« アマティもグッタリ!... | トップページ | 初ものワラビ »

2019年6月 9日 (日)

幻となったアツモリソウ

201969dsc09907
このアツモリソウは昨年(2018)6月9日に某山を探索していて見つけた貴重な野生蘭です。この山ではこんな花が咲いたらすぐに保護してしまうので、いまでは野生のアツモリソウを見ることはなかなか出来ません。
今年もあそこで咲いているだろうかと、昨日(6月8日)は老体をムチ打って出かけてきたのですが、残念ながら会うことができませんでした。
1つには、昨年はすでに咲いていた保護されたアツモリソウは今年はまだ堅いツボミでした。キバナアツモリも昨年は満開だったのに今年は花芽が首をもたげたばかりでした。カモメランも昨年は見ごろだったのに、今年はあわてん坊が咲きだしたばかりの状態。
すなわち、昨年の野生蘭は開花が早く、今年は遅れていると言うことです。この花も大きくてピンクなので咲きだせば遠くからも見えるのですが、緑色をしたツボミでは見つけるのが難しいのです。
もう1つには、野生で残っている株はヒトやケモノが近づけないところに限っていることです。昨年も実は他の花を探して岩場に迷い込んだときに見つけました。が、今年は地形が変わってしまい、その場所に近づけなかったのです。
以上から、今年はあと7〜10日すれば野生蘭たちは咲く出すと思うのですが、ボクには今月中にもう一回あの山に登る元気はありません。
そういえば、昨日、わたしたちを追い抜いて力強く登って行く老人に会いました。あとで年齢を聞いて驚いたのは83才のおじいさんだったのです。
わたしがあと8年したらとてもこんな山には来られないだろうな……

|

« アマティもグッタリ!... | トップページ | 初ものワラビ »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマティもグッタリ!... | トップページ | 初ものワラビ »