« 自噴手水鉢[吾唯知足]が生き返った | トップページ | とうもろこしご飯 »

2018年6月19日 (火)

十二双川

20180114_084402_2

20180612_071304_2

20180612_0713221_4

毎朝のお散歩、十二双川に差し掛かるとアマティはどんなに引いても動かない。しかたなくリードを離してあげると喜んで飛び込み、1回しゃがむと自主的に上がってくる。(以前はおやつを見せないと上がってこなかったが)
お家の池がなくなってしまったからこれぐらいはしてあげないとかわいそうか……

以前、このあたりは何処のお宅も掘り抜き井戸を持っており、ものすごい自噴量を誇っていた。それらの水を流すきれいな小川が各家の前を流れていて、この季節はホタルが乱舞していた。この川の下流でシジミを捕った記憶もある。
いまでは唯一この十二双川だけがその当時の記憶を蘇らせてくれる。
アマティが毎朝飛び込む川の近くに上の看板がある。大変読みにくいが江戸時代の風景が思い浮かぶ。

|

« 自噴手水鉢[吾唯知足]が生き返った | トップページ | とうもろこしご飯 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~ これが十二双川ですかw(゚o゚)w
友人と電話すると良く話に出ます。川に入ってお掃除するそうですね。流れのなかのお掃除大変そうですね。
友人のご主人もご高齢になったので大変だそうです。
そんな皆様の努力があってこんなにきれいな流れがあるのですね。感動です。。。

投稿: なな | 2018年6月22日 (金) 19:39

ななさん

いまどきこんなきれいな小川が住宅地のど真ん中を流れています。
いまではほとんどが暗きょになってしまいましたが、
数百メートルだけ顔を出している貴重な川です。

投稿: yopi | 2018年6月24日 (日) 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自噴手水鉢[吾唯知足]が生き返った | トップページ | とうもろこしご飯 »