« 茶臼山の紅葉 | トップページ | 今年最後のマツタケ »

2018年10月30日 (火)

しし鍋

Pa300259

Pa300241_4

Pa300242_2

さいきん長野県の最も南ハズレにある売木村の「うるぎふるさと館」がお気に入りで、鳳来の小屋に来たときにはここまで足を伸ばすことが多い。
いわゆる道の駅と似ていて地域のものを委託販売しているが、天然のキノコ類やマツタケなどが豊富なのは他に類を見ない。
さらにシシ肉やシカ肉も置いてあるからうれしい。
そんなわけで、今晩はしし鍋。

Pa310362_2

Pa310369_2

わたしたちが大騒ぎしてシシに肉を食べている(時々アマティに差し入れがあるが)のをガマンしていたアマティはやっと“シシ丼”にありつけた。(↑)
もうほとんどトーサンカーサンに食べられてしまって少ししか残っていないが、アマティにとってみればこれでも大ご馳走。
「マテ」をされている間、ご飯を見ると自制心が無くなることを熟知しているアマティは、横を見ながらヨダレを垂らしてガマンしているの図。

|

« 茶臼山の紅葉 | トップページ | 今年最後のマツタケ »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶臼山の紅葉 | トップページ | 今年最後のマツタケ »