« ハイエースで北海道旅行の準備 その5 テント | トップページ | 包丁研ぎ »

2017年6月19日 (月)

ハイエースで北海道旅行の準備 その6 犬連れフェリー

Photo

Photo_3

今日のように暑い日になると、北海道旅行の計画を急がねばと思うようになる。 まず最初に考えることはどの航路でどのフェリーに乗るかを決めないと先に進めない。
静岡から行く場合、以前は直江津とか晴海からの航路があったが、現在は①青森-函館、②大間-函館、③八戸-苫小牧、④大洗-苫小牧、⑤新潟-小樽、⑥新潟-苫小牧の6つだろうか?
このうち④⑤⑥は航行時間が十数時間あり、少なくともウチのワンちゃんの耐えられる限界を超している。
アパートのようにケージが積み重ねてあるペット室(エアコン付き)はほとんどのフェリーが備えているが、小型犬用ばかりで大型犬には対応していない。
最近はペット同室の特別室付きフェリーが新たに就航していて、大型犬可のスイートルームもあるようだが、1室しかなく予約はかなり以前からでないと難しいとも聞いている。それより、長旅が控えているわたしたちヒトは2等客室で充分で、そんなところに金を使いたくない。
となると、ペットは船艙の中のクルマに残留させるしか他に方法がないのだ。
それで①の3時間半、②の1時間半はワンちゃんのためには魅力的で、今まではこの航路を主に使ってきた。
しかし、わたしたちのように青森や函館はもう回る必要が無い場合、このルートは1〜2日間余分に日数がかかってしまう欠点がある。
そこで、昨年から利用している③八戸-苫小牧ルートの夜立ちフェリー案が浮上する。
涼しくなった22時過ぎに出航して翌朝6時過ぎに到着するから、ヒトにもイヌにもやさしい普段どおりの生活の中で寝ているウチに着いてしまうという設定である。
これなら途中でご飯の心配も無いしウンチもシッコもガマン出来る範囲内である。(航行時間は7時間半だが乗船時間+下船時間で10時間みなければならない。その間クルマに戻ることはできない)

さて、往復のフェリーは決まった。あとは日程だ。
静岡から八戸まで高速を使って約850km。(実質10時間)  高速道を割引運賃で走るには土日割引を有効に使わねばならない。となると出発日は自動的に絞られてくる。
フェリーの往復割引は14日位内なので今回の旅行では使えない。予約をPCですると10%の割引があるが、帰りはPCを持っていないと割引予約が取れない。
さてさて、わたしの体調、お天気の予報等々考慮の上乗船予約を取らねばならないな!
北海道に入ってしまえばあとは気のおもむくまま東西南北に走ればいい!

|

« ハイエースで北海道旅行の準備 その5 テント | トップページ | 包丁研ぎ »

四輪駆動車/HIACE/Jimny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイエースで北海道旅行の準備 その5 テント | トップページ | 包丁研ぎ »