« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

山栗きんとん

Dsc09403_2

Dsc09414_2

わたしが山栗を大好きなことを知っている方が、山栗を送ってくれました。
さっそく栗きんとんの作成です。この栗はとても色がきれいで香りがよくめったに食べられない良品です。
おそらく山栗で栗きんとんを作る人は1人を覗いていません。なぜなら栗が小さいのでものすごく手間がかかり、とても仕事にはならないからです。
では、その1人というのは誰かというと、割烹[楽居]を先日引退した親方です。山栗きんとんを出されたときは「目から鱗」でした。味を追求する人はスゴイですね。
それから、おそらくもう1人、この栗を送ってくださった方がまもなく山栗きんとんに挑戦するはずです。きっと病み付きとなることでしょう!...
この山栗のきんとんを食ったら、普通の栗きんとんは食べられないですよ。

| | コメント (0)

毛虫(チャドクガの幼虫)大発生

P9300021

こんばん台風が通過すると言うことで庭を見回していたらアレ?椿の木が坊主になっている!...
よく見たら、あ〜ぁ、アイツです、チャドクガの幼虫。(ウチには椿の木が2本あるのですが、2年に1回はこいつが大発生して丸坊主となるのです)

P9300027_2

P9300015_2

いそいで殺虫剤をまいたのですが、今日の雨で流されなければいいけど…

| | コメント (2)

2018年9月28日 (金)

コケモモ狩り

P9280042

P9280034_2

今年もコケモモ狩りに行ってきました。
ゴク小さなリンゴのような実で、食べてもおいしくありませんが、ジャムにするととてもおいしいのです。(ikeaのジャムが有名)
そんなわけで、かれこれ30年ほぼ欠かさずに摘みに来ています。
ことしは台風を控えているので例年よりやや早めにきたら、すでにまっ盛り。ハイマツの下に入り込んで摘むので体制的にはかなり腰に来るのですが、タップリ収穫できました。

P9280166_2

P9280001_2

わたしの最も好きなのはコケモモたっぷりパウンドケーキです。

| | コメント (0)

富士山に遊ぶ

P9280076_2

P9280089_2

S__57671690_2

きょうはクリちゃん家とアマティ家で富士山の五〜六合目付近で遊びました。
アマちゃん、少しはお兄さんらしくクリちゃんの面倒を見れたかなぁ?…

P9280030_2

P9280032

アマティはハイマツの下にいます。ハイマツの色はアマティのカラーなんです。
色合いがいいですよね! そういえば首輪も同色です。

P9280016_2

P9280134_2

P9280129_2

S__57671691_4

きょうは静岡はいいお天気でスゴイ残暑だったようですが、こちらではずっと雲の中。
寒くてフリースを着込んでいます。
みんな大満足してガスの中を家路に向かいます。

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

高根白山神社の狛犬

Dsc09352_2

Dsc09352_4

高根山の山頂僅か下に大層立派な高根白山神社がある。歴史ある神殿だが、管理はとてもしっかりしていて美しい姿を保っている。
が、この神社には狛犬は鎮座していない。
そこでアマティに相談して一時的に狛犬を努めて貰った。
わたしは江戸時代以前の古式狛犬を訪れているのだが、なぜか洋犬のアマティは江戸時代の狛犬に似ている。

Dsc09378_2

Dsc09380

お仕事を終えたアマティは、なにかお駄賃をもらえると思って勇んで階段を降りてきたが、残念ながらわたしはおやつを何も持っていなかった。

(上の狛犬もどきの写真は反転したものなので阿吽の形相をしていないのが残念)

| | コメント (0)

エンシュウハグマ

P9270014_2

P9270045_2

今年は春から夏にかけ花の時期が半月ほど早かった。夏はものすごい殺人的な酷暑だったし、秋は雨が多い上に暑かった。富士山の初冠雪は早かったし、秋は早いのではなかろうかと思って藤枝市の最高峰に行ってきました。 あぁ〜、少し早すぎた〜!... ツボミがいっぱいあります。
それにしても不思議な花です。とても心を惹かれます。

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

ダイコン発芽

20180926_104634_2

20180926_104648_2

ダイコン菜ができてきました。
左側が9/13に種を蒔いたもので、右側は9日後の9/21に種を蒔いたものです。

実はもう1本ダイコン用の畝があって、そこはまだ種まきしていません。最後の1畝は10月になってから種を蒔いてみようと思います。

なぜなら、採れたてのダイコンはとてもおいしいので、毎年お正月にはダイコンが終わってしまうので、種まきの時期を10日ずつずらしてみようと考えたのです。

20180926_113027

実はこの考えは以前からあり、キュウリやトマトで実験しているのですが、いまだに1度として成功していません。どれも同時に実がなり同時に終わってしまうので、苗を植える時期をずらしてもほとんど効果が見られません。
ただ、ダイコンはもしかしたら成功するかも知れないという淡い期待を持っています。

右の防虫ネットの中はキャベツとブロッコリーを今日植えました。

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

やはりハイエース記事だった!

20180925_125727

鳳来の小屋から帰ってくると、久しぶりにわたしのブログの[人気記事ランキング]1〜10位が全部ハイエース関係になっていました。(以前にもあった)

これによると結局犬のことも花のこともほとんど読まれず、ハイエース関係の読者がほとんどだと言うことがわかります。
よって、わたしのブログへアクセスされる方の年代の大半が30代ということも納得できます。50代以上はいない訳です。
でも、これだけすばらしいクルマですから、30代と言わず40代50代60代そしてわたしのような70代にも乗って欲しいと思います。

| | コメント (0)

鳳来小屋の朝散歩

Dsc08770_2

Dsc08674_2

Dsc08875_2

Dsc08645_2

Dsc08888_2

犬はやはり何と言っても走っている姿が美しい!
そして、後ろ足で地面をキックしたときのお尻がなんともセクシー!?

Dsc09221_2

イノシシのように猛進する瞬発力はわたしが忘れ去ってしまったものを思い出させてくれる。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

今年2回目の草刈り

20180924_093904_2 20180924_103944_2

20180924_103907_2

7/9に山小屋の草刈りをしたのだが、もう人が通れないほど草ボウボウ。
左上が使用前、右上が使用後。
左はきょう刈り取った雑草の山です。
これだけの草刈りを手でやったら丸々2日はかかりますが、草刈りを使うと2時間ほどで刈れてしまいます。しかし、草刈り機もかなり腰に来ます。
2日分の仕事を短時間で済ませたけれど、腰の疲れは2日分かなという感じです。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

アケボノシュスラン

P9230088_2

P9230061

P9230078_2

あけぼの色に咲きだしたアケボノシュスラン、今年もいい状態で会えてよかった!

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

噂の最中[空也]

P9210004

P9210008_2

保存料、添加物をいっさいを用いない昔ながらの製法で、銀座六丁目に店を構える志月屋のもなか「くうや」
甘すぎず、小豆の香りがプーンと漂う、食べる楽しみを五感で味わえるおいしい最中。
予約無しではまず買えないという貴重な味だ!

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

事故ハイエースがきれいになって帰ってきた

20180827_172609_3

20180920_091841_hdr_2

8月27日、飛騨高山に着く直前、82才のボケ老人が一旦停止を無視してわたしのハイエースにぶつかってきた。(住所も電話番号も正しく言えない状態ではボケと言われても仕方なかろう)
それはともかくとして、傷はかなりの重傷だが2週間で仕上げてくれた。
久しぶりに愛車に乗ったがやはりいいクルマだな〜! なんだろ〜この躍動感は!...

| | コメント (2)

2018年9月19日 (水)

瞬で旬の川うなぎ

炭焼き鰻[瞬]の裏山に生えている山栗の状態を偵察に、お昼を食べに行ってきた。
山栗はまだ早かったが一面にヒガンバナが咲いていて見事だった。

P9190002

P9190010_2

うなぎサラダがますますの食欲を誘い、急にお腹が減ってくる。
お椀は獲りたての天然マイタケ。

P9190006_2

P9190019_2

これがいま旬の天然川うなぎ。
思いっきりかぶりついたらなんと口に入らないほどの肉厚。(㊨写真) 
驚いてまじまじと肉の厚さを見ていたら親方に笑われてしまいました。養殖うなぎの2〜3倍はありそうです。
栄養と脂肪を体中にため込んだ川うなぎは味が凝縮してこの世のものとは思えないおいしさです。

| | コメント (0)

久しぶりの谷津山

Dsc08539

Dsc08333_2

Dsc08492_3

Dsc08304

今年の夏は異常に暑くて、谷津山散歩は長い間おやすみしていました。調べてみたらなんと6/1以来だから4ヶ月近くのおやすみです。今朝は涼しい風が吹いていたのでお出かけしてみました。
以前は自宅から谷津山山頂往復で65分でしたが、今日は90分かかりました。
確実に老いていることを感じますが、アマティもジャンプ力が落ちていますねぇ。

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

山栗の栗きんとん 第2段(2/5)

P9180008_2

P9180003_2

先日、伊豆で山栗を5袋手に入れました。その日のうちに1袋を使って栗きんとんを作り、残りは冷凍してあります。その1袋を使って第2段山栗きんとんを作りました。
解凍して蒸かしておけば30分ほどでこれだけの栗きんとんができます。
わたしは冷凍の食品はおいしくないからほとんど食べないのですが、栗だけは冷凍しておくと反っておいしくなる気がします。
いや〜、おいしい、すごくおいしい!!  中津川? すや? あれは食う気になりません!!!

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

ウメガシマシャジン

P9170077_2

P9170070_2

梅ヶ島に咲くイワシャジンをウメガシマシャジンと言っています。(イワシャジンより葉が細いと言われています)   美しい紫でステキに咲いていました。

| | コメント (0)

安倍川源流で遊ぶ

Dsc08068

Dsc08117_2

2日続けて源流遊び! アマティにとっては至福の時です。
ここで咥えている枝は吊り橋でも離さずそのまま家まで持ち帰りました。

| | コメント (0)

きょうもシラヒゲソウ

P9170004_2

P9170010

昨日は福士川のシラヒゲソウを訪れましたが、今日は安倍川源流のシラヒゲソウです。
いい花ですねぇ、見る度にゾクゾクします。

| | コメント (0)

安倍の大滝の魔の吊り橋

Dsc07890

この吊り橋は安倍の大滝に行くにはどうしても通らなければならない関門です。
橋の入り口に[定員1名]と書いてあるとおり(10年前は3人だった)、横揺れがスゴイのです。
なので、犬連れでここを通るのは至難の業なのです。
先代の登山犬“Hana” はこの吊り橋を1回歩いて懲りたとみえ崖を駈け降り深い川を徒渉しまた崖を駆け登るという荒技をやりました。アマティも何度かその方法を挑戦しましたが、アマティは“Hana” ほど運動能力が優れていないので、渋々吊り橋を渡っています。
今日はカアサンに先に行ってもらい、向こうからアマティの正面の顔を撮って貰おうと思って先に渡って貰ったら、どうしたことかアマティはカアサンに付いてスタコラと渡ってしまいました。

Gdsc08295_2

帰りこそ吊り橋の上のアマティの顔を撮りたいと準備していたら、あれあれ、アマティは先頭を切ってまっ先に渡りだしてしまいました。わたしは慌てて後を追いかけると、吊り橋は横揺れがひどくなりわたしが恐くなってしまいました。それでもアマティはスタコラサッサと木の枝をくわえながら行ってしまいます。わたしが呼びかけても振りかえりもしません。シッポは下がりっぱなしなのできっと怖くて早く渡りきりたかったんでしょうね!...

| | コメント (2)

2018年9月16日 (日)

天然サルナシ

20180916_130714_4

20180916_130721_2

20180916_172109_2

このルートはサルナシの木が沢山あって、籠いっぱい採ることができました。
手のひらを上にしてサルナシを包み込み、手をグッと引くと5〜6個のサルナシが手の中に残ります。これはコケモモを獲る要領ですが、サルナシにも応用できます。
ただし、実が大きいのでこぼれ落ちることがあります。
熟しているのはその場で食べ、まだ固いのは家に持ち帰りリンゴと一緒に追熟してジャムを作ります。

| | コメント (0)

シラヒゲソウ

20180916_112930_2

20180916_113106_2

きょうはシラヒゲソウ狙いで山に入った訳ではないのですが、シラヒゲソウはわたしの顔の髭のようで、大変愛着があります。
左の岩にビッシリシラヒゲソウが咲いているのですが、余りよくわかりませんね…長靴を履いているにもかかわらず、どうしても向こう側に行くことができませんでした。
その上、どうしたことでしょう、ザックを開けたらカメラが入っていなかったのです。仕方なく今日の写真はスマホです。
今日は目当ての花に会えなかったのでこんな時にカメラを忘れたのはラッキーだったかも知れませんが、シラヒゲソウに会えたこともラッキーな出来事でした。

| | コメント (0)

グリーン テーブル

20180916_122018

20180916_122035_2

20180916_130545_2

この道はかっての「東海自然歩道」(1973年に完成した東京から大阪を繋ぐ長距離遊歩道)なのですが、現在は見る影もなく荒れ果てています。
ここも多分に漏れずこの状態。
当時作られたイスとテーブルは苔が生え異様な雰囲気を醸しています。まぁ、それはそれで「美しい」とも言えますけどね!?
アマティはその苔の上に寝そべってお腹を冷やしています。

あとで気付いたのですが、恐らくわたしたち3人、ここでヤマビルの猛攻撃を受けていたようです。わたしもカアサンも喰われましたが、アマティにはごっそり付いていました。(かまれたのは2匹だったが)

| | コメント (0)

渓谷のアマティ

20180916_1128035

20180916_115505

20180916_115507_2

20180916_115508_2

きょうはある花を探しに福士川を遡上してみました。 見事な渓谷の連続で、アマティは興奮しっぱなしです。

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

サルナシ

20180812_151709_2

P9090323_2

P9100342_2

P9150008_2

この時季、山歩きをしていてこのサルナシに出会うと(600m以上)大喜びでむさぼる。
おそらく山で採れる木の実としては最高においしい果実の1つだろう。(もう1つは山栗)
味はキウイの味を濃くしたものでとてもおいしい。ただし、熊や猿との奪い合いというか早い者勝ちだからヤツらには負けたくない。
最後の写真だけが完熟品で、熟さないとおいしくないから実が堅かったらしばらく寝かせておく。
実はこのサルナシがなぜか鳳来の小屋に生えている。鳥が種を落として行ったのだろうか?… 最近は毎年2cmほどの実を付けて楽しませてくれる。

| | コメント (2)

2018年9月14日 (金)

ブログの怪

20180911_90942

これはわたしのブログにアクセスした方の年代を解析したグラフです。
以前にもこのグラフをアップしたことがあったのですが、今回驚くべき数値が出てきました。
①30代のお客様       73.1%
②50代以上のお客様 0%
ちなみにわたしはまもなく後期高齢者です。
う〜む、10代が0%なのは納得できますが、30代がなぜ73%とダントツなのか?…
わたしのブログは日記代わりなのでカテゴリーが雑多に羅列されていますが、以前ハイエースII型に乗っていたときの(現在はIV)排気ガストラブルの記事と、現在を含め車中泊旅行が多いからだと思われます。(検索順位からも伺える)
しかし、50代以上は0%と言うことは、わたしと同じ70代には全く指示されていないことを物語っています。
たしかに50代以上でハイエースに乗っている人はほとんどいないので納得できますが、わたしのカテゴリーは多岐にわたっているんですがね〜。

20180913_85817_2

20180913_85838_2

上はアクセス地域別のランキング図です。最新のデータですが、データ収集期間が少し違うようで左右に若干の相違がありますが大まかにはこの状態です。
驚くべきはわたしのベースである静岡県が第8位であること、1位が遠い高知県か鹿児島県?
見れば見るほど不思議な図ですが、ブログというのは思っているほどローカルなものでは無く、全国区なんだと言うことですね。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

山栗きんとん

P9130029_2

これはそんじょそこらの栗きんとんとは違う!一般に出回っている栗きんとんとは全く別ものと言っていい栗きんとんだ。
というのは昨日、伊東に行く途中に大仁のまごころ広場で待望の[ヤマグリ]を見つけて買い締めしてきた。このヤマグリで作った栗きんとんは中津川の栗きんとんでは太刀打ちできない旨さがある。
さっそく栗きんとんを作った。(わたしは料理はしないがこれだけはやる)

P9130014

20180912_112116_3

5袋買って4袋は冷凍保存し、きょうほじりだした300g(一袋)がこの写真。
大変おいしい。 栗が小さいから普通の栗の何倍も手間がかかるが、普通の栗の何倍もおいしい。

| | コメント (0)

ダイコンの種まき

P9130008_2

P9130002_2

ダイコンの種蒔に間に合いました。
マルチに穴を開け3〜4粒の種を蒔いてきました。
わたしは大根が好きなので、ダイコンの畝を3本も作りました。採れたてのダイコンの味は格別だからです。
しかし、いっぺんにこれだけのダイコンができてしまったら、さすがのわたしも食べきれないのでご近所に配るしかありません。
そこで今年は工夫を凝らして、1週間おきに3回に分けて種を植えようと思います。ただし、この方法はトマトやキュウリで何度も試しているのですが、いまだ1回として成功した試しはありません。

P9130010

ちょうど1週間前に畝を作り、その後留守にしていたり雨が降ったりでそのままにしていたのですが、今日行ってビックリしました。
さすがにウチの雑草はスゴイです。真っ黒いビニールを突き破って芽を出していました。
雑草は全部刈り取って耕耘機を掛け根をズタズタに切り刻んでおいたんですがねぇ。
写真を撮ることに夢中になり、摘み取るのを忘れて帰ってしまいました。すでにいまは雨が降っていますから、この雑草はますます元気に育つことでしょう。

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

今年のチャボホトトギスは?…

P9110006

P9110002_2

今年のチャボホトトギスの見頃はいつだろう?…
例年8月20日頃〜9月20日頃と幅があるので、なかなか見頃に合わせるのが難しい。
特に今年は春の花が軒並み早く咲きだし困り果てた記憶がある。では、そういう年は秋の花は早く咲くのかあるいは遅れるのかのデータは持っていないので、様子見に行ってみた。

P9110018

残念ながら開花は2輪だけで、ツボミはいくつか確認できた。
左のチャボホトトギスはきれいに咲いているが、葉は何者かに(シカかイノシシ)に喰われている。手前の花びらも虫が食ったようだ。
しかし、この花の周りにはつぼみがたくさん確認できた。
ところでこの蜜(?)、次回こそなめてみよう!...

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

野キキョウ

キキョウは園芸種ではよく見かけるが、野ではなかなか見られなくなって久しい。

P9090241_2

P9090288_2

この日、2時間前まで大雨が降っていたので、上を向いて咲いていたキキョウに水が溜まっていた。
おや?水の上にアリが乗っているぞ!! ここから蜜を吸おうと思っているのだろうか?…

| | コメント (0)

こんなところにツルボがいっぱい!!

P9090250_2

P9090269_2

P9090308

ミカワマツムシソウを見に行ったのだが、少し早すぎたようだ。かわりにこんなところにツルボが咲いていた。
大好きなピンクの花だし、咲き方がかわいいステキな花だ。

| | コメント (0)

ミカワマツムシソウ

最近マツムシソウの群落に会えていません。一体どこに行ってしまったのでしょう?…

P9090303_2

P9090297

仕方なしにと言ってはカワイソウですが、ミカワマツムシソウに会いに行ってきました。 マツムシソウに比べ花が小さく地味ですが貴賓のある美しい姿です。
まだ少し早かったけれど新鮮でステキでした。
この角度が大好きです。

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

本わらび餅

P9080215_2

稲武の近くに来ると必ず寄るのが[まつ月]です。
欲しいものは沢山あるのですが、きょうは「わらび餅」
口に入れるとス〜ッと溶けてしまう正真正銘のわらびの根から作ったわらび餅。
1箱に10個しか入ってないけど、賞味期限が2日なのでちょうどいいです。

| | コメント (0)

エンシュウツリフネソウ

P9080179

P9080184_2

ハガクレツリフネソウが咲いているかな、まだ早いかな、と思って覗いてみたら咲いてた咲いてた! 今年も会うことができました。

P9080210

キバナツリフネとエンシュウツリフネソウのツーショット

P9080175_2

横にアケボノソウが咲いていました。
この花、大好きなんですよね!

創造の神様、よくもまぁ、こんなにおしゃれな花を創ってくれたモノです。
最近アケボノソウが激減している気がするけど、どうしたんだろ〜…

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

鳳来小屋 台風21号被害

台風21号は傍若無人ぶりを発揮して駆け抜けていったが、東奥三河北部にも影響を与えたようなので、早く様子を見に行かねばと思っていた。一見何も被害が無かったと思って安堵したのだが、よく見るといくつかの被害があった。

20180910_103326_hdr

_9881_2

左上の写真は家の前の道路を隔てたところに生えている2本の大夫婦銀杏(左が♂で右が♀)だが、無残にも左の双子の片方が折れ、右の銀杏が採れる方は上半分が折れていた。
このイチョウの木はおいしいギンナンが獲れるのだがそれよりも、毎年見事な黄葉で道行く人がクルマを停めて楽しんでいるこの辺の名物なのだが……

20180910_103339_2

20180910_094315

これは敷地内の杉の木だが、数メートルのところで毟り取られ、横倒しになっていた。
手前に別の木があったからよかったが、あと3mもズレていたら2階を直撃していた。

他に被害はなかったがかなり風が強い台風だったようだ!

| | コメント (0)

ヒガンバナが出迎えてくれた!

20180907_1629412_4

P9090230_4

わたしたちが鳳来の小屋を訪れたのは9月7日の15時頃だったと思う。
左の写真のようにヒガンバナが1輪だけ咲いていいました。このあたりはアチコチでヒガンバナが咲くのにまだどこにも咲いていません。まさに1輪だけがわたしたちを迎えてくれました。
滞在中ヒガンバナの名所を2日間探し歩きましたが、ツボミは確認できるものの花は1本も見つけることができませんでした。やはりウチのはあわてん坊だったんだ!
そして10日の昼前、静岡に帰ろうとしてヒガンバナを見たら何本もの花が咲いていました。(角度は違うが同じ場所)花を辿っていくと咲いてる咲いてる!ずっと咲いてる!...
帰り際、村の中を観察しながら帰って来ましたが、ツボミは沢山あるもののまだ咲いてはいません。やはり、ウチの子たちはみんなあわてん坊!

| | コメント (0)

アマティ、初めて車載ケージに入る

Dsc07136_4

P9090229_5

代車のタウンエース(ライトエース)はハイエースのミニバンだが荷物はけっこうのせることができる。写真は後部座席を倒してアマティのケージが入っている様子だ。
ハイエースと比較するとハイエースの後部座席分が広い。ほぼドア1枚分の差だろうか。  小さい分取り回しは楽だが、およそ運転するにはつまらないクルマと言える。

Dsc07125_2

Dsc07141_2

Dsc07157_2

アマティは家の中では放し飼いですが、ケージは好きです。わたしのお稽古中はずっとケージの中で待機します。「ハウス!」と言うとサッとケージに入ります。
アマティはクルマの中でも放し飼いです。(ある程度自由の利くシートベルトをしています)
アマティは後部シートが居場所ですが、普通は運転席と助手席の間に身体を滑らせてジーッと前方を見つめているのです。
しかし、今回修理代車のレンタカー会社とケージに入れる約束をしているのです。
そんな訳でアマティがおとなしくケージに入っているのかどうか全く自信はありません。
①アマティは自分からクルマに乗り込みソフトケージに入りました。横のネットの扉は閉めましたが天井ネットは開けておきました。おとなしく寝ています。
②途中SAで停車したときにアマティはいつものように運転席と助手席の間に身を置きたいと立ち上がりました。「イケナイ」と怒っても言うことを聞きません。
③そのままケージを飛び越えたたんだ後部座席の狭い所に座り込んでしまいました。
その後、きつく叱ってケージに入れ天板も締めたら覚悟したのか、その後はおとなしくしていました。

たしかに、犬の運搬は一般に言われるように、ケージに入れれば安心・安全で運搬できることが納得できました。しかし、なんと一体感のないことでしょう。これでは荷物を運ぶのと同じです。話しかけることすら出来ないのですから……

| | コメント (0)

愛犬家の事故代車問題

Dsc07119_2

8/27、高山市内で愛車ハイエースに82才の運転するジムニーが一旦停止を無視してぶつかってきた。
事故には思うところがあるので後々述べたいと思うが、取り敢えずは代車問題。
修理は何かあったらすぐに依頼する修理業者にお願いしたのだが、長期に及ぶので「犬を乗せるコトは出来ない」と代車を断られた。
さいわいわたしの保険はレンタカー契約も付いているので、保険会社に代車を探して貰ったのだが、これがなかなか厄介であった。
レンタカーも犬を乗せられる代車はないとのことである。最初から犬のことは伏せて契約してしまえばよかったのだが、正直者はバカを見る世である。最終的にケージに入れることで話しが付き、納車になったのがこのライトエース(タウンエース)。
保険の契約は1日5000円以下の車両で15日未満。
この条件を満たす一番大きなクルマがこのライトエースだった。さて、いまから荷物・ケージを満載して台風後のチェックに鳳来の小屋まで行って来よう。

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

ダイコン畑

Dsc07118

畑仕事が年々大変になってきました。
以前だったら、夏野菜を片付けて草を刈って、畑を耕して畝を作ってその後植え付けたり種を蒔いたりを1日で仕上げたのですが、まだ種を植えていないのにここまでに3日かかりました。
趣味の家庭菜園だからのんびりやればいいんだけど、昔からダイコンは「9月20日までに植える」と言われています。
また、明日からしばらくはお天気が崩れるので、なんとしても今日中に仕上げねばなりませんでした。
まぁ、何度か目まいをおこしながらも取り敢えずは予定の半分のこれだけの畝を作りました。奥の3本がダイコン用で、手前の1畝がキャベツやブロッコリーを植えます。これだけ頑張れるのも、採れたての野菜・無農薬野菜がすごくおいしいからです。
10月になったらタマネギ300個植える準備に入ります。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

“くろまめ”

P9050017_2

P9050028_2

デパートの大京都展が来ると必ず買いに行くのが大好きな[いずうのサバ寿司]
でも、最近は京都展と言っても「いずう」が来るとは限らなくなった。今回も新聞チラシでは来ないようなので、京都展自体に行かないつもりだったが、近くに行くついでがあったので寄ってしまった。
特に欲しいものはなかったのだが、豆好きのわたしの心を動かしたのがこの丹波の黒豆の甘納豆?煮豆?  これ、大好きです。
包装を開けたらなんと黒く染色された竹籠がでてきた。この中に黒豆が収まっていました。 (写真は一応カラー写真ですが……モノクロ写真になっちゃった!...)

| | コメント (0)

これはうまい!!!

P9040008

これは獲れたて落花生を茹でたモノです。今年初めて落花生を育ててみました。
収穫してみたら思いの外の豊作で、さっそく茹でてみました。茹で落花生はいままでに何度も食べたことがあったのですが、獲れたて茹でたては何倍もおいしい。
もちろん自分が育てたからと言うこともあるかも知れないけど、それを差し引いてもとてもおいしい。
それに落花生の薄皮部分がツルッとして炒りピーナッツでは味わえないおいしさです。

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

雨の日の室内遊び

台風21号でず〜っとお家の中に足止めです。退屈アマティの百面相。

2dsc07069_2

Dsc07099_2

Dsc07097_4

2dsc07071_2

Dsc07098_2

Dsc07004_2

Dsc07053_2

Dsc07070_2

Dsc07045_2

Dsc07067_2

Dsc07089_2

Dsc07010_2

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

大容量ハードディスク追加  全10T

10hd_dsc06980

わたしは道具・機械、特に電子機器は絶対信用しない。まもなく75才になるわが人生で、信じていたのに何度も何度も裏切られ続けてきたからもうダマされない。
そんな中でPCのデータのバックアップもしかり。一番最初はテープに、そのうち5.5inchのフロッピーディスク、間もなく3.5inchフロッピーディスク、その後CDやDVDになったんだったかな〜、そしてHD。さらにはDropbox等々ずいぶん便利になったが何と言ってもハードディスクが一番使いやすい。
しかも、いまはTVのビデオ録画用に大容量のHDが安く手に入るようになった。
といっても大容量HDを信頼している訳ではないので、いつも2重に保存しているからHDがいくつあっても足りない。
現在はこの4つのHDがPCにつながっている。左2つが2Tで右の2つが3Tだから合計で10TBとなる。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

茹で落花生と蒸かし薩摩芋 〜今晩のご馳走〜

P9020006_2

P9020010_2

今日の晩ご飯は先ほど掘ったばかりの茹で落花生と昨日掘った蒸かし薩摩芋でした。
落花生は初めて育てたのですが、この出来映えは上出来です。沢山、おいしく出来ました。来年は沢山育てよう!
サツマイモはマゴが掘ってくれたものです。土が硬くなってしまいクワで掘った芋ですが、予想以上においしく出来ました。エシレバターをタップリ塗って頂きました。

| | コメント (0)

2日連続野良仕事 Before After

20180901_101008_2

20180901_121851_4

Dsc06997_2

この3枚の写真はほぼ同じ位置から撮ったウチの畑の「Before After」。一枚目は昨、着手した所。158cmのマゴが雑草に沈みそうだ。(キュウリの棚を撤去中)
2枚目は余りの暑さに皆ヘロヘロになり、途中で断念してうなぎを食べに言った。
3枚目は今日、がんばってここまで雑草を刈ることが出来た。

2_dsc06999_2

こちらは奥の第2農園。トマト棚やトウモロコシ棚を撤去し、雑草もろとも刈り取った。

Dsc06998_2

Dsc07001_2

そして出来たのがこの刈り取った雑草の山々。できればこのまま乾燥して1週間ほど後に燃して焼きいもを作りたいところだが、雨の多い時期なので難しいかも知れない。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

“瞬”の川うなぎ丼

Dsc06988_2

新店舗“瞬”のお昼の予約が4席取れたので、午前の野良仕事メンバーでうなぎを食べに行ってきた。
“瞬”の完成形とも言うべき庭園と畑と建物にマゴたちは大騒ぎ。
汗だくでヘロヘロになったわたしたちを迎えてくれたのはこのう巻き。 いい味出していた〜。

Dsc06994_2

いよいよ出てきたのがこのうな丼。マゴたち3人にはワルイが、実はこのうなぎは天然の川うなぎ。
考えてみれば今日から9月。9月の声を聞くとうなぎは格段にウマくなるのは毎年の実感なのだ。今日も見事にその感覚を思い起こしてくれた。
これからが真のうなぎの季節になる。うれしいことだ!...

| | コメント (0)

夏の野良仕事

20180901_101008_2

20180901_121851_2

例年なら旧盆が明けるとすぐに取りかかった夏野菜の撤去・秋野菜の準備なのだが、今年の暑さはそれをわたしたちにさせなかった。
おかげで夏野菜は終焉を迎えたのに夏草はますます元気さを倍増させ、長靴を履いたわたしたちでさえ畑に分け入ることを拒むほどだった。
今朝も「9月になったのに涼しくならないなぁ」と思っていたら、近所のマゴから「おじいちゃん、畑をやろう」とLINEが入った。え?と思ったが、考えてみればマゴは最近うなぎ屋さんに連れて行ってもらえてなかったし、畑仕事をした後はうなぎを食べに行くことを熟知していたからだ。
まぁ、そんな企みを承知した上で畑作業に取りかかった。
写真はBefore㊧ After㊨、今日はここまで!...

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »