« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

噴火口の中にいるアマティ

Dsc08120
Dsc08141
Dsc08107
富士山の側火山の噴火口に降りてみました。3000年前はここから噴火していた穴です。
標高1500近いとは言え道なき道なのでかなり暑いです。アマティには水を吸わせて気化熱で身体を冷やすというジャケットを着せました。しかし、腐葉土が堆積する火口はアマティの格好の遊び場。泥だらけになってしまいました。
暑さにへばるどころか、野生動物を追いかけて(何を追いかけたのか確認できなかった)走り回っていました。

| | コメント (0)

2つの片蓋山

Photo_20190729194801 Photo_20190729194802
富士山には70の側火山があると言われています。おそらく全部に名前が付いていると思いますが、[片蓋山]という同じ名前を持つ側火山があるのです。しかも、富士山頂を交えた一直線上にほぼ等距離にほぼ同高度の山です(静岡県の御殿場市と山梨県の鳴沢村)。
片蓋の蓋はどういう意味なのかますます疑問が出てきたのです。文字からすると「火口の片方だけ蓋が付いている山」かなと思うのですが、この1週間にそれぞれの片蓋山に登ってみてそんな蓋らしいものはありませんでした。
共通点はどちらも獣道くらいしか無く、直登を余儀なくされました。静岡の片蓋山の方が廃道が2本途中まで付いていましたが山頂には何もありません)山梨の片蓋山も廃道らしき道跡はあるのですが、ほとんど消えていて獣道とかしています。
相違点は静岡側は結局探し回った火口がとうとう見つかりませんでしたが、山梨側は見事な噴火口が残っていました。山の姿もとてもハッキリしています。
どちらも標識も案内板もテープもないので(何処かにあったのかも知れないが)、GPSを持ってないと怖い山ですが、楽しかった!

| | コメント (0)

目の前のフガクスズムシソウ

P7290009
7/21に見たフガクスズムシソウは4mも頭上で、ズームでギリギリ引っ張って撮ってものでしたが、今日は目の前で見ることができました。
回りはすでに花が終わっていましたがこの薄緑の素心花(?)は下の2つを除けば美しく咲いています。

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

アマティ、耳血腫

20190726-163133
左耳の1部にに水が溜まりまるで餃子のようにふくらんでいました。
虫に刺されたのか病気なのか解らず病院に連れて行ったら耳血腫という病気だそうです。
注射針で水(血液を含む)を吸い出して貰いステロイドの薬を服用。
しかし、3日目でまたふくらみ2回目の吸い出しの処置をして貰いました。
それから2日経ちましたが、今のところ水は溜まっていないようです。

| | コメント (2)

2019年7月26日 (金)

藪漕ぎや林道歩き

Gdsc07995
Dsc07922Dsc07894
富士山の麓の道なき道の藪漕ぎ(ダニの巣か?…)の後は林道歩き。

| | コメント (0)

ベニシュスランがやっと開いた!...

P7260011
ベニシュスランは昨年は7/17に咲いていたので、今年は7/16日に見に行ったらまだまだ堅いツボミだった。それで、21日に「もう咲いているだろう」と思って行ったのだが、ツボミは大きくはなってはいるもののまだ開いてはいなかった。
今日(26日)三度見に行ったらまだツボミはあるものの、たくさん開いていました。
やっと会えた!...

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

熊の爪

P7240025
今年の4月中旬からほぼ1ヶ月、雪解けの北海道を旅行していました。そのときお友だちが熊の爪のお守りを持っていたのを見てすごくうらやましかった。そしたらわたしもこれを見つけたんです。
とんでもなく高かったけれど自分用のおみやげとして買ってしまいました。
ところが旅行を終え静岡に帰ってくると旅行の感動疲れがドッと出てしまいもぬけの殻になってしまい、すっかり忘れて何処に置いたかも思い出せなくなっていました。
それが昨日やっと見つかったのです。
この熊の爪はかなり大きいですよ。7cmはあります。先は尖っています。
こんなのでグサってやられたらたまらないですよね!...

| | コメント (0)

今年も岡山の清水白桃

P7230003
今年も岡山の白桃を送っていただきました。もう何十年もいただきっぱなしです。
今年は日照不足で出来は悪かったとのことですが、いやいや、今年食べた桃の中では1番おいしいです。何がおいしいって、甘くって香りがすごくいい。そしてすごく水っぽい。ボクは丸のまま皮ごと食べるんですが、この桃だけは手がグチャグチャになるほどです。
そういえば、小学生の頃両親に連れられて母の実家のある高知に行ったことがあります(蒸気機関車の時代です)。岡山で電車を乗り換え、ホームで待っている間に、母がわたしに桃を買ってくれました。おしゃれをしていたわたしは手をドロドロにして食べていたので、母はヤキモキしていたのを思い出しました。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

暑さの中の草刈り

Dsc07837
スイカもカボチャも収穫が終わり、ナスもキュウリもほぼ終わった。
トウモロコシはカラスに食われて全滅し、残る葉落花生のみ。
例年なら秋野菜の準備までほっておくのだが、あまりにも雑草の生育がよいので重い腰を上げて草刈りを行う。
ところがものすごい暑さで頭がクラクラしてあまり効率は上がらなかったが、熱中症で倒れる前に終了した。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

湿度計

P7230055
この時期、特に弦楽器奏者にとっては湿度が気になります。
右側の温湿度計は4年前に購入したものです。気温は19度と暑いですが湿度50%は快適です。
しかし、この梅雨空、ほとんど50%以下を指しているので、信頼できなくなり左のTANITAを取り寄せてみました。したら、ほぼ20ポイントの誤差があるでは無いですか!... 
以前からデジタル湿度計には不審を持っていましたが案の定この有様です。
ちなみにiPhoneの湿度は83%、別アプリでは78%。
う〜む、この部屋の正確な湿度を知りたいのだが……

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

原生林を走る

Dsc07666
Dsc07698
Dsc07786
Dsc07825 
美しい緑の原生林の中、日頃の運動不足や鬱憤を晴らすように走り回ったアマティ。
わたしは走りはしないけど気持ちのよい半日を過ごしてきました。

 

| | コメント (0)

野生ラン四昧

気候のせいか運動不足のせいか、はたまた加齢のせいかわからなかったが、体調不良が続くので思い切って富士山の麓に出かけて見た。
P7210006 P7210024
まずはハコネランがわたしたちを出迎えてくれた。

Dsc07660
フガクスズムシソウ、初めて見ました。古木を4mほど登ったところで咲いていましたが、もちろん登った訳ではありません。コンデジの内臓ズームで目一杯引き寄せてもここ止まりでした。来年は脚立を持っていこうか……
P7210035P7210039
数日前は堅いツボミだったベニシュスランですが、なんとまだ開いていませんでした。
一人くらいあわてん坊がいないかと、探し回ったけど皆さんお行儀がいい。
P7210047P7210049
数日前もギボウシランが咲いていたのですが、花が小さくてわたしのコンデジではピントが合いませんでした。今回は三脚を持っていって再挑戦したのですが、コンデジの限界ですね。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

チェロケース修理

_7154P7190005
左は10年前に買った[BAMのhigtech]チェロのハードケースです。
初心者用のチェロ+弓位の値段のするものですが、軽い上に噛み合わせがよく、とても重宝していました。しかし、10年もするといろいろ問題も多く、修理に出すことにしました。
最も気に入ってたのはSAMSONITE のハンドル部で、とても手触りがよくさすがにすばらしいと思っていたのです。が、1年ほど前から中のジェルが漏れ出し、ベトベトするのでビニールテープを巻いて使っていましたが、さすがに夏になるとビニールテープの接着剤がベトベトし出してお手上げです。

_7151P7190003
ロック部も左は新品当時のものですが、右は現在です。塗料が剥がれて汚いのはしかたないとして、内蔵しているスプリングが弱くなってしまったのか、レバ−を上げてもロック部が起き上がらず、手で持ち上げないと外れなくなってしまいました。

やっと修理してもらえるところを見つけたので、持っていく予約を取ったのですが、この暑い中、人混みの東京まで持っていくのはあまりにも酷です。それで、送るから送り返してくれと依頼したところ、快くOKしてくださったので宅急便に梱包と配達を頼みました。料金は新幹線代より高いけど、持っていくことを考えれば大助かりです。
それより、部品の交換修理の金額がすごそうです。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

♪ねるのだ〜ねるのだ〜♪

Dsc07652
ハウスの「ねるのだ〜ねるのだ〜」のCMが流れ出してからというもの、オリジナルがなんの歌なのか思い出せなくて悩んでいた。昔から口ずさんだりチェロで弾いたことのある曲だったから、思い出せないのがクヤシイ!
やっとみつかった資料はちょっと意外だったがイギリス民謡[rock a bye,baby]という「子守歌」だった。きれいなメロディーだ!

| | コメント (0)

しかたなく期日前投票

Photo_20190717141801

政見放送を聞いててもTVのニュースをみてても、キツネとタヌキの化かし合いにしか見えなくって、ほとほと選挙権を放棄する権利を行使しようと思っていたのだがまてよ、わたしのマゴは18才になり選挙権を持ったはずだ!...
もしマゴに「おじいちゃん、選挙行った?」なんて言われたら言い逃れに困ってしまうなぁと思って、しかたなく期日前投票に行ってきた。
せめてもの抵抗は投票日では無く期日前投票にすることと、事由を[レジャーなど]にすることしかできない。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

霧の山中

今日は野生蘭を探しに富士山一合目あたりの森の中をさまよいました。霧が出て薄暗いので熊が怖かったけれど、目的の1つはまだ堅いツボミ、もう一つは見つけたけれど小さい花でコンデジではピントが合わず!?
しかたなく唯1人元気なアマティ君を撮しましたが、これは元気すぎてブレブレでした。
Dsc07411_20190716181101
Dsc07504_20190716181101
Dsc07627_20190716181101

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

スイカが成った

20190705-114654P7140003 
今年はスイカが上手く育っている。ただ、食い時(収穫時)がよく解らず、1週間前に割ったときには食えなかったが(日照時間が少なかったこともあるだろうが)、今日のはとてもおいしくいただけた。まだまだ楽しめそうだ!...

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

Perterson のクリップ型ストロボチューナー

Dsc07376Dsc07382
わたしたちが若い頃は音程測定器というのがあって円盤状のストロボが12個鍵盤状に列んでて音程をチェックできる機械があった。とても興味を持ったが、とんでもなく高価だったので個人で持つのは不可能だった。
だから電子式のクロマチックチューナーが現れると驚いたものだ。さらにクリップ式まで現れ、チェロのテールピースにクリップして弦の振動を拾って測定できる便利さから愛用していた。(写真右)
ほとんどが音叉代わりに使うのだが、音程の悪いところを目視で確認するにも便利この上ない。
ところが、絶対正しいと思っていたメーターがそうでもないことに気付く。①ピチカートではほとんど測定できない ②音量に左右される ③ボーイングに左右される ④耳で完全5度やハーモニックスでチューニングしたピッチとに誤差が生じる  等々誤測定等の問題を持っていることが解った。(機器の劣化も影響するか)  おそらく倍音を測定してしまうのではなかろうか。
そんな時に測定に挙動不審な動きが出てしまったので、買い換えるべくあれやこれやと探していた。(新しいのを注文した後リスタートしたら挙動不審は直ってしまったが後の祭り)
そして見つけたのが昔から憧れていたストロボチューナー。まさかクリップ式はないだろうと思っていたらあったのだ。(写真左)
さっそく使ってみたらさすがにスゴイ!... さっき述べた①〜⑤は全てクリアしている。ピチカートで弦を鳴らして音が減衰してもしっかり音程が測定できているではないか。
どうやらピッチに関して遙かに正確のようだ。ここまでの正確さはいらないと言えばいらないが、とても気持ちはいいものだ。
1つ気に入らないのは“B”“H”の音を“A♯”“B”と示すことだ。(KORGは“B♭” “B”と表示)
その他楽器や音律がプリセットされているのも面白いかも。現在は「チェロ用完全5度」にセットしてあるが、どういう意味があるのかの説明は付いていないから良く判らない。
音律も平均律の他、純正調(長調・短調)、ピタゴラス音律など何種類もプリセットされているが、使い方の説明はどこにも無い。
面白い機械だから十分に使いこなしてみたいものだ!...
なお、Pertersonは37g、KORGは31gだが、この重さでは常時着けっぱなしと言う訳にはいかない。

| | コメント (0)

どろぼー除け

20190714-111225

大事に育てていた落花生を誰かに掘られて喰われていたので、ネットを張ってきました。
これならイタチ、ハクビシン、カラスに対応すると思われます。食い物の恨みは怖いぞ!...

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

墓前のヤマユリ

20190713-095751

父は12年前の7/7に亡くなった。その日の晩、父の書き置きが見つかり「オレが死んだら棺を百合の花で埋めてくれ」と書いてあった。
百合の花といえば当然ヤマユリのことで、父母はこよなくヤマユリの花を愛していた。
わたしは山で百合を見つけると切り取って家に持って帰ってきた。すると父と母はそれを奪い合うように、父は油絵で母は日本画で描き始めるのだった。
したがって、7年前の7/7、わたしは父の望みを叶えようと安部街道を走り回ったが、ヤマユリはどこにも咲いていなかった。しかたなくカサブランカで間に合わせたのだった。
先日の父の命日にもそのことを思いだし、ヤマユリを探しながら井川に行った。途中で見事に咲いている2輪揃って咲いているヤマユリを見つけたのだが、さすがに今どきは山の花を切り取ることなど出来ようはずもない。
そんなわけで、12年間父との約束を果たせないで今日に至ったが、今日、お寺にお盆の準備に出かけたら花屋さんにヤマユリの花があった。まだツボミで開花してないがやっと父と母の墓前にヤマユリの花を捧げることが出来た。
今日は2人とも自宅に帰ってしまうが、盆明けの16日には墓前のヤマユリはきれいに開花しているだろう……

| | コメント (0)

焼団子「仁志乃」

P7130002 
盆の入り、ウチのお墓顕光院のすぐ側に焼団子の老舗[仁志乃]がある。
今日のお昼はこれだ!
注文してから焼くので時間がかかるのだが、味は格別。
先祖に感謝しながら団子をいただく。
なお、彼岸にはこのお店は「おはぎ専門店」となってしまうので、墓参りの後寄るのは盆だけである。

| | コメント (0)

藤紋陶箱

Dsc07323 Dsc07320
陶芸家:森恵子作[藤紋陶箱]がやっと届いた。見事な藤の花が描かれている。
見ているだけでワクワクするが、何を入れようか?… やはり食い物かなぁ?…

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

落花生どろぼー

20190712-145439 20190712-145355
やられた〜!... くやしい! 楽しみにしていた落花生を盗まれてしまった。
だれだ〜?… 犯人は!
落花生の殻が並べておいてあるけど、わたしが並べたんでは無い。犯人の仕業だ!...
以前、食い頃になったスイカをやられたことがある。その食い方からすると犯人はイタチかテンか?…
さて、この落花生はダレダ? 掘り出した落花生も小さいのは残して大きいのだけを選んで実だけ食べているではないか。
今回もイタチとかテンとかだろうか? カラスも考えられる。トマトはほとんどカラスにやられてしまう。ただし、クチバシで啄んだあとは無いんだよな。 だれだ〜
急いで無事な苗を掘り起こしてみたら、まだ実は小さい。どうやら、食べ頃の株を理解しているようだ。
残りの少しを持ち帰り、茹でてみたらすごくおいしい! あぁ、腹が立つ!...

| | コメント (2)

2019年7月11日 (木)

終活「自分史」

20190706-1753342
いよいよ老い先短くなってきたので、自分のルーツを見なおす作業を行っています。
しかし、両親はもういなく親戚も無いので、自分の記憶に辿るしか出来ません。
といっても記憶も曖昧で、聞かされた話しや思い込みや想像が混乱し正確さを失うものとなっていますが、子や孫におじいさんのこどもの頃を伝えたくて[わたしの昭和史]として編纂中。現在A4版32ページまで進行中。
そんな折り、先日オクシズ井川に向かう途中、ついにわたしが2才の頃住んでいた場所を発見しました。
もちろんほとんど記憶は無いのですが、以前から父に玉川の学校に勤めていたことがあって、川の反対側の宿舎から学校に向かって「おとーちゃーん」と叫んでいたという話を聞いていたのです。その場所が気になっていたんですがいままで何度探しても見つからなかったのです。
先日玉川の右岸をのんびりクルマで走っていたら左側に二宮金次郎の像があったのです。20190708-135226-hdr
あ〜、これだ、と思ってクルマを停めて入っていったら昭和46年に廃校になった[玉川西小学校跡]の碑を見つけました。きっと両親を連れてきたら懐かしがるだろうなぁと思いながら感慨にふけりました。

ここの住宅でわたしは父にダッコされお月様を見ていたそうです。そうしたら急に月が雲に隠れたのを見て「お月様、バッチー」と言ったとかで、両親は「末は芸術家か?…」とざわめいたという話しを何度も聞かされました。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

ズガニうどん

20190710-123629
まん中に乗っているのは梅干しではありません。
これはモクズガニ(伊豆ではズガニと呼んでいる)なのです。
モクズガニはわたしの家すぐ側の川や毎夜お散歩に行く池にも住んでいますが、年に1回海に出るそうです。
これを茹でて食べるととてもおいしいのです。
しかし、よほど大きくないと身がありません。で、伊豆地方ではズガニ汁といって、臼でひいてそのままダシにして汁やうどんでいただくそうです。
このうどんもとてもいい出汁が出ていました。(冷川の筏端)

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

オクシズのスキー場は濃霧の中

Dsc07100
豊富な登山経験をもつアマティだが、霧の中を走る経験は無かったかも知れない。
いつになくうれしそうに走り回っていたが、視界10mを離れる事は無かった。
Dsc07156
Dsc07171
スキー場の管理人の飼い犬、甲斐犬のジマちゃんは珍しく人になれなれしい子だったが、後足首がないのにじょうずに走る。無許可無申告のくくり罠にやられたという。
あれだけはやめて欲しいな!... せめて表示してほしい。イヌは読めなくても親は読めるんだから……

| | コメント (0)

オクシズのヤナギラン

昨日はご馳走を食べ過ぎてしまい、山でも歩いてこようかと思ったら先日の新聞にオクシズ井川のリバウエルスキー場にヤナギランが咲きだしたという記事が載っていたのを思いだした。
「何を馬鹿な事言ってんだ、そんなところにヤナギランが咲くはずが無い」と思って記事を読んでみたら、案の定かってはヤナギランの大群落を作っていた山伏岳のヤナギランをスキー場に植えたんだという。(山伏岳のヤナギランは鹿害に遭い頑丈な柵で囲ってある)
「それでは山伏岳のヤナギランを井川に見に行ってみよう」と思い付いた次第。山伏岳のヤナギランは8月に入らないと咲かないからな!...

Dsc07080
Dsc07085
Dsc07081
濃い霧の中に咲くヤナギランは幻想的で雄大であでやかな姿を見せてくれました。
夏のスキー場一面に繁ってほしいものです。
それにしても鹿害、なんとかならないものか……

| | コメント (0)

牛妻のトウモロコシ

20190708-141630
オクシズ方面に行く井川梅ヶ島線の牛妻で恒例の朝摘みトウモロコシ販売が始まっています。  ゴールドラッシュ。おいしかった!

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

鰻割烹[瞬]のサプライズ

久しぶりに夜のコースをいただいてきました。酒も飲まないで3時間にも及ぶ料理なので全てに大満足なのですが、今晩も大サプライスがありましたよ〜。

20190707-1846251
まずは鮎のぶった切り。口に入れて食感に驚き歯触りに驚きおいしさに驚く。
ヒェ〜、こんなの始めて!... 生きている鮎をぶった切らないと骨まで柔らかく喰えないんだって!...
親方はこのベビーキュウリというか花キュウリというか、これをお客に食べさせたくて裏の畑にキュウリ苗を20数本植えました。
わたしはその畑の畝造りのお手伝いが出来たことを大変幸せに思っております。

20190707-2022382
熟成肉がおいしいという話題は知っていたので、自分でも熟成牛や熟成豚を買ってきて焼くのだが、どうもフツーのステーキとの違いが出ない。なんだ、そんな程度か、と思っていたところにこの熟成牛のステーキが出てきた。
あきれた! やはり牛肉は熟成させなければダメだ!...

20190707-2031172
これは川釣りの天然鰻の丼。いつもの天然鰻だが、2週間前に予約したときから親方が探し回って4人分の特上品を鰻を用意してくれた。
味が濃くてねぇ〜、もう言うことなし!...

20190707-2032181
言うことが1つありました。
この鰻は蒸さないで炭火で焼いているだけです。蒸してなくてこの肉厚は信じられない。
ボクがこの鰻にこだわっているのは、こどもの頃よく獲ってきた川鰻を土佐出身の母が捌いて焼いてくれたあの記憶が残っているからです。焼きながら母は「静岡でははじめに蒸かしてから焼くんだよね」と話していたのが思い出されます。
たしかに、蒸かしてしまうとフワフワには仕上がりますが鰻の味は飛んでしまいます。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

新ところてん

P7050019
今年はところてん・寒天の材料であるテングサがかなり不漁のようです。
値段は例年の3倍くらいしました。

P7050004
さすがに新ところてんは大変おいしいし色もきれいです。

P7050008
ところで、心太(ところてん)と寒天の区別が難しいですねぇ。
寒天はところてんを凍らせて乾燥させたものだと言うことはわかりますが、下の写真のようにところ天突きで細くしてない棒状のもの、寒天を作る前の棒状のものをなんというのかが、どうしても解らない!...  誰か知りませんか?…

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

山形名物

P7050002
山形物産展でこれも買っちゃいました。
これは富貴豆です。本当は山田屋の富貴豆を食べたいのですが、これは直接買いに行かないと手に入りません。でも、これもおいしいです。(これはおかずでは無く高級和菓子です)

P7040011
これはお菓子では無く極上おかずです。このコンニャク玉はなぜかうまい。
コンニャクを丸く作っただけだと思うんだけど、お菓子にしたいほどおいしいです。
煮たものも売っているし、このように自宅で煮ることもできます。

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

山形物産展

松坂屋静岡店で山形物産展が催されている。久しぶりに富貴豆を食べたくて出かけてみた。
昨日は松崎でスイーツを買ってきたばかりだったが、またまたおいしそうなものを見つけて、いま、どうしたら賞味期限内に食べきるかが大きな課題となっている。
そのなかでも、特に急いで食べなければならない極上の菓子をアップする。

P7040024
枝豆をすりつぶして餅を包んだ[ずんだもち]が大好きなんですが、静岡で買えるのはどれも冷凍品です。
今回は会場で作りながら生ずんだ餅を販売していました。
口に入れた瞬間、枝豆の香りが口中に広がりとてもおいしかった。
ただ、餅が大きいので2つ食べるのが精一杯です。

P7040029
これは栃餅です。わたしは大好きで、各地で栃餅を見つけると食べています。
今回は何種類かの栃餅があって、食べ比べたのですが、中でも最もおいしいのが白餡栃餅でした。
これが一番栃の味や香りが濃く出来ていました。白餡だけは餅だけで無く餡にも栃を混ぜて作ったと言っていました。

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

フランソワーズのオレンジケーキ

P7050021
P7050039
松崎を通るときはどうしてもこのお店に引き寄せられてしまいます。
このケーキを買って帰らないと、伊豆に来た気がしません。

| | コメント (0)

2枚葉桜餅

P7040007
松崎を通るときにはどうしても買わねばならないモノがある。
その1つが[長八さくらもち]です。

| | コメント (0)

久しぶりの海水浴

梅雨の合間を縫って爪木崎に行ってきました。誰もいない海岸だから、アマティはやりたい放題!...
Dsc06949
Dsc06982
海に行くんだから当然泳ぐだろうなと思って、ポリタンクに15リットルの水を持っていき、帰りにはザブザブかける予定でした。

Dsc06826
Photo_20190703204501
ちょうど干潮で浜辺は干上がり、アチコチに小さな塩水プールが出来ています。

全身塩水に浸かったので、とても15リットルの水をかけてもベタベタは取れません。
お家に帰ってお風呂でシャンプーしようとしたときです。アマティを呼んでも付いてこないので「あれ?」と思って玄関を見たら網戸が少し開いている!... 
アマティは脱走したのです。こんなことは先代から22年間、初めてのことです。
わたしはこの時間いつも行く城北公園に探しに行き、カアサンは交番に電話をして手分けして探しました。そのうち、カアサンから電話があり、「近所のお家で保護されている」と連絡があったようで、オマワリサンと迎えに行ったとさ……
保護してくれたお家で「ご飯を食べさせておきました」と言ってたけど、いやいやアマティは自分のウチで晩ご飯を食べてすぐの出来事でした。
海や山で好き放題走り回っているアマティには、お家の中での生活は退屈なんだろな!
ましてやこれから「お風呂に入れる」なんて話していたから急に家出したくなったんだろうか?…
いや〜、寿命縮まったぜ・・・・・・・・!

| | コメント (0)

桃色伊豆浅葱

P7030003 S__17670147
モモイロイズアサツキと読むネギ科の植物という。白花があると言うことで探したが、見つからなかった。
海岸の岩場に咲いているだけあって、がっちりしたアサツキだった。

| | コメント (0)

はまゆう

Dsc06815
Dsc06817
浜木綿(笑)はまゆう)はどこでも見られる大きな花だが、海岸の岩場に咲くハマユウは迫力満点。

| | コメント (0)

スカシユリがきれい!

Dsc06804
スカシユリは海岸の岩場に生えるオレンジ色の百合で、美しく迫力もあるから大好き!
アザミといっしょに咲いている姿は珍しい。
Dsc07066


| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

夏はトコロテンがおいしい

P6300008
夏のおやつはトコロテンに限る。
こどもの頃は駄菓子屋で静岡おでんを売っていて、夏になるとところてんを売っていた。
お小遣いを握りしめて食べに行ったものだ。
いまは、テングサを買ってくるとカアサンがトコロテンを作ってくれる。

P7020013
これはトコロテンを押し出す前の材料。サイコロ状に切り、ゴマペーストをかけていただく。  わが家の夏の定番メニュー。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

梅雨の合間に

Dsc06660
天気予報は連日雨模様なので、梅雨明けを待っていたら何も出来なくなってしまう。
仕方ないからカッパを準備して富士山西臼塚近辺(1200)に野生蘭を探しに出かけたら登山口にいきなり[熊出没注意]の看板が……
イザ、熊が出たらアマティはわたしたちを守ってくれるんだろうか、まっ先に逃げ出すんだろうか?… いつもの低い声で吠えながら襲っていくのではないかと思うとコワイ! 
頼むから逃げてくれ!...

Dsc06710
今にも雨が落ちそうな空模様だが写真にはその不気味さが映らないが、動きのある写真はこれ1枚しかなかったのがその証明である。(他の写真は全部ブレブレ)

Dsc06744
Dsc06776
アマティは「登れ」といえばこんなところにも登ってしまう。これでは病院の診察台にピョコンと登ってしまう訳だ。
きょうは朽ち果てた苔むした倒木に生える野生蘭を探しに来て、結局見つからなかったのだが、例えばこの木。わたしは30年以上前からこの木を見ているのだが、未だに苔も生えていないし朽ちてもいない。この木が朽ちて苔が生え野生蘭が根付くのはいったいいつのことだ……

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »