« フランス料理店[めまんま]でランチ | トップページ | 春の妖精 かたくり »

2017年3月18日 (土)

イヌの○○

_9428_2

イヌフグリは青色のかわいくて美しい花で大好きな花だ。写真を撮ってもなかなかきれいに撮れないのだがきょうはきれいなブルーの色が出た。
こんなステキな花にかの牧野富太郎は[犬の陰嚢](イヌノフグリ)と命名したのはあまりにも有名な話し。(この人の命名植物はずいぶんかわいそうな名が他にもいくらでもある)
もっとも、このかわいらしい花が陰嚢に似ているのではなく、この花の実が犬の陰嚢に似ているのだが、たしかに似ている。(ただしわたしは、イヌもヒトも大差ないと思うのだが)
アマティの場合、お尻に毛が生えていないのでまさにイヌノフグリをブラブラ振り回しながら走り回っているのが丸見え。
で、気になるのがイヌノフグリの季語と花言葉だが、季語はもちろん今。(春・早春)
花言葉は何と[信頼]、[女性の誠実]だという。はたして牧野富太郎はこの花言葉を意識して命名したのだろうか?…(いや、命名の方が早くて花言葉が後かも知れないが)

|

« フランス料理店[めまんま]でランチ | トップページ | 春の妖精 かたくり »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス料理店[めまんま]でランチ | トップページ | 春の妖精 かたくり »