« 跳ねて走って飛んで・・・・・・ | トップページ | 野良仕事 »

2016年9月26日 (月)

アマティにやられた負傷

20160926_091741

Photo

3週間程前の朝散歩で、アマティの出来たてのウンチをしゃがんで拾っていたら、いきなり天敵の柴犬が現れアマティが飛びついていったので、わたしは転ばされ右肘に擦り傷を負った。(もちろんリードは最後まで離さなかった)
家に帰って傷口をきれいに洗ってこんな時には最も信頼している傷パワーパッドを貼り付けておいた。
しかし、場所が場所だけにパッドは剥がれるわシャワーがかかれば溶けてくるわで一向によくなる気配はない。
最も困ったのはいま練習している曲がこの肘を使うパッセージが多くて、その都度皮膚を引っ張られる。
そのうちとうとう化膿しているのか傷が匂ってきたので、外科を探したのだがそれが今は滅法少ない。少なくとも[外科]だけを掲げる個人病院はこのあたりでは皆無。
しかたなく[外科・内科]と書いてある近所の病院に行ってきた。
「パッドを張りっぱなしになっているからグジュグジュになってますね」ということで消毒と傷薬をぬり防水マットを貼り付けてくれた。
コンサートを控えているだけに余分な心配をしてしまったが、わたしが記憶する限りアマティにやられた初めての怪我である。

[追記]アマティにやられた怪我ではないが、アマティと遊んでいて右足のふくらはぎの肉離れしたことがあった。それから10ヶ月経つがいまだにしこりが残っている。

|

« 跳ねて走って飛んで・・・・・・ | トップページ | 野良仕事 »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

ヤラレ! 松下さん良くなるように!!

投稿: 鈴木民雄 | 2016年9月26日 (月) 10:20

鈴木民雄さん

ありがとうございます。
肘なのですぐに何処かにぶつけるんですよ!
それにチェロ弾くときは始終動くので治りが遅いみたいです。
お医者に診てもらって治療したので、もう大丈夫だと思います。

投稿: yopi | 2016年9月26日 (月) 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 跳ねて走って飛んで・・・・・・ | トップページ | 野良仕事 »