« アマティの幼なじみ | トップページ | 湿原の花 »

2019年8月 4日 (日)

山田温泉牧場は花の山

わたしたちが車中泊で移動する目的はその地域の自然の花畑を見るところにある。
したがって車中泊はBCであって、目的地は山が多い。
だから毎回見ている花畑でも数日のズレで別の楽しみが沸くから、同じ箇所にも何度でも出向くことになる。
今回は例年より花の開花が若干遅れていたおかげで、エゾアジサイは最もいい時期に見ることができた。
Dsc08367 Dsc08484
Dsc08477 Dsc08346
エゾアジサイのこれだけの大群落はすごい。
目が覚めるようなブルーが飛び込んでくる。
P8030026
拡大すると、アジサイの芯のブツブツが1つ1つの花で、今まさに開花の最中である。
Dsc09058
今年はエゾアジサイの中にキツリフネがいくつも咲いていた。

P8030016 P8030003
左上はボクの大好きなカリガネソウだ。例年ならたくさん咲いて、この時期はやや遅いのだが今年はなかなか見つからなかった。こういう時は花を探すのでは無く葉を探すようにすると、あつ、あった!カリガネソウのツボミが見つかった。こんなにツボミがあれば何処かにあわてん坊さんがいるだろうとガサゴソ探しているとたった1輪だが開花している花に出会えた。こんな時の喜びは大きい。
右上は薄暗い中に純白に輝くナデシコのような花はセンジュガンビ。
Dsc08456 Dsc08450
暗い登山道を登って稜線に出ると咲きだしたばかりのヤナギランに会えた。
昨年はすっかり終わって全部倒れていたから余計うれしい。
Dsc08376
これはシナノキという日本特産の巨木である。長野県で有名なので信濃の木とばかり思っていたのだが、科の木・級の木・榀の木 等と書くらしい。

|

« アマティの幼なじみ | トップページ | 湿原の花 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマティの幼なじみ | トップページ | 湿原の花 »