030122
Pb030127
モジャモジャのアップ写真。このモジャモジャの名前や働きはなんだろう?
Pb030094
これは煎じ薬用の普通のセンブリです。モジャモジャはあることはあるけどかなり少ないです。
道の駅などでも煎じ薬用の乾燥センブリを売っています。
Pb030161 Pb030184
ムラサキセンブリです。センブリの中ではチシマセンブリと同様、とても美しい。
モジャモジャもけっこう付いていますが、モジャモジャにも紫の色が付いているところがオシャレです。

結局、モジャモジャはイヌセンブリが一番多く長く、普通のセンブリが少なく短いです。
それぞれの葉っぱを噛んでみました。センブリは[わぁ〜ペッペッペ]という具合。イヌセンブリとムラサキセンブリは[わぁ、苦い]という感じです(煎じ薬には主に根を使います。

|

« 目に入れても痛くない子 | トップページ | ムラサキセンブリ »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目に入れても痛くない子 | トップページ | ムラサキセンブリ »