« 赤石岳初冠雪 | トップページ | 静大柿と静大米 »

2016年11月 6日 (日)

千振の仲間たち

_8314_2

センブリの花を見に行ってきました。
センブリはこどもの頃、お腹を壊すとオバアチャンがセンブリを煎じて飲まされたものすご〜く苦くてマズイ生薬です。
いまでも田舎の道の駅では乾燥させた千振を目にすることがあります。
毎年観察しているのですが、今年はセンブリの花が増えているようです。

20161106_092028

20161106_091749_2

_8352_2

これはセンブリの中でも最もあでやかな[ムラサキセンブリ]です。蜜線でしょうか?モジャモジャがおもしろいです。(普通のセンブリはモジャモジャではなくツンツン) いつも咲いているところにはほとんどなく、いつも咲いていない所にたくさん咲いていました。 花弁はセンブリよりも少し大きめです。

_8341

_8344_4

これはムラサキセンブリの中に白花が混生しているところです。
例年はこんなことは滅多になかったのですが、今年はいくつも確認出来ました。

これがアルビノの白花なのか、普通のセンブリが混生しているのかはわたしには判断できませんが、どうみても同じ根から生えているように見えます。

_8492_2

_8498_2

20161106_112711_4

この3枚はイヌセンブリです。
花は2種に比べてかなり小さく、花弁には紫色の筋が入りモジャモジャははっきり確認出来ます。
このイヌセンブリは胃腸の薬にはならないので[イヌ](役に立たないヤツ)と呼ばれると聞きました。

さて、今回、わたしはある実験をしました。
根を掘って調べるわけにはいかないので、葉をちぎって食べてみたのです。最初に食べたのはムラサキセンブリ。「うん、苦いぞ! ペッ!」って感じでした。次に千振の葉を食べてみました。いや食べると言うより少しだけ噛んでみました。「ギェ〜!、なんだこれは! ペッペッペッ」って感じでいつまでもいつまでも苦さが取れませんでした。これではいかにも胃腸に聞きそうです。そして最後にイヌセンブリです。これは「ペッ」という感じです。確かに苦いけれどとても胃腸が治る感じはしなかったです。

|

« 赤石岳初冠雪 | トップページ | 静大柿と静大米 »

山野に咲く“花”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤石岳初冠雪 | トップページ | 静大柿と静大米 »