« BACHを弾くと寄ってくる | トップページ | 鼻先と目にピントを合わせるのは至難の業 »

2019年8月19日 (月)

マキの垣根

20190818-072728-hdr20190818-0727032
朝のお散歩の折、マキの実が徐々に熟しているのを楽しみにしていた。
今の子はこの実がおいしいことを知らないが、わたしたちは農家の垣根を見て回って、どこの家のマキの実が食い頃か熟知していたものだ。
この赤いカワイイ実はまだ熟しておらず渋い。おいしいのは右の写真の右端にある黒くなったヤツだ。
今日はさっそく頂いてみた。甘くてコリコリッとしておいしかった。(アマティは見向きもしないが)

|

« BACHを弾くと寄ってくる | トップページ | 鼻先と目にピントを合わせるのは至難の業 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BACHを弾くと寄ってくる | トップページ | 鼻先と目にピントを合わせるのは至難の業 »