« リハビリ山行 | トップページ | シラヒゲソウ »

2017年9月15日 (金)

吊り橋三本

Dsc03839

安倍の大滝に行くには3本の吊り橋を渡らなければなりません。
わたしたちは20年も前からほとんど毎年この滝に涼みに来ます。20年ということは先代の“Hana” が赤ちゃんの頃からズ〜ットという意味です
これは最初の“一の橋”です。
アマティは余裕でふざけながら橋を渡っています。

Dsc03841_2

Dsc03842_2

さて、問題は2番目の“二の橋”です。この橋はやっかいです。なお、この二の橋は現在老朽化が進み[通行は1人ずつ]となってしまいました。

Img_2689_2

Img_2711_2

Dsc04364

Dsc04325_4

Dsc04376_2

実はこの[二の橋]、先代“Hana” は大嫌いで歩いて渡ったのは1回だけ、あとは河原に降りて徒渉していました。(かなりの崖なのですが)
さて、二代目“Amati”は見事なものです。若干身体を低くしているものの、途中で下を覗きながらスタスタ歩いて行ってしまいました。
この吊り橋、かなり揺れるのでわたしたちでもロープを捕まらないと怖くて渡れないのにアマティは大したものです。

Dsc03917_2

Dsc03951_2

この3つ目の橋が[三の橋]です。実はこの橋は3年前の冬、大雪で吊り橋が落ちてしまったのです。この年もわたしたちはここまで着たものの引き返すのも癪だったので河原に降り、徒渉して対岸を登りました。これが本当に大変な登りでしたが、登り詰めて後ろを見たらアマティが付いてきていました。(ビックリ)
昨年もまだ吊り橋は治っていないので同じように徒渉するつもりでしたが、水量が多く断念しています。
そして今年、こんなに立派な吊り橋が掛け替えられていました。アマティも吊り橋の上でUターンが可能です。

|

« リハビリ山行 | トップページ | シラヒゲソウ »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リハビリ山行 | トップページ | シラヒゲソウ »