« 家の中で大暴れ | トップページ | アマティのお年玉 »

2018年1月 3日 (水)

わが家のおせち

P1010016

Dsc02908_2

Dsc02910_2

わが家にもおせち用の重箱はあったのだが、森恵子氏の絵陶箱を手に入れてからはお正月の楽しみになっています。料理は暮れにカアサンが作ったものを日替わりで入れ替えているようです。
今回の初の試みは栗きんとんの食べ比べです。
上の左の写真にある栗きんとんは長野方式(小布施方式)アレンジの栗粉を練って作ったきんとん(芋や水飴の混じりっけ無し)で、右は岐阜方式(中津川)の栗粉を固めて栗の形にしたものです。
なお、中は芋きんとんに甘煮栗を加えた一般的な小布施方式です。

__10305542_2

Pc310002_2

マゴが楽しみにしているのでタラバガニは外せないのですが、今回は冷凍物を使ってみました。しかし、やはり生の方がおいしいですね。来年はまた釧路から取り寄せます。 右は初めて参加したわたし好みのサザエの佃煮。子どもには悪評だけどこれはおいしいですよ!

Pc310011_2

しぞーかおでんはお節料理ではないんだけど、わが家では保存食としてとても重宝しています。この鍋は実際には半分以下なのですが、これ以上大きな鍋がないのでこの倍以上の量を交互に煮て、減ったもを足していきます。例年は1週間近く持つのですが、今年は3日で全て無くなってしまいました。特においしいのはイモ(じゃがいも)とコンニャクとニクとコブです。

Dsc02914_2

さて、アマティのおせちのことはすっかり忘れていました。
煮豚、なます、ニンジンサラダ、小魚、栗きんとんを乗せてあげました。

|

« 家の中で大暴れ | トップページ | アマティのお年玉 »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家の中で大暴れ | トップページ | アマティのお年玉 »