« 時には水あび | トップページ | 安部城址のチャボホトトギス »

2016年9月19日 (月)

やっぱり栗きんとんは自家製が一番(中津川・七ツ平高原の栗使用)

0917_140247

0917_140151_2

中津川の“にぎわい特産館”の栗きんとん売り場の片隅にひっそりと[七ツ平高原栗](左)と、山栗(右)が並んでいた。
「わたしの求めていた栗はこれだ」と言わんばかりに静岡に持ち帰り、新鮮な内に栗きんとん作りが始まった。
ここ数日、毎日栗きんとんを食っているが、きょうはまず七ツ平高原の栗を使ってみる。なんかとんでもないことが起きそうなワクワク感がある。

_1897

_1899_2

プロが作った栗きんとんに比べればなんとも不揃いであるが、味は案の定すごい!
七ツ平高原産の栗はほじりだしているときから今までの栗とは違っていた。
色がきれいでキメが細かく香りがいい。甘味も強いので砂糖は極力控えました。
口に入れるとフゥ〜ッと溶けてツブツブだけが残る。こんなの始めて!

_1904_2

これが今日の作品です。たぶん、誰も信じてもらえないだろうけど栗は新鮮さが命。
この栗きんとんは何処のお店のよりもはるかにおいしいです。

|

« 時には水あび | トップページ | 安部城址のチャボホトトギス »

おいしいもの特集」カテゴリの記事

“こだわり”特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時には水あび | トップページ | 安部城址のチャボホトトギス »