« “みん”の餃子 30個と50個 | トップページ | スーパー・サンヨネ »

2016年4月 3日 (日)

高土山一日貸し切りサバイバル

20160403_133546_2

_3549_2

いくら田舎でも日曜日となるとノーリードで遊べるところは少ない。
で、とっておきの場所であるすぐ裏山の高土山に登ってきた。地図上時計回りのルートを歩いた。
登りのルートは登山口の標識は一切無くなっている。左の地図上にもルートは載っていないが、ここは何度も登っているし、途中からは踏み跡もしっかりしているので心配は全く無い。
山頂には先代犬“Hana” の散骨も行われている。

_3618

_3620_2

_3631_2

_3596_2

小屋から山頂まで約1時間半のルートで、カアサンとアマティは予定通り1時間半で“Hana” の眠る山頂に着いたようなのだが、わたしのバアイ、寄る年波に勝てなく20分もオーバーしてしまった。
さいきん、特にペースが落ちて2人に迷惑をかけている。

_3671_2

やっと山頂に着いたわたしの顔はもうやつれきっている。(わたしが座っているところに“Hana” が眠っている
さて、お昼を食べた後は下山は地図上のルート(破線)を下ろうとするのだが、標識も踏み跡も何も無い![Geographica](スマホ用GPS)だけを頼りに下山を始めた。

_3649_2

アマティは気楽にワクワクしながら付いてくるが、獣も通った形跡がない急斜面が続く。よく見ると微かにテープを巻いた後がたまに確認出来る程度。

_3685_2

_3706_2

_3698_2

_3721_2

_3740_2

G_3754_2

スマホGPSのルートからは外れているが、これが誤差なのか読みミスなのかわからないがミツバツツジがきれいに咲いていたところに出る。
たまに赤い境界線のクイが目に付くが、それはどうやらルート案内ではなさそうだ!

_3766_2

20160403_1219353_2

G_3627_2

GPSから方向と送電線を頼りに強引に降りていくと、伐採跡に出てその後は林道にたどり着いてサバイバルは終わる。楽しいルートファウンディングだった!

|

« “みん”の餃子 30個と50個 | トップページ | スーパー・サンヨネ »

登山犬 “アマティ”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “みん”の餃子 30個と50個 | トップページ | スーパー・サンヨネ »