« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

松崎の[長八さくらもち]

_8164_2

_7950_2

先日、松崎に訪れたときには買ってこなかった[長八さくらもち]が伊勢丹静岡店のデパ地下で売っていたので迷わず買った。
松崎は桜葉漬けの生産は日本一だと言うことで、贅沢にも2枚の桜葉を使ったあんころ餅。
長八とは松崎出身の漆喰師入江長八の名を取ったものであろう。
普通の桜餅は右のような桜色をしているが、長八さくらもちは大福を2枚の葉で包んだような大変贅沢な和菓子。この塩味と桜のかおりがたまらない!
桜の絵皿は静岡市出身の陶芸家:故宗像睦生氏の作品。

| | | コメント (0)

アマティ通院

0229_095225

アマティ、久しぶりの通院です。先生は大好きなんですが、緊張は隠せません。
フロントラインをもらいに行ってきました。(今年になってすでに3回、山ダニを付けてきました)

問題は最近、肉球をなめていることと、耳をバタバタやること、時々クシャミをすることです。
もしかしたらアレルギー反応が出ているかも知れません。
この子はエリザベスカラーが大嫌いで、着けても狂ったように暴れて壊してしまうので、わたしたちも頭が痛いのです!
とりあえずかゆみ止めの注射をして2〜3日様子を見ることになりました。

| | | コメント (0)

2016年2月28日 (日)

ダイラボウのショウジョウバカマはまだ咲いていなかった!

わたしの35年間の山野草のデータには[生成19年2月28日(9年前の今日)にダイラボウでショウジョウバカマが2分咲き]とある。
今年は測候所始まって以来の暖冬騒ぎなので、もしかしたら咲いているかも知れない。しかし、ギックリ腰の後遺症があるので山歩きをするとまた再発するから山頂までクルマで行こう!ということになった。
残年ながらショウジョウバカマの花芽はあるものの、1輪も開花は認められなかった。
わたし達はションボリしたが、アマティは大喜びだった!

_8045_2

_8067_2

_8154_2

_8155_2

| | | コメント (3)

牛ヶ峰荘のヤマメ料理

_8035_2

せっかくの晴天なのに山に行けない無念さを晴らしたいと思っていたとき、もう何年も行ってなかった牛ヶ峰荘を思い付きました。
実は、このお店は大変気に入った隠れ家的な、そして大事な人を連れて行きたくなるような超お気に入りのお店なのですが、予約制になってしまい足が遠のいていたのです。(予約が2人でも店を開いてくれるのであまりにも申し訳ないのです)

_8006

ヤマメの活き作りです。ピクピク動いています。
冬場はこれが最高。生ものが苦手なカアサンでさえ「おいしい」といって喜んでいます。
1番上の写真の手前の生け簀に今まで泳いでいたヤツです。

_8024_2

_8027_4

_8009_2

上の写真は塩焼きと味噌焼です。
味噌焼はヤマメの内臓を引き出し、そこに味噌を詰めて炊いたもので、ご飯のおかずには最高です。
左は刺身を食べた後の骨を焼いています。ヤマメの最もうまいのはこの頭です。

_8029_2

_8020_2

塩焼きも味噌焼も、最後はこうして頭(背骨)をさらに焼いて、柔らかくしていただきます。
というよりも、この頭を頂きたくて刺身や塩焼きや味噌焼を頂くというのが本音でしょう!...

_8041_2

_8039_2

お腹いっぱいになったので帰り道に[美和桜]と書いてある河津桜のあぜ道を散歩してきました。

| | | コメント (0)

まんさくが咲きだした!

_8094_2

_8102_2

庭を見たら、いつのまにか父が植えたマンサクの花が咲き出していた。
おそらく園芸種で、山に咲くマンサクより花が大きい。
この黄緑が何とも言えない早春の色で美しい。
とうとうスキーも満足にやらなかったウチに春が来てしまったか・・・・・・

| | | コメント (0)

2016年2月27日 (土)

アマティのシャンプー

_7955_4

_7959_2

砂浜で遊んだ後は体中砂だらけでした。これでは乾いても家には入れられません。
アマティのシャンプー普段はわたしの仕事なんですが、腰痛のわたしにはとてもできません。しかたなくカアサンに洗ってもらいました。
アマティはシャンプー自体はおとなしくさせるのですが、終わって拭く段階で暴れ狂います(なんででしょうねぇ?…)。
きょうはわたしがそれを押さえつけてタオルで拭くのが仕事です。最後にドライヤーをかけ、そしてコタツの中でお昼寝で完成です。

| | | コメント (0)

アマティ、大浜海岸の砂丘であそぶ!

_7627_2

_7617_2

_7636_2

わたしの腰痛のおかげでアマティはすっかりストレスがたまっていました。
きょうは大浜海岸の近くの大石しらす店でカアサンが半額セールに並んでいるので、その間アマティと海岸に出ました。
アマティの喜び様はハンパではない状態でした。興奮しすぎて唾液が顔に飛び散り[?]マークを付けて飛び回っています。

_7635_2

_7637_2

_7683_2

G_7729_2

腰が悪いのでシャンプーしてやることができないから「水に入ってはいけない」と言ってあったのですがダメでしたねぇ! まぁ、無理もないかぁ!... (ここは河口部分で真水の部分です)

_7791_2

これで日頃のストレスは吹っ飛んだようですが、真水とはいえ砂上を走り回ったので全身砂だらけでした。

| | | コメント (0)

デストロイヤー種芋植え付け

0227_110154_2

ジャガイモの種の植え付けをしました。
昨年初めて植えたデストロイヤーがとてもおいしかったので、今回は全部デストロイヤーにしました。
種芋はネット通販で注文したのでかなり早く着いてしまい、植える頃にはしわくちゃになってしまいましたが、ちゃんと芽が出てくるでしょうか?
6月の収穫時期が楽しみです。(玉ネギもその頃ですね)

| | | コメント (0)

大石しらす店半額セール

Photo_2

0227_114438_2

今朝の朝刊のチラシに[大石しらす店の1日限り大感謝祭]で釜揚げしらす半額セールというのが入ってました。
もちろん今は漁期ではないので冷凍です。
さっそく10時頃行ってみたらものすごい行列で、とても並ぶ気は起きなかった。
あきらめて自家菜園の畑でジャガイモの種の植え付けをすませて昼頃もしやと思って再びしらす店を訪れると、行列も半分ほどに短くなっていた。

_7998_2

_7999_2

普段は冷凍物は食べないのだが、半額だと思うとこれでもとてもおいしい!

| | | コメント (0)

さんまの丸干し

_7612_2

_7614_2

1週間前に青野川の河津桜を見に行ったときに、道の駅の出店で買ってきた[さんまの丸干し]が食べ終わりました。
もっと買ってくればよかったと後悔しています。
サンマの干ものって普通はヒラキだと思うのですが、伊豆では丸干しが多いし、わたしもこどもの頃から食べ慣れています。
ワタもホネもそのまま干してあるので、味は抜群。ブツ切りにしてジックリ炙って骨ゴト頂きます。

| | | コメント (0)

2016年2月26日 (金)

トヨタ純正のカーナビがMacOSに対応してないってどういうこと!...

Photo

トヨタ純正のカーナビが見にくい上に扱いにくく後悔している旨をすでに何度か書いているが、今度はさらに腹立たしいことが起こった。
カーナビも1年も経つと新東名高速道路や、東名から東北自動車道への連結などかなり事情が変わってきたので[マップオンデマンド・サポートディスク]の電話口で丁寧な指導を受けながらなんとかダウンロードまでこぎ着けた。その間やく60分。
ところがそこからが先に行けず、最終的にはWindowsしか対応していないことが判明。 「え〜っ、一体なんなんだ!」    トヨタっていったいどういう会社!...
カーナビは下請け会社なんだろうけど、一体何を考えてんの?…
あぁ、腹立たしい・・・・・・・

| | | コメント (0)

駄々捏ね

_8068

_8079

アマティには本当に申し訳ないと思っています。
アマティのストレスはもはや最高潮に達しているのですが、何もしてやることができません。
実はわたしはかれこれ10日になるでしょうか、ギックリ腰をやって以来あまり調子がよくなく、彼と遊んでやることができないのです。いや、たぶん遊ぶことも山登りもなんとかできると思うんですが、その後の痛みを思うと「おい! 行くぞ!」と言えないでいるのです。
きょうも、彼は遊ぶのをあきらめて日なたぼっこしながらおとなしく寝ているのでカメラを向けてみたら「写真を撮れるくらいだったら遊ぼうよう」と誘いながら「もうジッとしているのはイヤダ」と駄々をこねるのです。
アマティと遊びたいし、山にも行きたいし、花も見たいし、そうだジャガイモも植えねばならないし、それよりも腰が痛いとチェロも弾けない。
もうすこし、しばらくはおとなしくして腰を完治させないとなぁ!

| | | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

ふぐ満喫

_7590

山口に住むカアサンの妹から[ふぐセット]が送られてきた。

_7591_2

_7596_2

セットにはもみじおろしもネギもポン酢も含まれているので、まずはふぐ刺しと皮刺し。
年に1度のごしょうばんに預かる。 うまいもんだねぇ!
滅多に喰えるものでもないので、ムスメやマゴを呼んでやることもせず内緒で「うまいうまい」言いながらガツガツ食った。

_7600_2

_7607_2

刺身を食い終わったところでふぐ鍋にし、腹一杯になったところで雑炊を作って豪快に流し込んだ!
で、「すごくおいしかったよ」とお礼のメールをしたところ、何かの手違いで[5〜6人用]がウチに来てしまったことがわかったが、すでに後の祭り。  2人で完食済み!

| | | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

楽居のサプライズ

_7581

今日は久しぶりに完全復活した 伊東の友だちとゆっくり話をしながら親方の料理を味わいました。
きょうの楽居のサプライズはなんといっても謎のこれです。
揚げ物ですが、見た目と喰った目は全く違うという大サプライズ。
あまりのオドロキに看板娘さんから「以前、これを食べたことあるはずだ」と言われても、イヤ、全く記憶にありません。初めて喰うオドロキです。(もしかしたらボケたか)
親方からはあまりよく説明を受けてないのですが、常連の友だちの説明では「豆乳を凍らせて固形にしたモノを揚げた」ということです。

_7588_2

楽しい時間はアッという間に過ぎてしまいます。
ウニやカサゴのから揚げや、パイ包みの魚介類、大蛤のおすまし等々でお腹いっぱいになりましたが最後に「握りましょうね、アジがいいですか、イワシがいいですか」ということになって一瞬迷ったけれど鰯をお願いしました。 
鰯にしてよかった、絶品です!

| | | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

ギックリ腰で1週間

0223_171117

先週水曜日の極寒の朝、山葵田でアマティのお散歩中にギックリ腰を起こし、いつものことだと思って軽く見ていたら(3日目には南伊豆に河津桜見物など)、これがなかなか完治しない。
「これはマズいな」と思ってその後はおとなしくしているものだから、アマティはストレスがたまる一方である。
気分を変えるために床屋に行ってうんと短くしてもらい、新調の遠近両用眼鏡をかけてアマティを呼びつけたのだが、彼は終始浮かぬ顔をしていた。
欲求不満はお互い様だよ!    早く治さねば!!!

| | | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

外付けハードディスク

20160217_141509_2

現在iMacに繋がっている外付けハードディスクです。
Mac歴25年(その前のワープロ時代からの)データが、このHD合計9.5TBの中に治まっています。
当初は色々な外部保存装置に残してたのですが、結局どれも扱いにくく、HDだけになりました。
今となってはいらないデータが沢山あるので、削除しようと思って挑戦してみるのですが、やはりダメですね!
なにしろ片付け・整頓がへたなので、どれも消すことができませんでした。
特に多いのは山野草の花の写真です。
フィルム時代の写真をデジタル化したモノを含め、同じような写真が沢山あるので捨てようと思うのですがそれぞれに思い出が深くダメでした。
結局、時間ばかりかかってしまい何ごともなく元に戻す始末です。

いつか、年を取って動けなくなったら「1日中レコードやCDを聞いていよう」、いつか暇になったら「写真アルバムを整理しよう」、いつの日か「たくさん書いてある随筆を読み直そう」という老後の楽しみを持っていた訳なんですが、こんなことではおそらく最後までできそうにありませんな!

わたし自身、亡き父母の残した絵画作品や写経や美術書の始末にホトホト困っていたことを思い出しました。
幸い美術書に関しては[中川一政美術館]が寄付を受け入れてくれました。写経は[永平寺]が納めてくれました。
わたしの場合はガラクタだらけ。いったいどうしたものかと・・・・・・・・

| | | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

岩海苔ご飯

_7571_2

南伊豆で買ってきた岩海苔。 少し揉んでご飯の上に乗せ僅かな醤油をかけていただきます。 うまいですよ〜! 

| | | コメント (0)

はなさかかじじい

20160219_114942_2

20160221_114113_2

「花咲かじじい」のお話しを思い出しました。
こどもの頃は布団に入って寝るまでの間、毎晩父が昔話をしてくれました。
だからわたしは毎日ワクワクしてこの時を迎えたのをはっきり覚えています。

とある忘れ去られた河津桜の園。
すでに葉桜になりかかっていましたが、だれもいない荒れ果てた地、桜の木に登って父のお話を思いだしていました。
「はなさかじじい」の童謡を思い出そうとしたけれど、どうしても思い出せないので調べてみたらなんと♪裏の畑でポチがなく、正直爺さん掘ったれば、大判小判がざっくざっくざっくざく♪の4番でした。
わたしもそんなジイサンになりました。
まだ木登りの余力が残っててよかったです。

| | | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

松崎/フランボワーズの「みかんケーキ」

_7563_2

_7565_2

伊豆に来たら無理してでも松崎に寄って買ってこなければならないケーキがある。
それがこのフランボワーズのオレンジケーキだ!
みかんの味・かおりを見事に生かし切った逸品である。

| | | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

宇久須/八起の「小アジ寿司」

Img_7559_5

伊豆西海岸に回ると必ず食べるのがこの八起の小あじ寿司。
ただし、最近は伊豆で食べなければならないものが増えてしまい、また西海岸に回ったらフェリーで帰りたくなることから(時間制限がある)、テイクアウトすることが多い。
フェリーで帰ると19時に自宅に着くので、ちょうどいい時間となり12貫ペロリと食べてしまう。

| | | コメント (0)

アマティ君も春色

Img_7944_2

Img_7928_2

Img_7929_2

Img_8013

Img_7968_2

Img_8007_2

Img_8003_2

Img_8036_2

| | | コメント (0)

河津桜(みなみの桜)

Mg_7887

G_7882_2

この景色を、この匂いを嗅ぎたくてギックリ腰の痛さを堪えて行ってきました。
河津桜を河津に見に行くのもいいけど、あまりの人混みでその気にはなれません。その点、南伊豆町の青野川沿いの河津桜(みなみの桜と呼んでいる)は楽しめます。

Mg_7871_2

Img_7885_2

Mg_7891_2

Mg_7913_2

Img_7908_2

Img_7895_2

| | | コメント (0)

駿河湾フェリー

20160219_074726_2

20160219_074800_2

河津桜が見頃を迎えているはずである。
というより、すでに遅いかも知れないという不安がある。
実は一昨日の朝、山葵田でギックリ腰をやってしまい、大変な日々(2日間)を過ごしていたのだが、河津桜の濃いピンクと菜の花のコラボを見たい一心で「往復フェリー」を思い付き出かけてきた。
往復フェリーといえば、料金がハンパでないが、軽自動車でいけばかなり安い。(もう少し早く気付けばよかったんだが、前日の17時までに予約すれば30%安くなる)
スマイルカードを使えばポイントが2倍。帰りは2000円の値引き等々、お得な情報もある。
さらにサプライズがあったのは、スマイルカード利用者は特別室利用券が配布された。

_7546_2

Img_7552_2

特別室は2枚目の写真の1番上の部屋で、すばらしい展望が楽しめる。

20160219_083230

特別室からの眺望をアプリ[AR山ナビ]を見ながら過ごすのは至福の時である。

| | | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

千万町(ぜまんじょう)の里山で遊ぶ

_7178_2

_7192_2

きょうはクルマの移動ばかりでアマティにとっては厄日のようなもの。
少し運動させないとカワイソウです。
薬玉神社のそばに都合のいい里山があったのでたっぷり遊ばせました。

_7201_2

2_7202_2

G_7259_2

小高い丘があってアマティはそれを上り下りして遊んでいます。 この3枚は連続動作です。 急斜面を駈け降りる様はすごいですね!

| | | コメント (0)

愛知県岡崎市井沢町:薬玉神社のカワイ狛犬

_7009_2

土岐から鳳来に下道を通って帰って来たら以前訪れたことのある薬玉神社の近くを通ることに気付き、愛すべき狛犬たちに会いたくて寄り道した。

_7000_2

_7001_2

_7007_2

_7006_2

たいそう風化が進み(進み具合から室町時代ではなかろうか)、顔の表情も読み取れないほどだが、右は口を閉じ(やや舌がでているようにも見えるが)、左は歯をむき出しているから、阿吽の体を成しているようである。 歯をむき出していても威嚇缶はなくむしろ愛おしき顔をしている。

_7035_2

_7089_2

| | | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

作手の豆腐と蒟蒻

0215_122303_2

ボクは田舎育ちなので、どうしてもつい田舎に足が向いてしまうことが多い。
ここ作手村も最も気に入っている田舎の一つだ!
大きな山間の村なので限界集落をいくつも抱えながらも、独自の文化が根付いているすごいパワーを持った地域だと思う。
さて、それはさておき食い物の話しだが、写真は作手手作り村の一角のお豆腐屋さん。
このお豆腐屋さんの作った「自然薯入り寄せ豆腐」がほんとうにおいしい!
が、先日知ったこの自然薯豆腐を揚げた「厚揚げ」のおいしさには驚いた。(焼いて塩を付けて頂く)
(土日だけに販売するようだが、月曜日に残っていた)

_7528

_6697_2

15_121958_2

0217_083758_2

もう一つのお進めはこの刺身こんにゃく。
わたしは刺身こんにゃくが好きで、各地で買い求めてきたがこんなにおいしいモノは他にない。
近所の農家の自家製でまだ出来たてで暖かいモノを販売しているが、冷える前に売り切れてしまうほどの人気ぶりだ!

| | | コメント (0)

白鳥神社(作手・相寺)のワンちゃん狛犬

_6685_4

ミツマタの花が見られず、ガッカリして山道を作手に向かった途中、何やら見覚えのある神社に出てきた。
わたしは特に宗教はないが、強いて言えば「白鳥教」とでもいおうか、白鳥神社に大変気を引かれる。(それはサンサーンスの「白鳥」をイカにうまく弾くか派生している)
そんなわけで作手村の11社ある白鳥神社はわたしの心の故郷でもある。
この白鳥社には2回訪れているが、ここに鎮座する狛犬がすばらしい。
狛犬は2対あるが、本殿のすぐ前で神をお守りしているのがこの子たちである。
江戸時代以前の農民たちのイヌへの愛情が溢れる素朴は像で、両方とも垂れ耳だが阿吽の体を成してる。左は口を開けているとは言っても威嚇している様には見えず、ただただカワイイだけである。

_6513

_6515_2

_6677_2

_6680_2

_6520_2

_6557_2

| | | コメント (0)

ミツマタはまだつぼみが堅かった

_6501_3

_6500_4

今回の5日間の山での滞在の1番大きな目的はミツマタの花を見ることだった。
すでに新城市の作手と岡崎市の千万町にミツマタの大群落を確認し(昨年)、満開になるのは今か今かと待っていたのである。
が、辺り一面黄色に咲き乱れるのはまだまだ先のようである。
う〜ん、あまりの暖冬ゆえもう咲くのではないかと思っていたがそうは問屋が卸さなかった。植物にはやはり日照時間が必要なヤツもいるんだった!(2カ所とも山の日陰に群生しているところを見ると日は好まないかも知れないが・・・・・・・)

| | | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

雨があがったので、歩いて板敷のピザ(マルモリート)を食べに行く

20160214_153330_2

_6139_2

昨日は朝から雨だったが、今朝になっても雨足は強くなるばかりだった。
それでも昼近くになったら雨がやんできて明るくなったので、梅の花で楽しみながら板敷にピザを食べに行くことを思い付いた。(この辺りは梅の里だから梅の花がとてもきれい)
行程は片道5km(1時間半弱)なので、おそい朝飯だったが十分消化できる。
なお、路は軽自動車以外不可なので、滅多なことではクルマは通らないからでノーリードでお散歩できる。 (実際、往復で2台の軽トラに会っただけだった)

_6142_2

Img_3627_2

_6101_2

_6102_2

ここは宇蓮川の右岸道路だが、軽専用路なのも頷ける。ハイエースではちょっと通る気がしない!

_6325_2

_6352_2

左の写真は昨日来の雨で路が冠水していて、靴は完全に水没してしまったがアマティは大喜びだ!
右の写真のように沢が流れ込んでいるので、アマティはその度に飛び込んでいる。(宇蓮川本流はかなり水かさが増しているので、かって怖い思いをしているので危機管理が行き届いているアマティは用心して入ろうとしない)

0214_133935_hdr_4

_6134_4

里山カフェ&ピッツァ「マルモリート」は板敷渓谷の景勝地にある。
お店に入ると、渓谷を見下ろせ、運がよければカワセミに会うことができる。(きょうは運がよかった)
店の前には犬連れ席があって、快適である。

_6133_6

_6137_3

わたし達は3枚をペロリとたいらげてしまった!(ピザの耳はアマティの好物)
ピザは順番にチーズ&コショウ+トマトソース、マルゲリータ、甘味噌&サトイモ

_6316_2

_6224_2

_6226_2

_6227_2

帰り道、アマティは宇蓮川の流れが緩やかな所を見つけて飛び込んだ!
「こら〜」と叱ったら慌ててあがってきた連続写真。
結局4時間を費やしたたのしいお散歩でした!

| | | コメント (0)

毎朝コング遊び

G_6489

_6462_2

_6461_2

G_7324

_6727_2

_6728_4

_6729_2

草原も寒い日は霜が積もって真っ白です。
この3枚は連続写真です。
最近、コング遊びは大好きなんですが、どうもわたしに投げられるのが気に入らないようで、持ってこないで自分でくわえたり首を振って飛ばしたりして一人遊びに余念がありません。
それに飽きると、やっとわたしの所に持ってきます。

_6744_2

_6821_2

_6970_2

_6984_2

| | | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

新東名 豊田東まで開通し、土岐のアウトレットまでが行動範囲内

0213_171528_2

数年前、新東名が1部開通したことで、静岡から鳳来峡の小屋に行くのに1時間20分と、大変便利になって喜んでいるところ、2/13からは名古屋まで距離が伸びた。
これは新城市に行くのにはさらに便利になり、わたしの大好きな“みん”の餃子を買いやすくなったわけだ!
開通のこの日、さっそく新城市まで餃子を買いに出かけた。

0216_114825_4

そしてその2日後、土岐のアウトレットにリンツのチョコレートを買いに行く事になる。 小屋から土岐までは実質1時間。 30分近く早くなった勘定だ。 ただし、いなさJTより西側は道幅が狭く威圧感がある。(東名と同じ幅) SAとPAはなかなかいい感じ。
土岐のアウトレットは何度も行ってるが土日祭しか知らなかったが、火曜日はガラガラでなんとも拍子抜け。

0216_120540_2

0216_120724_2

リンツのお店も空いていたが、ここまで1時間で来るんなら平常の行動範囲に入るので、買い占める必要は全く無いことがわかった。
帰りは高速を使わず下道をカーナビに入れたら香嵐渓経由で作手に出てきたので、とても楽しいドライブができた。
作手から新城市に出たので中2日でまたまた“みん”の餃子を頂くことができた。

| | | コメント (0)

くつろぎ

_5484_2

暖かくはなったけれど時折雨がパラパラしているので、だれも遊んでくれない!
トウサンとカアサンはなにやら支度しているが、ボクを連れて行ってくれるのだろうか?…

| | | コメント (0)

コガネイチーズケーキ

20160211_192119_2

20160211_192411

素朴でオシャレでちょっとオドロキのチーズケーキを頂いた。
味も包装もとても優しいのに驚かされる。
それもそのはず、精製砂糖を一切使わず、蜂蜜や果物やきび砂糖や甘酒などの糖質だけを使った微かな甘みで、添加物一切無しのクリームチーズに生クリームのケーキ。
やはり、ホンモノの味なんだよな!

| | | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

霜柱

_2884

この写真はシソ科シモバシラという名の植物から氷柱ができた写真である。(1/24)
秋に花を咲かせたシモバシラの茎は冬には枯れてしまうが根は生きていると見えていつまでも水分を吸い上げているので、寒い日にはそれが凍って見事な氷の造形を成すことがある。
見てみると、たしかに綿菓子とか砂糖菓子に似ていておいしそうに見える。
事実、アマティはこれが大好きで、山でこれを見つけると片っ端からバリバリ食べだし、繋いでおかないと写真が撮れない。
そうして撮った写真をFacebookにアップしたら、この写真を見たお友だちから[霜柱]のお菓子の話を聞いた。そうなると、いても立ってもいられなくなり、即座に注文したのだった。

20160211_191841

20160211_190947_2

注文して3ヶ月かかると言われていた[霜柱]が早くも届いたのだ。
みるからにホンモノの霜柱にそっくり!(壊れないように米粉に埋もれていた)
色も質感もそっくりなのはともかくとして、口に入れてビックリ!
飴だから冷たくもなく若干甘いのだが、食感、すなわち舌の上での融け方・壊れ方がホンモノそっくり!
これにはまいったなぁ!  (とてもおいしくていくらでも食べられてしまう!)

| | | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

久しぶりの馬刺し

20160211_184310_2

昔はスキーや登山の帰りは、韮崎からR52に入るしか方法がなかった。(今は高速があるので使わない)
帰り道は必ずと言っていいほど鰍沢の高橋肉店によって馬刺しを買って帰ったものだ!
きょうは図らずも鰍沢のすぐ側まで来たので、何十年ぶりかで寄ることができた。
霜降りが売り切れていたが、わたしはこの赤身の方が好きだ!
夕食にさっそくニンニク醤油でいただく。うまいな〜!この味、すっかり忘れていた! タマネギのスライスといっしょに頂くのもまたいい!

| | | コメント (0)

里山貸し切りハイク

G_5521_2

G_5653_2

山梨県の山は静岡県と違って雑木林が多いから大好きです。
きょうは落ち葉がギッシリ積もった里山を歩いて(アマティは走って)きました。

_5535_2

_5537_2

_5538_2

_5598

_5801_2

_5784_2

G_5577_2

_5847_2

20160211_130027_2

20160211_135306

ハイキングに行くとき、この2つのアプリがとても楽しさを倍増させてくれます。

左は登っている山から見える遠方の山々の名前を知ることができる[AR山ナビ]で、上は国土地理院の地図が入ったルート図を示してくれる[Geographica]です。
おもしろい時代になったものです。

| | | コメント (0)

もう一つの春

_5835_2

_5841_2

_5858_2

_5855_2

雑木林を歩いていると、こんな子たちに出会いました。
幸いなことに熊にも喰われず冬を越したドングリさんたちです。
根を地中に伸ばしていましたよ!

| | | コメント (0)

春を訪ねて

_7860_2

20160211_094657_2

_7856_4

_7865_2

山梨県のミスミソウも「まだ早いかも知れない」と思いながら寄ってみたのですが、雪は全く無くすでに顔を出していました。
花数は多くはなかったのですが、もう古くなった花があったほどです。

| | | コメント (0)

春を訪ねて

_5961

山梨県に節分草を見に行ってきました。例年なら今ごろはまだ雪の下ですが、もしやと思って出かけたらすでに大勢が顔を出していましたよ〜!

G_5990_2

G_5982_2

G_5979_2

ここの節分草は白と紫と黄の色がはっきりしていて大好きです。

| | | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

驚きの生態?…

_5297_2

_5256_2

わたしはモデルガンのフフアンであることはすでに紹介済み。
時々、コレクションから気に入ったモノを手にして悦に入っているのだが、アマティはそれをみるとすごく嫌な顔をしてわたしから遠ざかる。
それでもピストルを持って追いかけると、アマティは自分のハウスに入ってわたしを軽蔑した目つきで見つめるではないか!
どうやらアマティは生まれつき銃は怖いもの・危険なものと染みついているのではないだろうか?…

| | | コメント (0)

厳冬用ウインドウオッシャー

0121_092856_hdr_2

20160130_141604_2

今年こそ40年来の夢「蔵王の樹氷の間をスキーで滑ってみたい」を叶えるチャンスだった。
雪道走行に備えてウインドウオッシャー液を満タンにして準備を整えていたらウオッシャー液には[凍結温度]指定があって調べてみたら-3℃とある。
これでは役に立たないということで、[原液凍結温度 -30℃]のウオッシャー液と、すでに入れてしまった-3℃液を汲み出す手動ポンプを買ってきたのだが・・・・・・
準備万端整えて、樹氷便りを待っているのだが、なかなか例年のような迫力あるスノーモンスターができないでいるらしい。雪は降っても気温が例年よりも高いというのだ。
シーズン的には今が一番美しいときであるが、ことしはあきらめた方がいいかな!

| | | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

ヴィオリスト:川口彩子

Photo

昨年12月に伊豆高原のButter Noteで、ヴィオラの先輩と偶然お話しをする機会を得た。
わたし自身70才を超えてなんとかムチ打ちながらチェロを弾いている話をした。
この先輩はわたしより学年も年も上なのだが(この大学は実年齢と学年に整合性はあまりない)とてもお元気で、現役でソリストの活動をしているという。
「帰ったら最近のCDを送るから」と励まされて別れたのだが、本日約束のCDが届いた。
バッハの「ヴィオラダガンバ・ソナタ」は大好きな曲で、わたしもよく弾いたものだったが、ヴィオラで聞くのは初めて。
演奏はすばらしく、バッハは本当はヴィオラのためにこの曲を書いたのではないかと思うほどだ!

Vaiii_2

2枚の[Cantare!]はオペラの有名なアリアを主とした小品集で、ヴィオラが見事に歌い上げている。ヴィオラの音色がとてもリラックスさせてくれる名盤である。
やるなぁ、先輩!

| | | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

2回目の大北海道展

20160208_120402

20160208_120955_2

北海道展初日にいろいろ買い込んだのだが、あまりにもおいしくて5日目にして食い尽くしてしまい、再びアンコール買い出しに出かけてきた。
まずはこの大きな昆布に覆われたキムチ白菜。海産物もふんだんに入っていてやや甘口だがたいへんおいしい! これは今回の大発見だ!
うずらの玉子煮は恒例だが、この味がちょうどいい加減でおいしい!

| | | コメント (0)

遠近両用眼鏡

_5442_2

_5445_2

検眼をすると両眼とも1.2だから日常生活はほとんど眼鏡を必要としない。
もちろん老眼だが、スマホはなんとか老眼鏡ナシでも読むことはできる。
ただ、PCや本を読むときは老眼鏡は必需品だし、楽譜用の眼鏡を必需品だ。
最近は遠視も入り、更には乱視がひどくなり、クルマの運転も眼鏡が必要となってきている。
いままで、2回、遠近両用があれば便利だろうな、と思って作っては見たものの、どうしても慣れることができず使われずにどこかに紛れ込んでしまっているのだが、いよいよいかんともしがたくなり、あたらしい3つ目の遠近両用を作ってみた。
このメガネ、とてもデザインが気に入ったので、こんどこそ日常眼鏡として役立ってくれるのではないかと期待している。

| | | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

バックアップ用ハードディスク

Tb_5433_2

ボクはバックアップ・オタクとでも言うんでしょうね!
どうしても機械が信じられないのです。だからPCのデータも2重にも3重にもバックアップを取っています。(もっともこんな性格になったのもデータが消えてずいぶん泣かされたからなぁ)
写真は2TBの外付けハードディスクが4台並んでいるところです。
きょう、この4台目をマークイズのNojima に買いに行ってきました。
25年間のデータがこれらの中に2重(大事なものは3重)にバックアップされています。

| | | コメント (0)

久々の谷津山

一時はあれだけ毎日谷津山に登っていたのに、最近は朝が起きれなくて全く行っていませんでした。今日はコースを替えて2回も登ります。

_5309_2

_5343_2

_5345_2

_5365_2

_5390_2

_5392_2

静岡の方言で「走る」ことを「飛ぶ」と言います。写真はまさしく飛んでますよね!

| | | コメント (0)

谷津山2回登り

20160206_140719_2

きょうは東静岡のショッピングセンター“マークイズ”に行く用事がありました。
わたしの家から行くにはなんとも行きにくいところなので、いっそのこと歩いて行くことになりました。
そのためにはまん中にある谷津山を横断しなければなりません。当然帰りも山登りです。
谷津山に行くんだったらアマティを連れて行かないわけにはいかない!
そんなわけで大ごとになってしまいました。
マークイズにはアマティは連れて行けないので、カアサンの実家に預けての買い物です。

谷津山は108mほどの山と言えるほどのものではないのですが、往復登ると結構疲れました。

| | | コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

竹の子のサシミと山菜の天ぷら

20160205_121455_2

20160205_122257_2

お昼は[そば半]に行ってきました。この岡部産の竹の子の刺身を喰いたかったのです。梅肉を付けて頂きます。
山菜の天ぷらは、フキノトウ、タラの芽、コゴミ、目キャベツです。
おばあちゃんがよく言ってました。「初ものを食べると長生きする」って。
もちろん十割の盛り蕎麦付きです。

| | | コメント (0)

レースの白菜

20160205_113017

20160205_113210_2

ジャガイモの植え床を作ろうと思って畑に行ったが1週間前の雨でまだ土が濡れていて断念。いつ乾くんだ!
白菜を(岐阜の「とこわか」で苗を頂いた)収穫したが、葉はレースのカーテンのように穴だらけ!よく見るとナメクジの幼虫がいっぱいいて、みずみずしい白菜をおいしそうに食っている。
キャベツやタマネギのように剥いて剥いて半分くらいの大きさになったらやっと白菜の葉になった。

| | | コメント (0)

2016年2月 4日 (木)

アマティのストレス

_5202_2

立春の今日、アマティをクルマに残留させて花の写真を撮っていたのでアマティのストレスは最高潮。
やっと外に出してやったら木の枝に八つ当たりしながら暴れ狂っていた!

Img_5156_2

Img_5219_4

| | | コメント (0)

静岡県の三角草

Img_7825_2

Img_7830_2

静岡県で唯一(?)自生する雪割草(ミスミソウ)、日本で1番早咲きの(?)雪割草(ミスミソウ)です。(おそらくそうです)

Img_7816_2

Img_7810_2

Img_7835

Img_7848_2

静岡県の三角草は基本的には花弁(実際には萼)は白ですが、ごくたまに薄いピンクや、シベがピンクの個体があります。
しかし、北陸では赤、ピンク、紫、青と色とりどりのオオミスミソウが咲き乱れます。

| | | コメント (2)

太陽をいっぱい浴びた福寿草(山梨県早川町)

Img_5133_2

太陽をいっぱい浴びるとこんな色になるんですね!

Img_5125_2

Img_5107_2

Img_5134_4

Img_5119_2

立春の今日、「少し早いかな」と思いながらも出かけて見たら、雪解けの跡に花を咲かせていました。
いつもなら節分草と福寿草のツーショットを狙うのですが、残念ながら撮れませんでした。

| | | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

大北海道展

松坂屋(静岡店)の大北海道展初日、買い出しに行ってきました。

20160203_114919_2

20160203_115817_2

恒例のクリームチーズ。これはどうしても欲しい逸品です。
右は本シシャモです。わたしは♂を(右の汚いの)、カアサンは♀が好みです。

20160203_115420_2

20160203_115227_2

このシューマイも大好物です。カニとイカとモロコシを買いました。
モロコシシューマイが1番おいしいかもしれない!
このウズラの煮たまごも好物です。

20160203_123023_2

20160203_123027_2

切り干し松前漬けと数の子松前漬けを買ってmixして食べるのが好みです。
野菜の漬け物(オホーツク漬け)やキムチ漬け、とくにオホーツク漬けキムチ版は初めて買ったのですがたいへんうまい!

20160203_115955_2

20160203_122410_hdr_2

秋鮭の1夜干しは初めてですが、試食がおいしかったので買ってみました。
羅臼昆布は出汁用です。
スイーツは買わなかったけれど、すごい量の買い物でした。

| | | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

春はそこまで

Img_4299_2

小屋の近所に咲いていた[コセリバオーレン]です。
1cmにも満たないような小さな花なので、コンデジで撮るのはあまりに難しいがとてもかわいい野草です。まさに「春の妖精」ですな!

Img_5080_2

20160202_085515_4

セツブンソウも小屋のすぐ側で咲いています。
何度見てもいい花ですよね!
今シーズンの咲きだしは早かったようで12月だったという。
節分の今日はもう峠を越していました。
これからは宇蓮川沿いに北上していきます。

| | | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

雪を求めて茶臼山へ

2img_4350_2

Img_4351_2

Img_4352_2

Img_4356_2

今年は降雪量が少なく雪遊びも満足にできないが、どんな様子か調べに茶臼山にやってきた。
ゲレンデは[全面滑走可]となっているが、あちこちにブッシュが出ているので、スキー板を持ってこなくて正解だったが、茶臼山の雪はほとんど溶けて地肌が丸見えの状態。
それでも、吹きだまりの雪を見つけてアマティは大喜び。
上の4枚の写真はその喜びを表現した連続動作。

Img_4613_2

Img_4669_2

Img_4644_2

Img_4632_2

それでも、奥に進むと吹きだまりや霧氷が現れる。

20160201_1229151_2

20160201_1229153_2

20160201_1229422_2

20160201_1229425_2

なんとか最低限の雪遊びはできたが、もっといっぱい積もって欲しいよな!

| | | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »