« ダイコンの初収穫だいこんチーズサンド巻き | トップページ | 靴はスニーカーが一足あればいい »

2018年11月12日 (月)

森町の栄正堂の梅衣と蒸し羊羹

Pb120003_4

Pb130006_2

小京都ともいわれる周智郡森町はわたしの大好きな町の1つなのでよく訪れる。
最も大きな要因は[入鹿ハム]という無添加ハム工房があるので、そこでハム類を買うと共にいろいろな情報を仕入れる。
もともと森町は梅衣発祥の地であり栗蒸し羊羹も有名で、沢山の和菓子屋さんが点在する中で今回は栄正堂を紹介して貰った。
梅衣は餡を包んだ求肥(餅)を蜜漬けの紫蘇で巻いたもので、大変おいしい。栄正堂の梅衣は紫蘇の香りが大変よく、かけてある蜜は塩がよく効いて他店にないおいしさがある。
栗蒸し羊羹は栗の量が半端ないうえに羊羹の味がとても自然で混ざり気のないおいしさがある。

|

« ダイコンの初収穫だいこんチーズサンド巻き | トップページ | 靴はスニーカーが一足あればいい »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

涎の出そうな記事が続いていますね。
梅衣は、私も大好きな和菓子で、春野へ行った帰りに何時も買って来ます。
元渓流釣り師は、アマゴの味も忘れられません。
眠っている虫を起こされるようで困ります

投稿: やまぶどう | 2018年11月13日 (火) 19:50

やまぶどうさん

それはそれは失礼をいたしました。
秋は何を食べてもおいしい時季ですのでお許し下さい!...
それにしてもアマゴの雑炊はいい出汁が出ていておいしかったです。(笑)

投稿: yopi | 2018年11月13日 (火) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイコンの初収穫だいこんチーズサンド巻き | トップページ | 靴はスニーカーが一足あればいい »