« 楽居、最後のサプライズ | トップページ | これが噂の水信玄餅 »

2018年8月23日 (木)

楽居、サプライズの思い出

楽居に行く度においしいサプライズがあったのだが、最も心に残る料理を上げて見る。

P5090002_2

おこぜは佐渡で食べるお気に入りの魚だが、伊東で食べられるとは思わなかった。
何度もたべることが出来たのはラッキーだった。

Pc200047_2

Pc200027_2

季節のお得意料理だと思うのだが、セイコガニ・テナガエビ、おいしかったな〜!
何度たべてもおいしい!

Pc200056_2

Img_0336_2

キンメがありますが焼きますか?煮ますか?なんてよく聞かれたものです。
ボクはいつも煮魚をお願いしました。写真はキンメダイとクロムツです。

P5090014

このトリ貝はおいしかった。この貝は忘れられません。

Photo_2

楽居の料理の中でもこれこそ一生忘れられないものです。「脱皮直後の柔らか伊勢海老の竜田揚げ」 伊勢海老を頭から丸かじりという、忘れもしないこの姿と味。
冥土の土産と言うににふさわしい。

_2855_2

_2857_2

これも忘れることが出来ない。
本マグロの中落ち丼です。
山葵醤油をタップリかけて頂きます。

まだまだ忘れられない料理が沢山出てきますが、これくらいにしておきましょう。
感謝感謝です。ありがとうございました。

|

« 楽居、最後のサプライズ | トップページ | これが噂の水信玄餅 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽居、最後のサプライズ | トップページ | これが噂の水信玄餅 »