« お散歩は水あび付き | トップページ | ハイエースで犬連れ北海道旅行 2016 宿泊事情 »

2016年8月 1日 (月)

北海道旅行2016道路事情

0704_122142_3

今年の旅行も交通事故、交通違反だけは避けるコトを意識したが、同時に高速代金の節約も課題に挙げていた。 高速代金は休日割引を利用するとなると土日に出発して土日に帰ってくることが必要だが、どうしても仕方ないときは夜間割引を併用することになる。今回は山形に寄り道することもあって木曜の夜出発してSAで車中泊し深夜割引を稼ぎ出し、日曜日に八戸港を出港すれば深夜割引・休日割引を利用しながら苫小牧のマルトマ食堂でホッキ丼が食べられる。(マルトマは日曜定休) と言う無計画な気分次第のタビの割には緻密な計画通りに事は運んだ。  
苫小牧について驚いたのは、全国でもここほど運転が荒いところは無いのではないかと思うくらい乱暴な運転。まぁ、それでも腹を立てずに[高齢者マーク]を楯に富良野に向かう。  
北海道は高規格道路(無料の高速道路)網が進んでいるので有料高速道路を使う必要はあまりない。高規格道路の速度制限は70km/hだが制限速度で走っているのは地元の人ばかりで、旅行者はかなり飛ばして走っている。よく「道警は道外車を狙い撃ちしている」と聞くが、これは誤りである。  
写真は富良野の道路。北海道は森林を切り開いたこんな道路か、牧場の中を突っ走る何処までもまっすぐな道路が多い。もちろん交差点もあるのだが信号機は付いていないので、優先道路を意識していないクルマがあったら大変なことになる。  
さらに富良野近郊の道路では優先道路がわかりにくい交差点にはスピードが出せないような仕掛けがしてある。すなわち交差点のまん中に凸凹が掘れていてオーバースピードで突っ込むと頭を天井にぶつけるほどジャンプする。当初は「ずいぶん道路が傷んでいるな」と思っていたがどうやら故意に造ってあるようだ。(富良野以外ではこのような道路はなかった)  
もう一つ気を付けていなければならないのは「北海道はやはり広かった」ということだ。「ちょっとコンビニまで行ってくる」と思っても高規格道路を使って30分もかかることがある。次の町でガソリンを入れようと思っても隣の町まで何十分もかかる。ガソリンメーターが残り1/4になったらガソリンを補給しておかないと不安だ。特に夜間は要注意。日曜日定休のスタンドも見受けられる。  
さらにこんなこともある。目的地までカーナビは3時間と訴えていても、本土での普通路のスピードを45km/hとか50km/hに設定してあると、流れに乗った走りをしていると意外と早く着くこともある。
北海道ではラジオ放送で始終「飲酒運転禁止」を訴えているのも気味が悪い。北海道では何をするにもクルマを運転して出かけるしか方法が無いところが沢山ある。鉄道もバスもタクシーも全く無いところの人は酒の席にもクルマで行くしかない。だから飲酒運転が多いのだという。そんな人たちと一緒に走っていたら命がいくつあっても足りない。夜は出歩けないと言うことだ。
わたし達は帰りの東北自動車道と東名高速で通行止めに会って高速を2度も降ろされた。1回は事故処理で1回は道路工事だった。降ろされるのは仕方ないとして、右も左もわからない場所で降ろされたから悲惨だった。たぶん合っていると思われる迂回路は大渋滞をしていて身動き取れなかったり、カーナビ任せにしたら別の高速道路に案内されてとんでもないところに出てしまった。 長距離旅行で高速道路が閉鎖されたら、近所のSAで一夜を明かした方がいいかもしれない。
ま、とにもかくにも無事故無違反で4429.9kmを走り抜いた。

|

« お散歩は水あび付き | トップページ | ハイエースで犬連れ北海道旅行 2016 宿泊事情 »

四輪駆動車/HIACE/車中泊/キャンプ」カテゴリの記事

コメント

北海道交通情報工学リポジトリの論文風で 秀逸な内容でございました
m(_ _)m

投稿: ゆきむし | 2016年8月 2日 (火) 09:06

ゆきむしさん

ははは!冷やかさないで下さい!(冷汗)

投稿: yopi | 2016年8月 2日 (火) 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お散歩は水あび付き | トップページ | ハイエースで犬連れ北海道旅行 2016 宿泊事情 »