« おうちロールキャベツ | トップページ | 富士山の麓の農場に招待されて!... »

2019年11月29日 (金)

病める富士

Dsc06393
昨夜来の雨で富士山は本来あるべき姿を現していた。朝霧に通りかかったら日本三大崩の1つである大沢崩れが無残な姿を現していた。
何年か先、この美しい富士山はこの部分から2つに分裂してしまうという。いま、この崩れに一生懸命コンクリートを流し込んでいると言うが、行く度に大きな岩がゴロゴロ音を立てて崩れ落ちるのをみると、あまり効果がありそうにない。
Dsc06394 Dsc06796
今日は富士山だけでなく毛無山系、愛鷹山系、安倍奥も真っ白に輝いていた。
ずいぶん長い間、雪のないつまらない富士山だったが、やっと元通りの富士山が戻ってきた。

|

« おうちロールキャベツ | トップページ | 富士山の麓の農場に招待されて!... »

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

大沢崩れ…。深刻ですね…。
母は、学生時代、登山部で、今で言う山ガールでした。富士山のお中道巡りも可能だった時代です。
当時の大沢付近を撮影したスナップに珍しい35ミリのフィルムがあり、興味で拡大し植生を見ました。
「エ!コレ、アツモリじゃん!」と興奮しました。
私が12歳ぐらいの時~1980年代ぐらい~笑~大沢のかなり標高ある林でクマガイソウの群落を見た記憶があります。
かなり小型のクマガイソウでした。
先生のブログを拝見し、大沢の源平合戦も、幻になってしまうのか…と思いました。

投稿: 東宝自衛隊 | 2019年12月 1日 (日) 01:46

大沢の源平合戦ですか、すごいな〜
でも、大沢崩れで富士山が割れるまでに何年かかるかわかりませんが、
どうやら大型地震で壊れる方が先かも知れませんね。
どちらにしても残念至極。

ボクが大沢崩れにたどり着いた時はまだヒトが歩いていました。
ボクたちはクルマだったので引き返さざるを得なかったんです。
残念なことをしました。
表富士からも山梨県川からも何度も大沢崩れには行ったことがありますが、
残念ながらクマガイソウもアツモリソウも見たことがありませんでした。
巨大カモメランの群落には恐れ入った記憶があります。

投稿: yopi | 2019年12月 1日 (日) 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おうちロールキャベツ | トップページ | 富士山の麓の農場に招待されて!... »