« シュトーレン | トップページ | 自家菜園 »

2018年12月 8日 (土)

チェロ用松ヤニ

Pc060018

松ヤニは1つ持っていれば何十年も持つものなので、大概は落として割れたり何処かに置き忘れたりして最後まで使い切ることはほとんどない。
たぶん賞味期限もないし、割れたものでも使えるのだが、松ヤニのメーカーによって音が全く違うと言われているのも知っている。
ただ「松ヤニの試奏」ははなはだやりにくく(1度使ってしまうと商品価値がなくなる)、毛替えの度に松ヤニを変えるのもあまり現実的でない。
ま、何はともあれ、わたしの所にも数個の使いカケの松ヤニがゴロゴロしているが、ほとんどはヴァイオリン用で、チェロ用は1つだけだった。
通常はヴァイオリン用、気分によってチェロ用、たまに混ぜて使うことで満足していた。
しかし、何かの拍子に[ラーセンのチェロ用松ヤニ]があることを知り、わたしはチェロのA線D線にラーセンのソリストを使っていることもあり取り寄せてみて驚いた。
いままでの松ヤニと全く違うからだ。(毛替えはしないで重ね塗り)
食い付きや発音がおそろしくよくなり、かといってレガートも弾きやすい。粘りが強すぎるのが若干気になるが、とても楽しくなったのでしばらくはこれを使ってみよう。
(ただしこの使用レポートは、楽器や弓の個性、使用する弦、気候などによって違うから注意が必要)

|

« シュトーレン | トップページ | 自家菜園 »

音楽/チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュトーレン | トップページ | 自家菜園 »